通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
iOS開発におけるパターンによるオートマティズム がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。tt5640_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

iOS開発におけるパターンによるオートマティズム 単行本 – 2011/2/9

5つ星のうち 3.2 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,940
¥ 2,940 ¥ 10

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • iOS開発におけるパターンによるオートマティズム
  • +
  • 詳解 Objective-C 2.0 第3版
総額: ¥7,044
ポイントの合計: 124pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

高レベルで拡張可能なアプリを半自動的に作る― それが“アプリ開発のオートマティズム”!

本書は、iPhone / iPadアプリ開発についての中級者向けの本です。入門的な事柄を終えた人たちに向けて、より本格的なアプリケーションの作り方を、Mac開発の第一人者 HMDTの木下誠さんが解説します。数々のアプリ開発経験の中で培われたノウハウを凝縮して7カテゴリの“パターン”としてまとめ、それに沿いながらサンプルアプリのRSSリーダを作ることで、効率的な開発のための「型」を読者が体得することを目的にしています。

出版社からのコメント

■各章の概要(リードより)

第1章 パターンとは何か
本書の議論は、パターンと呼ばれるものを中心に展開していく。パターンとは、再利用可能な形の小さなソースコードの集合体だ。それを自在に編集しながら組み合わせることで、オートマティックにアプリを開発していく。
この章ではパターンの基本的な考え方を与え、本書で提案する7種のパターンについて紹介する。

第2章 アプリ設計のパターン
アプリの開発を行う際には、まずはじめに設計と呼ばれるフェーズがある。このアプリで何を行い、それをどのように実現するかを決めるものだ。この設計の良し悪しが、開発行程全体に影響してくる。良い設計を行えば開発はスムーズに行われるし、悪い設計であれば頓挫してしまうこともあるだろう。
この章では、アプリ設計をパターン化することを試みる。これにより、ソースコードの実装まで見通した良い設計を、自動的に行うことができるようになるだろう。

第3章 モデルのパターン
モデルはアプリが作成するデータを管理するためのものだ。アプリの機能の範囲は、モデルによって定義されることになるだろう。また、ビューやコントローラといったレイヤはモデルの上に構築されるので、ソースコード全体の基礎となるものでもある。
この章では、モデルのためのパターンを紹介する。情報の保持、永続化、他レイヤからのアクセス方法などがパターン化されるだろう。また実装のための技術として、Core Dataを使用したパターンも紹介する。

第4章 メモリ管理のパターン
メモリ管理は、すべてのプログラミング環境において最重要の課題と言える。確実な管理、ソースコードの書きやすさ、パフォーマンスの良さなどが求められるだろう。
CocoaおよびObjective-Cでは、参照カウンタをベースとしてメモリ管理機構が提供される。この使用方法をパターン化しよう。このパターンに従えば、メモリ管理の問題は発生しないことになる。

第5章 ビューコントローラのパターン
Cocoa touchでは、ビューコントローラと呼ばれるクラスがコントローラレイヤを担うことになる。実際のCocoa touchプログラミングでは、このクラスの実装が中心となるだろう。
この章では、ビューコントローラが最低限行う仕事を明確にし、それらをパターン化していく。

第6章 テーブルのパターン
テーブルは、iPhoneで最もよく使われるユーザインタフェースだろう。便利で多機能なユーザインタフェースなのだが、それ故に複雑なプログラミングも求められる。だがここまで説明してきたパターンを組み合わせることで、テーブルの実装もオートマティックに行うことができる。これがパターンの強みだ。
この章では、モデルのパターンやビューコントローラのパターンを組み合わせて、テーブルプログラミングをパターン化する手法を紹介する。テーブルへの値の表示、更新、さらに編集までもがパターン化されるだ

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 208ページ
  • 出版社: ビー・エヌ・エヌ新社 (2011/2/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4861007348
  • ISBN-13: 978-4861007347
  • 発売日: 2011/2/9
  • 商品パッケージの寸法: 22.8 x 17 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 283,476位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
パターンによるオートマティズムと聞くとなんだかとても難しいことのように思うが、UIKItを活用するうえで欠かせないコード設計の基本を具体例を使って丁寧に解説した本である。基本パターンに素直に従ってコードを書くことで無駄が無くなり、再利用だけでなく、実装後の仕様改良もやりやすくなるため、基本パターンは是非マスターしておきたい。
本書には著者の木下さんの人柄をあらわした硬派なタイトルがついているが、初級編を卒業した中級者がコードの質を高めていくステップアップにはぴったりの内容だと思う。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 WAKU 投稿日 2011/2/24
形式: 単行本
Objective-C言語を知っていることを前提に話が進むのだが、それを含めて、内容が現場の思考に近いし、選んでいるテーマも汎用性が高いので得る物は結構多い。MVCパターンやSQL、参照カウンタ等について既に知っているWindowsなど他のプラットフォーム出身の開発者もiOS SDKでどう扱うかを把握するのにちょうどいい本だと思う。iOS関連の和書では類書が無いのでなおさらだ。

でも、初心者を始め、他人に薦めるのはちょっと躊躇する。なぜなら時々ガッカリするからだ。まず「結論」を論理展開の後に書いてあるので斜め読みが難しい。プログラミングの本は情報量が多いので最初は鳥瞰しながら少しずつ詳細におりていきたいのだが、結論が後に書かれているせいでメインルートだと思っていた箇所が、最終的に否定される袋小路であることが度々ある。西洋式の結論が先に書かれているスタイルに慣れているとこれは辛い。肝心のパターンの識別に番号を振ってあるだけなのも不親切で鳥瞰を難しくしている。

それとパターンという言葉がかなり広い意味で使われているので、デザインパターンなのか思考パターンなのかスニペットのような記述パターンなのか、パッと見では判断できないのも印象を悪くしている。

また、他の本なら気にもかけないレベルだが、この本はスタンダードな内容を扱って
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 4年以上前に発売された書籍で、blocksの導入やCore Dataのマルチスレッド構成の記述がない等、iOSアプリ開発の観点から見て今となっては古い部分がある。
 
 また、記述にあるネットワーク周りのクラス命名(ServerConnector、RespondParser)がCocoaの慣習(〜Serviceとか〜Requestが正しい?)からずれていたり、ModelManagerみたいにクラス名に「〜Manager」とクラスの責務超過しやすい名前をつけている点はいただけないと思う。

 それを除けば、オブジェクト指向設計関連の本では大抵軽くしか触れられていない、しかし元祖オブジェクト指向言語であるSmalltalkアプリの開発では有名な手法である、既存のアプリのクラス構成やフレームワークを研究しながら素早くクラス、および設計パターンの抽出をおこない、最低限の拡張性を確保しつつオートマティックに設計を進めていく開発手法が述べれられている数少ない書籍である。

 この実践的なアプリ開発手法はAndroidアプリの開発をしている人にも有益な内容だと思う。陳腐化しやすいiPhoneアプリ開発の本にもかかわず、出版から4年近く経った現在でもいろんな人がQiitaやBlog等で今でも頻繁に参考にしている書籍と挙げているのもうなずける。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この本は、書籍の中でも書かれている通り、「土台」を提供している本です。
どんな言語を使うにしても一定のルールや概念など基礎的な部分はかならずあります。
この本はフレームワークを理解する上で大きく手助けになる本だと思います。

時間をかけて数をこなせば、上級エンジニアならおのずと見えてくる事柄かもしれませんが、経験をしなくてもまとめてある書籍を読めばそれだけ効率よく理解することも可能だと思います。 また、C言語などの経験者の人にはフレームワークを理解する上で大変よい本になると思います。

読者層も一定のレベルの層にしぼってあるので、文面にばらつきもなく良い本ではないかと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mbookdiary VINE メンバー 投稿日 2011/2/12
形式: 単行本
テーブルビューにおけるデータ管理がよくわかる本。また、モデルビューコントローラ・アーキテクチャをしっかり意識した開発をする為にも参考になる。

モデルに関してはCoreDataを使う方法と使わない方法が紹介されている。自分としてはCoreDataはちょっと敷居が高かったので今回は使わない方法で実装しようと思っているが、日本語で書かれた本の中ではCoreDataに関してはかなりわかりやすく紹介されているのではないかと思う。

簡単なRSSリーダーを一つ作るという内容になっているが、それを通して学べることが多い。テクニックも随所にあるが、それよりも『iOS開発に関する骨太の考え方』を学ぶことができるのが最大の利点だと思う。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック