Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 702

¥ 76の割引 (10%)

ポイント : 70pt (9%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[野崎まど]のknow
Kindle App Ad

know Kindle版

5つ星のうち 4.1 46件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 702
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 778 ¥ 197

【50%ポイント還元】GW文春祭り
現在、GW期間限定で「GW文春祭り」を実施中。3,300タイトルが対象の大幅セール。この機会にお得な情報をチェック! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

超情報化対策として、人造の脳葉〈電子葉〉の移植が義務化された2081年の日本・京都。
情報庁で働く官僚の御野・連レルは、
情報素子のコードのなかに恩師であり現在は行方不明の研究者、
道終・常イチが残した暗号を発見する。
その“啓示"に誘われた先で待っていたのは、ひとりの少女だった。
道終の真意もわからぬまま、御野は「すべてを知る」ため彼女と行動をともにする。
それは、世界が変わる4日間の始まりだった――

内容(「BOOK」データベースより)

超情報化対策として、人造の脳葉“電子葉”の移植が義務化された2081年の日本・京都。情報庁で働く官僚の御野・連レルは、情報素子のコードのなかに恩師であり現在は行方不明の研究者、道終・常イチが残した暗号を発見する。その“啓示”に誘われた先で待っていたのは、ひとりの少女だった。道終の真意もわからぬまま、御野は「すべてを知る」ため彼女と行動をともにする。それは、世界が変わる4日間の始まりだった―

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1117 KB
  • 紙の本の長さ: 209 ページ
  • 出版社: 早川書房 (2013/7/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00FJ1DWH8
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 46件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 4,758位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Woody Y 投稿日 2014/1/11
形式: 文庫 Amazonで購入
私は、ウエアラブル×ビッグデータ×人工知能を掛け合わせた時代の情報テクノロジーの研究をしている。佐々木俊尚さんの『ウエアラブルは何を変えるか』にこの本のことが紹介されていて、読んでみた。まさに、ウエアラブル×ビッグデータ×人工知能が、世の中に浸透した世界を描いている。正直言って、作者の創造力の高さに舌を巻いた。よくわかっている。アシモフが『ファウンデーション』で、未来を描いたように、多くの人には見えていない世界が描けていると思う。お勧めです。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 リオ トップ1000レビュアー 投稿日 2014/1/9
形式: Kindle版
21世紀後半、人間の脳がある手段により拡張された世界の物語です。

拡張された脳が、人類にもたらす驚天動地の結末が見事です。

舞台は京都です。
修学旅行生があふれている、今と同様な世界ですので、特殊な設定になじむ努力なしで、ストーリーに入っていけます。

現代と同じような世界にすんなり入っていくと、
途中にカラフルな電子戦があったり、
マトリックスのようなアクションシーンがあったり、
政治や企業との駆け引きがあったり、
めまぐるしい展開に引き込まれていって、
衝撃のラストまで連れていかれてしまいます。

攻殻機動隊」では、脳は電子化され
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
デビュー作の「〔映〕アムリタ」から「パーフェクトフレンド」までの自らの作品五作をまさに「踏み台」として
打ち出された大作「2 (メディアワークス文庫)」が「人を超えるモノを産み出すまでの物語」だとしたら
本作は「人を超えるモノが産み出されてからの物語」にあたるかと思われます

ほぼ全ての人工物に情報材が組み込まれた結果あらゆるモノが「情報化」され、全ての人間の脳にそこから発生する膨大な情報を処理するための
「電子葉」が組み込まれている時代。主人公の御野連レルはかつて自分に情報の世界の可能性を語って見せ、その後失踪していた恩師と呼ぶべき
天才研究者・道終常イチと再開する。恩師との再会を喜ぶ間もないまま彼の自殺を目にした連レルに恩師が遺したのは一人の少女知ルだった…

全ての人間が頭の中にコンピューター
...続きを読む ›
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
世界観、設定はとても素晴らしい、読んでてワクワクします。
買って損はしないとは思う・・・けど。

しかし、話の作りやラストにいくつか疑問があります。

・設定や状況的に、情報量・質が優劣を決めるような感じだったのに、
 最終的には脳に設置されたCPUの能力が優劣の全てだった。
 情報量・質の重要さが伝わってこない。量子コンピューターの凄さだけが際立っていた。

・ヒロインの少女と主人公との心のやり取りや一緒にすごす時間が少なすぎで、
 他の説明や人物とのやりとりの量が多すぎる。
 そのためヒロインに思い入れを感じない。

・最後の部分が、ぼかされており、読者が想像するようになっているが、
 一見格好いいエンディングではあるけど、ここはキッチリ書ききって、
 読後スキっとするようにして欲しかった。
 カッコいいかもしれないけど、作家として卑怯な終わり方だと思う。

他にも細かい部分で?があるけど、最近のSF作家のレベルってこんなの?
心の描写や丁寧な情報量は、一部のラノベ作家の方が上って気がする。

以下、作家には無関係の話
どうにも、最近の小説は読んでて圧倒される事が少なく、アレ?って思うことが多い。
どうなってんの?
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover