通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
model cars (モデルカーズ) 2016年... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 少そり、小ゆがみがあります。その他おおむね良好です★記載していない付属品・特典などは全てありません。★ご注文日より1~2日後に出荷。発送は基本的にポスト投函となります。サイズオーバーなどは宅急便等になります。併用販売につき、品切れの場合は全額ご返金いたします。こちらの商品は中古品の為、多少の使用感、日焼け等はご容赦願います。クリーニング済みの、外観上きれいなものを販売しております。品質には十分注意していますが、万一不良があった場合、交換又は返金にて対応致します。お客様ご都合の返品の場合は送料、手数料を差し引いた金額のご返金となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
10点すべてのイメージを見る

model cars (モデルカーズ) 2016年6月号 Vol.241 雑誌 – 2016/4/26

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌, 2016/4/26
"もう一度試してください。"
¥ 1,500
¥ 1,500 ¥ 320
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • model cars (モデルカーズ) 2016年6月号 Vol.241
  • +
  • モデルグラフィックス 2016年 06 月号 [雑誌]
総額: ¥2,302
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

特集:シルビア一族回顧録

オープン・スポーツの名車ダットサン・フェアレディ1600のシャシーに、
美しいクーペ・ボディを載せて1965年にデビューしたのが
、 日産シルビアである。「シルビア」とは、ギリシャ神話に登場する
乙女の名前「シルヴィア」---狩猟と貞節の女神ディアナに仕えるニンフ(精霊)---
に由来する。フェアレディ(美しい淑女)という抽象的なネーミングから
一歩進んで具体的な女性の名を得た訳だが、その生涯は波乱と苦悩に満ちたものであった。
7年のブランクを経ての復活、モデルチェンジごとの美醜の入れ替わり、
晩年はドリフトマシーンの代名詞となって、そしてついに、車種ごと消滅という最期を迎えたのである。
しかしかつて、シルビア家の一族は繁栄を極めた。
ガゼールや180ZX、そしてシルエイティやワンビアといった姉妹やその子孫を、
模型で振り返ってみよう。

その他のコンテンツ
・今、もう一度アンチモニー
・今月の1台「ビーマックス/アオシマ1/24 TA64 セリカ」
・ハセガワのNッコロで遊ぶ(前編)
・アメリカン・モデル・カーズ 番外編
ほか

この雑誌について

クルマ模型誌


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: ネコ・パブリッシング; 月刊版 (2016/4/26)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01CY7JQLA
  • 発売日: 2016/4/26
  • 商品パッケージの寸法: 30 x 23 x 0.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

書店にて購入しましたが、自分はミニカーよりプラモデルの方を好むので満足しました。
毎回毎回このレビューを使ってでたらめなことを書くやからもいますが、私はこの本を気に入っています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
1965年に日産が当時のオープン・スポーツカーであるダットサン・フェアレディ1600(SP311)のシャシーに
流麗なデザインのクーペボディと豪華な革張りシート/内装を組み合わせた高級GTカーとして初代シルビアはデビュー。
しかし殆どハンドメイド作業に近い形態でボディ製造が行われ、フェアレディの倍以上のコストがかかったために
車両価格も高価な上に販売台数が少なく、1968年に初代シルビアは僅か554台で生産中止された。
それから7年のブランクを経て1975年に2代目が「復活」するものの、成り立ちは初代とは全く異なり、
当時の大衆車である210サニーのシャシーをベースに「理解不能」なデザインの2ドアクーペボディを被せた
「安直」なクルマになってしまった。
当初はモーターショーで公開された日産製ロータリーエンジンの搭載が予定されていたが、諸事情により中止。
急遽「代役」として排ガス対策を施したバイオレットのエンジンを載せたため「非力なクーペ」で評判は良くなかった。
そして「起死回生」を狙って1979年にデビューした3代目は日産モーター系販売店向け兄弟車「ガゼール」を伴ってデビュー。
A10バイオレットのシャシーにアメリカ市場を意識した直線的なスタイリッシュなデザインと廉価な価格設定と相俟
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
なんだ、やっぱり、ミニカーバカにしてるんじゃん、新編集長は、
83ページで、
『たとえミニカーであっても、やはりものに敬意を払わなくては』
だって、
34ページのTLVのシルビアのところも、ひどいよ、
『そのプライスにも納得』
って、定価6300円(税別)ですよ、本気?
私はTLVを買ってるけど、正直、これは高いなって思ってるよ。
64で、6300円とるなら、ワイパーは、別パーツにしないと......
京商のビーズや、ミニチャンプス64に、ワイパーが別パーツのが、存在することを知らないんじゃない。
64ページの記事にいたっては、事実に即してないもん。
8車種中6車種は、前回のカラーヴァリエーションだけど、
(本文中では、キャリーオーバーって表現してるけど、これも適当ではないと思う)
『各車3色中1色が今回からの新色だ』
って、どこをどう見たら、そうなるの?
ホント、バカにしてるよね。
ミニカーなんて、どうでもいいや的なやっつけ仕事をしてるようにしか思えない。
大体、この編集長、言葉の使い方変だよ。
『ディテーリング』っていう表記を、乱用してるけど、そんな言葉はありません。
前にも、『バキュームフ
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック