中古品の出品:1¥ 11,000より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

UN loved [VHS]

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:1¥ 11,000より

キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 森口瑤子, 仲村トオル, 松岡俊介
  • 監督: 万田邦敏
  • 形式: Color, Widescreen
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • テープ数:: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • VHS発売日: 2003/05/23
  • 時間: 117 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00008Z6KL
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

レビュー

プロデューサー: 仙頭武則 協力プロデューサー: 片桐大輔/久保聡 監督・脚本: 万田邦敏 脚本: 万田珠美 撮影: 芦澤朋子 照明: 金沢正夫 録音: 細井正次 美術: 郡司英雄 編集: 掛須秀一 音楽: 川井憲次 出演: 森口瑤子/仲村トオル/松岡俊介
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

公務員として平凡な暮らしを送る30代前半の女性。彼女がふたりの対照的な男性に好意を寄せられ、戸惑う姿を描いたラブストーリー。主演は『QUIZ』の森口瑤子。
-- 内容(「VIDEO INSIDER JAPAN」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2003/7/7
映画館で観ました。確かあまり人はいなかったように思います。しかし、この映画は凄い。何が凄い?それは口に出してはいえない凄さなのです。あえて言うのなら“間”でしょうか、全てが素晴らしいタイミングで描かれていると思います。しかしずいぶん前に見た記憶なので、美化されている部分もあるかと思います。ですから、皆さんの意見も聞きたく、書いてみました。DVD早く欲しい!!!!
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
シネフィルを自認するほど映画を見ているわけでもないので完全なオレ基準だが、
近年の邦画では周防正行監督の『shall we ダンス?』、細田守監督の『時をかける少女』、
そして万田邦敏監督の本作を、“高度に計算されたフレームを持つ映画”として褒め称えたい。

これらの作品は必要以上に細かいカット割りや(今日的な)移動ショットとは無縁であり、
フィックスの画(固定カメラ)が多い。画的な変化の少ないフィックスは、見る側に考える
時間を与えることになり、そのことから気付かされたのが高度に計算されたフレームだ。

映画のフレーム(枠)によって切り取られた画面には、構図、アングル、動き、被写体のサイズや
その配置、また被写体の移動方向等々によって観客に与える印象をコントロールする手法が
知られている (これらの手法は映画技術や演出に関する本を読めば色々知ることができよう)。
その手法の的確さがこれほどまでに感じられる作品はめったにお目にかかれないと思う。
‘01年カンヌ国際映画祭 エキュメニック新人監督賞、レイルドール賞受賞作
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この映画は監督の演出の妙が光っているし評価できると思う。また台詞が重厚な重苦しいドラマ仕立てなので、スピードが要求されている現代の映画手法から考えると・・・正直評価は「?」になってしまう。ただ、心情を吐露する台詞が凄く「重い」ので、じっくり映画を観たい人にはお勧めである。そして映像美も及第点だ!しかし、わたしの評価が低いのは、脚本・演出が台詞を偏重するあまり、画に動きが極端に少なくなってしまったことに対する抵抗感だ(その反面として性描写が妙に動きがあって生々しくはなった)その点をどう評価するかだが・・・わたしはラストシーンの重苦しさも加味して星3つ・・・ちょっと厳しいかな?って、ところだ!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告