中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 《24時間以内に発送致します》漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、細かい傷や焼け、汚れ等がある場合がございますが、問題なく読んで頂けます。すべて、消毒清掃・小口研磨をして発送致します。また、領収書をご要望の方は商品注文後、お取引連絡にて、ご連絡お願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

.hack//G.U.〈Vol.3〉ハロルドの元型(アーキタイプ) (角川スニーカー文庫) 文庫 – 2007/10/1

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

世界最大級のネットゲーム『The World』で次々と起きる異常事態。その原因は、正体不明のウイルス・AIDAにあった。対応に追われるハセヲたち碑文使いの下に、今度はギルド『月の樹』の本部が襲われたという情報が入る。助けに向かったハセヲが目にしたのは、次々とAIDAの闇に飲み込まれる『月の樹』のメンバーたちの惨状だった。碑文使いにも魔の手が襲い掛かる中、ハセヲは最愛の人、志乃を救えるのか!?緊迫の第3弾。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

浜崎/達也
1973年生まれ。茨城県出身。第4回角川スニーカー大賞(優秀賞)を受賞。『.hack//G.U.』ではゲームシナリオを担当。小説家・脚本家・漫画原作者として様々な企画に参加する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 266ページ
  • 出版社: 角川書店 (2007/10/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4044222096
  • ISBN-13: 978-4044222093
  • 発売日: 2007/10/1
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 872,575位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 2008年1月にアニメDVDの発売が決まった「.hack//G.U.」ですが、小説の方も「.hack//G.U. Vol.3」が発売されまして、今回はギルド『月の樹』の本部がAIDA現象に襲われたという通報があってハセヲたちが対応に向かい、そこで『月の樹』のメンバーたちが次々にAIDAに飲み込まれていく様子を目にするのですが、それはAIDAによってエゴをむき出しにされて殺し合う人間の姿のように見えます。
 また、今回ハセヲは巫器を通して同じ碑文使いたちの記憶や願望を見ることになるのですが、誰の場合も人間や社会のネガティヴな部分ばかり強調して描写されているので、正直読んでいて気が滅入ります。ですが、それらがあって彼ら碑文使いたちの人格があると考えれば決して無視は出来ない箇所ですから、物語を把握するためには読んでおかなくてはなりません。
 そういう意味では前巻と違う意味で物語の核心に近づく巻だと言えるでしょう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
作者コメントから次の4巻がラストとなる近作は、主人公の亮ことハセヲが様々な苦しみに耐えながらもより真実へと近づいていきます。
アバターについてやキャラクターのリアルでの設定など、ゲームとは違う設定が多々ある小説版ですが、
当然相応の説得力を持った設定ですのでより深く理解ができるようになっています。
ただし他の方も書いていらっしゃるように傾向的には少し暗い方向に向かっていますので(マンガ版程ではないけれども)
ゲームの明るいキャラクター達が好きな方はあまり好みではないかもしれませんが、『ネットゲームを舞台としたストーリー』
としては登場人物の綿密な心理描写や『TheWorld』の神話を持ち上げたりと様々な工夫もありゲームよりも重厚で楽しめます。
個人的にはゲームでは全く描かれなかったクーンのリアルでのトラウマを描き、ハセヲが一喝いれて解消する『対話』のシーンなどがよかったなと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告