liminal(初回限定盤)(DVD付) がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 MEDIA-OUTRET
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【在庫残り1点限り】 ケースは新品の物に交換しております。 CD盤面に傷・汚れはございません。 テスト再生済みで音源に問題はございませんでした。 歌詞カードに傷汚れはございません。 クリスタルパックに梱包して発送いたします。 Amazon配送商品のため通常配送料は無料です。 代金引換がご利用いただけます。 万が一、説明と相違した商品が届いた場合は早急に対応致します。 また安心&高品質のAmazon配送商品となっておりますのでご安心してお買い求めください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

liminal(初回限定盤)(DVD付) CD+DVD, Limited Edition

5つ星のうち 4.1 19件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 5,980 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、【2000円以上で全国通常配送無料】★am store★が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の 砂原良徳 ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • liminal(初回限定盤)(DVD付)
  • +
  • LOVEBEAT
  • +
  • TAKE OFF AND LANDING
総額: ¥11,646
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2011/4/6)
  • ディスク枚数: 2
  • フォーマット: CD+DVD, Limited Edition
  • レーベル: KRE
  • 収録時間: 39 分
  • ASIN: B004KBHCFQ
  • EAN: 4562292972947
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 134,362位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

傑作『LOVEBEAT』以来、10年ぶりのオリジナルアルバム遂に投下!!

その優美なフォルムで世界的な評価を獲得した『LOVEBEAT』(2001年)以来となる、5thオリジナルソロ・アルバム。2009年7月にリリースされ話題を呼んだ先行シングル『subliminal』(※4曲入り)に続き、いよいよリリースとなります。“目に見えないものを音にする”試みを続けたマエストロがたどり着いた、至高の音世界。そして問題提起。初回盤のみ付属のDVDには、近作のハイクオリティなMusic Video2本のほか、自身初となるLive映像を収録。2009年のLIQUIDROOMにて、名曲「LOVEBEAT」がロングヴァージョンのライブアレンジで、映像と完全にシンクロして奏でられる模様は必見です。しかも多数のカメラ映像を砂原自身がセレクト・編集した決定版。

【初回生産限定盤】DVD付

※初回限定版をご希望の場合、単品でのご注文をお願いします。他の商品とあわせてご注文されますと、それらの商品の発送可能時期によりましては、初回特典付をお取り置きできない場合がございますので、ご了承ください。
※在庫がなくなり次第終了となります。


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
まりんはこれが初めて。
エレクトロニカのアルバムとして並々ならぬセンスの良さが光っている。
アーティストらしく研究熱心で完璧主義なのだろうなと思った。
そのあたりの気合の入り具合が非常に爽快かつ気持ちいい。

これ以上音を引くと「またか」と言われそうだが、
寸前の「そう、まさにここなんだよね」という場所で音色が紡ぎだされており、非常に聞かせてくれてます。
おそらく砂原さん自身が越えられないものを作ってしまったようにも思えるので★5以上。

究極作、もしくは秀作。
次回作があるならぜひ聞きたいです、とんでもないところから音持ってきて欲しいw
期待して待ってます。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
またいつもながら、まりんのCD購入。
期待を裏切らない、鋭く激しく響き渡るサウンドを聴かせてくれます。
でも、LOVEBEATでも思ったのだが、
一音一音鋭過ぎるくらいなので、その音が消えた一瞬の無音状態が効果的に綺麗に感じる(?)
時があります。
まぁまりんファンの方だったら、この表現分かってもらえると思いますが^^;

しばらくは、オーディオの音質チェックの基準として使うと思います。
そのくらい音が良いです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 まりん史上最も不穏かつ激しい攻撃性を携えたアルバム。「フロア仕様になった」の一言では到底収めることができない内容。確かにフィジカルに響くし踊れることは踊れるのだが、俗に言うダンスミュージックとは違う気が・・・。表現技法は違えど、raster-norton周辺の音にシンクロしてきた感じすらある。

 今までのまりんの作品は、聴いてて落ち着く・安心するダンス・ミュージックというのが私的な位置づけだったのだけど、前述の通り、最新作はそれを180度覆す勢いを持ったアルバムだった。前作『LOVEBEAT』から10年。思想の変化、時代性、という背景も入り込んでくるとは思うが、それでもまさかまりんのアルバムを聴いて全く落ち着かない日がくるとは思ってなかった・・・。困惑している。

 もしかしたら自分みたいに戸惑うまりんファンがいるかもしれない。だからといって全然悪いというわけではなく、むしろ滅茶苦茶カッコイイ。今どんな音楽がカッコイイ?って質問されたら、迷わずこれをオススメします。必聴。

 あと、当然かの如く、音も無茶苦茶良いです。
 

 

 
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
まさにこういうアルバムを聴きたかった、と思いました。TECHNO DUBとでもいうかのようなアルバム。アルバムジャケットも楽曲にマッチしていて素晴らしい。DVDはさらに、このアルバムの見え方をはっきりさせてくれます。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
まさしくハードアンビエントミュージックと言いたくなる作品。
ソフトシンセを多用したエッジの効いた、最新の砂原サウンド。
めくるめく音のランドスケープ。ポップサウンドのアレンジャーは星の数ほどいるが、
シンセ、打ち込みサウンドを職人気質で彫刻のように仕上げる彼の手腕は他に類を見ない。
日本は工業製品を中心に輸出国であるがこの作品は、日本の職人気質が如実に反映されたような
音楽として、確固たる品質を備わっている。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Daizu 投稿日 2011/7/30
形式: CD
正直Lovebeatにはコマーシャル的なものを感じていたんですが、これは彼がまさに作りたかったものを作ったというような感じがして大好きです。正直この作品に低評価しているみなさんが理解出来ないというかLovebeatと比べ過ぎでしょう。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hyogemono 投稿日 2011/4/9
形式: CD
結論から言うと、LOVEBEATを基礎に置き、発展させた作品。
BGM的な聞き方が多いであろうLOVEBEATを土台に、
かなり「固め」の音(インダストリアル的な音)が入ることによって、
硬質な音がありながらぼんやりと漂うような感覚を覚える。

実際勉強しながら聞いていても思わず聞き入ってしまう。
印象的なフレーズも、ハッとさせるような音もあきらかさまなものは少ないが、
前作が前作なだけにかなり鋭く、無機質な印象を受ける。

耳に刺さる音もなく、ダンサンブルでもなく、かつアンビエント的ではない(聞かせる力がある)という内容のLOVEBEATとは似て非なる物。
恐ろしく攻撃的でありながら次の作品の手掛かりを探しているように思えないのは圧倒的な完成度のせいか。

ただ、新しい感覚を味わうことができるのは確か。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す


フィードバック