通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
model cars (モデルカーズ) 2016年... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★保証付★カバー又は表紙に若干のスレ,,等,ありますが、中は使用感少なく、良い状態です。丁寧に梱包し迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
9点すべてのイメージを見る

model cars (モデルカーズ) 2016年 12月号 Vol.247 雑誌 – 2016/10/26

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌, 2016/10/26
"もう一度試してください。"
¥ 1,500
¥ 1,500 ¥ 1,050
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • model cars (モデルカーズ) 2016年 12月号 Vol.247
  • +
  • model cars (モデルカーズ) 2017年 1月号 Vol.248
総額: ¥3,000
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ひと足お先に祝・生誕50周年
日本の宝! トヨタ200GTを眺める、集める、作る

国産車のヴィンテージイヤーといえば、1989年というのが定説となりつつある。
R32スカイラインGT-R、ユーノス・ロードスター、初代セルシオなど、
この年に生まれたクルマは確かに名車揃いであった。
しかし、その20年以上前にも、ヴィンテージイヤーと呼べそうな年があったのをご存じだろうか。
高度経済成長まっただ中の1967年がそれである。この年に誕生した国産車には次のようなものがあった。
ホンダN360、510ブルーバード、コスモスポーツ……こんな綺羅星のような名車たちの中で
さらに段違いの輝きを放つビッグネームがある。それこそが、トヨタ2000GTだ。
日本車初の本格的GT/スポーツカーとして、世界的にも尊敬の眼差しを集めているこの名車は、
来年2017年で誕生50周年を迎える。そこで今回は、ハセガワのトヨタ2000GTを使って、その様々な姿を楽しんでみた。

その他のコンテンツ
・第56回 全日本模型ホビーショー
・究極のミニチュアカウンタック
・アメリカン・モデル・カーズ 番外編
ほか

この雑誌について

クルマ模型誌


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: ネコ・パブリッシング; 月刊版 (2016/10/26)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01LDFK7TO
  • 発売日: 2016/10/26
  • 商品パッケージの寸法: 29.9 x 23.1 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
来年誕生50年を迎えるトヨタ2000GTを「ひと足お先に 祝・生誕50周年 日本の宝!」として、特集しています。
私も、とにかく子供の頃からの「トヨタ2000GT」ファンで、このような企画には、どうしても飛びついてしまいます。
中でも特に注目したのは、1965年に父に連れて行ってもらった、晴海で開催されていた第12回モーターショウで、
当時は「参考出品」として初めて発表されたプロトタイプを作る(改造する)、という企画で、なかなかめざす1/18や1/24が
発売されないこのバージョンに、今後できればこれを参考に、私も是非挑戦してみたいところです。
当時の写真と比較すると、実物は各部が更に直線的ではありますが、雰囲気は楽しめると思います。
他に、スピード・トライアルカーバージョン、ゴールドカラーバージョン、輸出仕様の実質2300GTバージョン、
海外レース仕様、コンバーティブル、と計6種の製作例が掲載され、これらのベースとなるプラスティックモデルは全て
(ベストキットと謂われているようですが、)ハセガワのヒストリックカーシリーズ1/24トヨタ2000GTが採用されています。
私も、相当以前このハセガワのモデルを作った経験があり、今も保管していますが、確かに満足できるものでした。
他にも、関連の記事もあり、来年は改めて「トヨタ2000GT」に対する注目度がアップするかも知れません。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック