日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

ジョジョ・ラビット (吹替版)

 (1,237)
7.91時間48分2019G
戦時下に生きる人々の姿を、スカーレット・ヨハンソンほか実力派キャストでユーモアを交えて描いた感動のヒューマン・エンターテイメント。
監督
タイカ・ワイティティ
ジャンル
コメディ
オーディオ言語
日本語
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

提供
Searchlight
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.3

1237件のグローバルレーティング

  1. 60%のレビュー結果:星5つ
  2. 21%のレビュー結果:星4つ
  3. 11%のレビュー結果:星3つ
  4. 4%のレビュー結果:星2つ
  5. 3%のレビュー結果:星1つ
並べ替え:

トップレビュー日本から

Amazon カスタマー2020/05/25に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
笑って……泣け!
確認済みの購入
「なんだよ、アカデミーとるためのいつものナチ叩き映画かよ……」
と最初は思ってました。本当にすみません。反省してます。

第二次世界大戦下のドイツでナチスに心酔して生きるジョジョ。
10歳の少年が、可笑しくも悲しい運命に翻弄されていきます。
ジョジョとヨーキーの幼き友情に
「こいつら可愛いな」
と笑顔になりつつも、悲惨になっていく戦局にストーリーもだんだんシリアスに。
スカーレット・ヨハンソンやサム・ロックウェルの名演も必見。

是非観ていただきたい。
75人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ないしょのなまえ2020/05/06に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
ただの戦争映画じゃなかった
映画館に数回足を運びました。それぐらい心にグッと来る作品です。最初はコメディチックに始まり、あれよあれよと怒濤の展開!そして涙、涙、涙。詳しく言ってしまうとネタバレしちゃいそうなので控えますが、登場人物全てに心惹かれる物があり、映画を見終えた後もしばらく余韻が消えませんでした。ともかく見て欲しい!特に息子さんをお持ちのお母様方に!
スカーレットヨハンソンの強くも優しい、それでいてユーモアや自由さを忘れないユニークな母親、その可愛い息子のジョジョ!(この子の演技力も抜群)
出演者達を思い出しただけで心がほっこりします。
なかなか出会えない作風で、私は衝撃を受けました。ますますタイカ監督の大ファンです
77人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ルパン先生2020/05/30に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
設定の着想は良いけれども、全体的には子供だましのファンタジー
確認済みの購入
戦争で父親が不在、そして姉も若くして亡くしている、母親と二人暮らしの夢見がちな十歳の子供が、その感じている孤独の故に、子供心をくすぐるナチスの外見のかっこよさにずっぽり心酔。そればかりでなく、空想上の友達がなんとヒトラー。日々ナチズムを弘めることに子供らしく熱心に励んでいます。しかし実は、そんな彼の家にユダヤ人の少女が彼の母親によって匿われており、それを彼は偶然発見してしまう…と。

まぁ、そんな設定は面白くて良いです。子供も可愛らしいと言えば可愛らしい。けれどもヒトラー役の訳者がヘボ。演出も軽くて痛々しい。上映当時少し話題になりましたが、それは他にたいしたのが無かったからかも。

ミニシアターの小粒B級映画としては見ても良いんじゃない?という程度の映画です。ロードショーで話題になるような作品ではありませんでした。どうもナチス絡みの映画というのは、「縞模様のパジャマの少年」にしろ「ライフ・イズ・ビューティフル」にしろ幼稚な感じの映画になっているのが多いように思います。シリアスなのは社会受けしないし、描写の仕方一つで下手するとユダヤ社会から突き上げられるかもしれない、ってんで、わざと幼稚な脚本と描写に逃げているだけかも知れないけれど、そうするとただの子供だましになるんですよね。
30人のお客様がこれが役に立ったと考えています
市民レビュアーZ2020/06/06に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
見終わってこんなにワクワクした「敗戦」映画は初めてだ
確認済みの購入
ユダヤ人絡みで笑いの要素があるという点では、ライフ・イズ・ビューティフルを思い出すが、後味が最悪のそれに比べて、ジョジョラビットの後味の素晴らしいことといったら!
それなりに苦い話なのに、それでいてワックワクの結末ですよ。
あの結末。少年時代を経てきた男なら誰でも、ワックワクな気持ちになるに決まってるじゃーん!

最初は、ファンタジー色強めだし、リアリティラインがどこにあるのかよくわからないような微妙なコメディ感出してるし、ビートルズの曲から始まるしで、「このまま、きれいごとで終わっていくのかな?」と思って見ていると、その微妙なコメディ感やファンタジー感があっただけに、それなりに苦い現実がしっかり入ってくる。
「ああ、これはますます悲惨なことになるのでは!」とハラハラしていると、やがてファンタジー感を乗り越えて、今度は希望が見える現実がやってくる。

まんまと映画に感情を乗せられた!
戦争テーマで、現実感出しながらも後味よくするって、本当に難しいことだと思う。
しかも、反戦や反ナチといった、ありきたりなテーマは大して押し出してもいない。
お涙ちょうだい的でもなく、
安っぽいヒューマニズムでもなく、
ファンタジーとリアリズムのバランスをいったりきたいして、ものすごいバランスで構成されている。
ちょっと本当にすごいです。
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Miyuki2020/10/06に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
「子供の見た戦争」の現実
確認済みの購入
10歳の子供にとって、きっとこのコメディチックな「戦争」がリアルだったんだろうという気がします。
父はいないけど日常に戦火は迫っていないし暮らしにも困らない、「戦場」は見たことないし、「敵」って何だかよく分からないし、「ユダヤ人」のことも実情を知らずに悪魔だ何だと信じ込み、ナチス式の制服や武器はカッコいいばかり。戦争映画に出てくる子供というと、ただただシリアスで悲惨で可哀想という描写が多い中、実際にはこんな風に、いざ日常が壊れてしまうまで、何も分からず無邪気に「戦争ゴッコ」をしていた子供も多かったんだろうな、と思いました。
「悲惨で血みどろで後味が悪くなけりゃ戦争映画じゃない」と思ってる人には肩透かしかもしれませんが、国土が全焼して国民が全員前線に行ったのでもない限り、100人が100人そういう訳ではなかったろうと思います。
(実際日本でも、戦後教育で「お爺さんお婆さんに戦争の話を聞いてきましょう」という課題で、いかに悲惨で辛かったかという話は教師に歓迎されるけれど、「うちは田舎で特に何も影響や苦労はなかった」という話を持っていくと納得されなかった、というような話も聞きます)

そして本作は、厳密には戦争映画ではなく、戦時期を通して主人公の少年がどう成長したかの「青春映画」ですね。子供達の演技、特に、自分を悪し様に罵る「何も知らない」ドイツ人の子供に対する、ユダヤ人少女が見せる達観・静観の表情は堂にいっています。

難を言うなら、ナチ映画にはありがちですが、全編英語なのが残念ですね。米軍が攻めて来て、お互い英語なのに「言葉がわからないよ」って言うのはさすがに滑稽。やはりドイツでドイツ人を使ってナチが出てくる映画を撮るのは難しいのでしょうか。
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
骨折2020/06/02に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
少年の自立の話とスカーレットヨハンソンの新境地
確認済みの購入
主人公のジョジョは父がいない不安からかナチス思想と母親に依存しています。
そのジョジョが大切な人を失ったりはじめての恋を経て1人の人間として成長していきます。

軍にいながらリベラルな大尉、シリアスな背景を背負っているのに息子にそれを微塵も見せない強い母親、オープンで気のおけない親友のヨーキーと登場人物も魅力的で素晴らしい作品です。

アクションのないスカーレットヨハンソンも新鮮でした。
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
jaco2020/08/18に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
最低2回観るべき映画です!
確認済みの購入
第二次世界大戦末期のドイツが舞台の重いシチュエーションをコメディタッチで描いているかと思いきや、めちゃめちゃ深く綿密に作り込まれた映画と思います。
全編無駄なシーンが全くないと言っていいくらい、後々重要な意味を持つことになる仕草やセリフ(個人的に好きな言葉ではないがいわゆる伏線/回収)が無数にちりばめられており、なおかつそれらの説明的な演出がほとんどないため観る人が気付くか否かに委ねられています(観る人が試されている?)。
よって、2回目、3回目に観た時に気付くシーンも沢山あり感動が更に深まります。一緒に観た人がいると、観終わった後色々話せる映画で「えっ、そんなセリフあった?」みたいになりもう一度観たくなります。
私としては満点ですが、好き嫌いが別れる映画かな。また、戦争映画、コメディ映画 等とらえ方も様々かと思います。私にとっては純愛映画でした ^^
いやはや、スゴイ映画です!!
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazonzon2020/05/29に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
遠いファンタジー
確認済みの購入
絶賛レビューに推されて観たのだが、心が醜いオッサンには響かなかった。
確かに所々にグッとくる所はあったし、泣きそうにもなったけど、何というか、まとまり過ぎと言うか、簡潔に描き過ぎと言うか、漂うファンタジー臭に戸惑い馴染めず終了。
ずっと「ブリキの太鼓」が頭にチラついていた。
どうせなら「この世界の片隅に」ぐらいに一気にダークに落とし込んで欲しかった。
オッサンの映画好きはひねくれ者。
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示