中古品
¥ 661
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 多少スレはございますが、概ね状態良好です。丁寧に発送させて頂きます。よろしくお願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
9点すべてのイメージを見る

model cars (モデルカーズ) 2017年 1月号 Vol.248 雑誌 – 2016/11/26


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌, 2016/11/26
"もう一度試してください。"
¥ 661
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【ご注意ください】雑誌はお客様都合による返品は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。ヘルプページへ


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

特集:あの頃のホンダを忘れない

“トールボーイ"から“ロー&ワイド"へ。1980年代のホンダを表現するなら、
こんな言葉になるだろう。1981年デビューのシティに始まる背高のっぽなスタイルは、
他社も追随するほどに鮮烈なものであったが、'80年代後半には、2代目シティや軽自動車トゥデイ、
そしてスペシャリティカーのプレリュードなどが、強烈な車高の低さやワイド感を全面に押し出すようになる。
その変わり身を「定見の無さ」と評する向きもあったが、今にして思い返せば、
それぞれの方向性においての完成度の高さとして理解されてくるのである。
つまり、キープコンセプトではそれ以上の進化・深化が望めないほど、ホンダのクルマ造りは“極め"られていたのではないだろうか。
多くの人の印象に、この頃のシビックやアコード、プレリュードが、その黄金時代として記憶されていることからも、
それは窺い知れるのである。今回はそんな佳き時代のホンダ車を特集してみた。

その他のコンテンツ
・2016-2017 最新ミニカーレビュー
・注目のプラモデル「今月の一台」SPECIAL BEEMAX 240RS
・横浜 ホビーフォーラム 2016 詳報
ほか

この雑誌について

クルマ模型誌


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: ネコ・パブリッシング; 月刊版 (2016/11/26)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B000KGGD9Q
  • 発売日: 2016/11/26
  • 梱包サイズ: 29.6 x 23.2 x 1.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう