miss M がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,618
1pt
通常配送無料 詳細
発売元: 玉光堂
カートに入れる
¥ 2,671
通常配送無料 詳細
発売元: SHOP HAREHOSHI
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

miss M

5つ星のうち 4.6 21件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,916
価格: ¥ 2,621 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 295 (10%)
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:12¥ 2,319より 中古品の出品:3¥ 2,267より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の 中島みゆき ストア

ミュージック

中島みゆきのアルバムの画像
中島みゆきのAmazonアーティストストア
178 点のアルバム、その他の情報をチェック。

キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • miss M
  • +
  • 36.5℃
  • +
  • はじめまして
総額: ¥7,900
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2001/4/18)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ヤマハミュージックコミュニケーションズ
  • 収録時間: 45 分
  • ASIN: B00005HWRH
  • JAN: 4542519000455
  • 他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 48,894位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. 極楽通りへいらっしゃい
  2. あしたバーボンハウスで
  3. 熱病
  4. それ以上言わないで
  5. 孤独の肖像
  6. 月の赤ん坊
  7. 忘れてはいけない
  8. ショウ・タイム
  9. ノスタルジア
  10. 肩に降る雨

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

85年11月7日発売のアルバムを再発。当時の最新コンピュータ・テクノロジーを大胆に採り入れた意欲作で、「あしたバーボンハウスで」「ノスタルジア」「肩に降る雨」ほかを収録。


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
オリジナルアルバムで、唯一、CDでもレコードでも持っていないアルバムだったので、購入。アルバム自体は、昔、カセットに録音して聞いていたので、懐かしいものでした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
以前から気になっていた作品なので、手に入って満足。みゆきさんの異色的なアルバムですが、決して駄作ではないし、こんな時代もあったんだな…と、自身の若かりし頃も思い出して聴いています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
寒水魚などに比べると、少し路線が違うかなーと思う一枚。
でも、私個人では最後の「肩に降る雨」が最高です。
みゆきさんの歌の中で一番助けられた歌です。
世の中がいやになって、何よりも自分自身がいやになって、いつも酔いながら田舎町の最終電車が走った後の
私鉄線路の上を歩き、この歌を歌っていました。
時にはつぶやきながら、時には叫びながら。この歌があったから私は死なずにすみました。
ただの名曲というものではありません。何者にも代え難い宝物です。
1 コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
それまでの彼女のアルバムからするとかなり電気的な音が増え、
ロック色も濃くなっている。これは、先立つ「予感」「はじめまして」の
2つのアルバムからの流れで出てきたものだが、
その中でももっとも完成度が高いものになったと言える。

第1曲目、癒し系の歌詞が光る「極楽通りへようこそ」は曲調も暗く、
幽霊が出てきそうな雰囲気の歌。夜の町の感じがよく出ている。
切れ目なく続く2曲目「あしたバーボンハウスで」も暗い曲であるが、
打ち込みのドラムやベースのリズムに動きがあり、1曲目と対比をなす。
寂しい気持ちを醸し出す歌である。

「熱病」は、ピリリと辛口の社会批判的な歌詞と
タイトで刺激的なサウンドの名曲。
短い中にうまく曲がまとめられている。コーラスも力強い。
続く「それ以上言わないで」は、
夏の午後のけだるい感じのサウンドの中にしっとりした物語を聞かせる曲。
のんびりとした中にも鋭角な歌詞が印象的。
「孤独の肖像」は、シングルバージョンよりドライなサウンドに仕上がっている。
名作中の名作。
歌詞内容は決して吹っ切れてないくせに、
吹っ切れて元気さを気取る「ノスタルジア」も名曲。
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
中島みゆきがロック(洋楽)を意識していた時期にできたアルバムです。本人によれば「中島みゆき御乱心時代」だったそうですが、個人的には全アルバムの中でもベスト3位には入る程大好きです。

御乱心時代ということもあり、以前のフォークロック的なアレンジや90年代以降の瀬尾アレンジとは違い、主に打ち込みが多用されています。また、後藤次利が参加していることもあり、ベースがゴリゴリ鳴っていてかっこいいです。80年代のアレンジなので多少の古臭さは感じるものの、やっぱりかっこいいものはかっこいいです。
「あしたバーボンハウスで」や「熱病」、「ショウ・タイム」、「忘れてはいけない」は、特にその傾向の強い曲です。痛烈な歌詞とアレンジで、病み付きになります。

「それ以上言わないで」は、逆にシンプルでアコースティックなアレンジで曲を引き立てています。「せめて私にいのちを〜ほしい〜」のところは少しぞっとします…

「月の赤ん坊」は、異様な雰囲気を出してます。ふわふわとしたアレンジが最高です。

そしてこのアルバムが大好きな理由は、ラストの「肩に降る雨」です。超超超名曲だと思います。歌詞、曲、アレンジ、全部最高です。もし失恋するか、あるいはもっと辛いことがあって死にたくなるようなときにこれを聴いたら爆泣きするでしょう。決
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ポニーキャニオン時代に出したときよりもかなり音が良くなっています。

再発したのに音の改善を行わなかったヤマハさんですが、このCDは別。なぜでしょうか…

ポニーキャニオン盤持っている方でこのアルバム好きな方は買い直しの価値があると思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 ご乱心時代のアルバムで、統一的テーマをみいだしがたいアルバムです。臨月は「友情」がありましたが、このアルバムにそんな曲ありますか。私は「ノスタルジア」がお勧めですが、「友情」みたいにアルバムをひっぱていく力には欠けます。つまりこのアルバムはバラバラで普遍性に縁遠いアルバムです。「肩に降る雨」、「それ以上言わないで」くらいかな。安心して聴けるのは。みゆき革命で新しいものに脱皮しようという意図は伝わってきますが、道半ばかなと言う気はします。この次が「36.5℃」でロック調ですが、真だ萌芽はみえるものの、本アルバムに関しては不徹底であり残念な出来栄えとなっています。
 これもさきの「臨月」同様、通しで全部聴こうという気にはなれません。
 まあ、道半ばの名曲集と言うことで星は5つにしました。このアルバム、セールス、あまりよかったようには聞きませんが。知っている方がいれば教えてください。それではまた。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す