Androidアプリストア Amazonファミリー 2017年本屋大賞 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard summer_Bike TradeIn ファッション Fire HD 8 Fire TV stick 母の日ギフト特集 2017 DIY・ガーデニング タネ・苗ストア Kindle Amazon MP3 アウトドア HITOSHI MATSUMOTO ドキュメンタル シーズン2

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.2
10
5つ星のうち3.2
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年5月21日
基礎という基礎が実例付きで載ってるから、これから一眼レフという人、ちょっと勉強してみたい人向けです。被写体深度とか露出を考えて撮影されいるレベルの方にはおさらい程度とちょっとしたプロ向け技術の紹介で終わるかと(午前中に読み終わった)
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月2日
前半は有名写真家の写真集を例にしながら露出や光源の違いを説明しており面白かったが、後半の基礎知識ではカメラの仕組みなど説明書のような羅列ばかりで退屈であった。
あくまで、講義で補完されて完結するタイプの書籍である。写真の解説本を一冊も持ってない人なら買う価値はあるかもしれない。
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月12日
●Kindle版はやめたほうが良い
Kindle版もありますが、実際の本を買うことをお勧めします。
というのも、この本は課題に対して露出などの設定を変えて撮影した写真を比較している内容が多いです。
色や明るさを正確に把握するには、Kindleで見るにはPCモニターのカラーキャリブレーションが必要ですし、それでも誤差がある可能性を考えると、実際の本を購入する方が良いでしょう。
最後のページには、簡易的ではありますが、切り取って使えるカラーチャートが付いています。

●写真を本格的に学ぶ人の為の基礎的な本
写真を撮るうえでの基礎的かつどちらかと言えば理論的な事が書かれています。
DTPを多少やっている人には基礎的で不必要な内容も多いです。
カメラ入門書の内容に理論的な肉付けをして小難しい感じもしますが、基礎的です。
なので中級者あたりの方は既存の情報も多く、敢えて買うほどの内容では無い気もします。
ただ、割とあいまいな知識でやっている所などを、比較写真で見るといったリファレンス的に使うには良いと思います。

写真を撮る感性や実戦的なテクニックを磨きたいのでしたら、他の本を参考にするのが良いでしょう。
0コメント| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月3日
発売日に購入。 読み終わりました。
結論からいうと、決して万人向けではありません。
本書をおすすめするとしたら以下の読者です。
・授業の教科書として使う(本書の内容を理解し、サポートしてくれる人がいる)
・カメラや写真が好き。カメラの構造や撮影技術を広く知りたい

ざっと気になった点を紹介します。
1. 読みにくい。
 教科書的な使い方のため、読みものとしては難解な構成になっています。
 本書は大きく2つの構成に分かれています。
  A.制作演習
  B.基礎知識
 このA.の中にB.の知識が前提となる記述があるため、知識がない人にはかなり難しい。
 A.とB.を往復しながら読み進めることになります。
2. ツールを使った実践が前提になっている
 Photoshop持ってないとおいていかれます。
 (一部、Lightroomでも可能。現像ソフトなどが必要です。)
3. 現像の面白さが伝わってこない
 例えばコントラストの増減効果を紹介する写真が小さく、題材がよくないように思います。
 これでは効果も分かりにくいですし、現像が面白い作業だと伝わってきません
4. 題材が広く専門的
 フィルムカメラの撮影と現像。レフ板を利用した撮影などは専門性が高いため実践は敷居が高いと思います。
5. 授業で使われることが前提
 説明が足りない部分が多く感じます。恐らく本書の記述に対して補足説明が授業でされるのでしょう。
0コメント| 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年3月29日
確かに真面目に基礎から学ぼうと思うなら、取っ掛かりには良いとは思う。
しかし、全てにおいて内容が取っ掛かり用で、理論にせよ奥までは記載がなく
この本だけは浅学な人間を量産しそうな感じです。。。

収差の内容をとっても、サラッと振れる程度。。。
カメラマン養成ならこれでも良いかもしれないが、理論がないと後で苦労しそうな内容でした。。。
理論だけでは物理学の本を読んだほうがよっぽど勉強になるし
ソフトウエアの使用方法などはそのソフトの使い方の本を読んだほうがよっぽど知識がつくのは事実。
撮影手法も、それぞれの分野のムック本をセレクトした方が、もっと実践的なことが書いてありますね。

あくまで「取っ掛かり」には良いと思いました。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月19日
教科書というのなら基礎的な事を載せたうえでほかの事も載せるべきでは。
かといって上級者向けかといえばそうでもなく、中途半端な構成。
ネットでの購入で試し読みできなかったが、届いても、読むべきところがなかった。
フォトブックじゃないので仕方ないけど、
こういう写真が撮りたい!と思えるものが1カットも無いのはさすがに残念。
内容を検討したら、星1つしかつけられなかった。
今時、この程度の内容ならスマホで調べれば十分。
これを教科書に使うって、どこの写真学校でしょうか?www
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月9日
一眼レフデジタルカメラでの撮影において、カメラの特性から光の選び方など、一通りのことを学べます。一眼レフデジタルカメラと他のいくつかの装備があれば、本になぞらえて自分で撮影しながら学べるようにもなっています。

自分は写真文化については素人なのですが、有名な?写真集の紹介記事のようなものもあったりします。

フィルムカメラについてもいくらか説明はありますが、これだけを見て現像ができるかはちょっとわかりません。フィルムカメラも面白そうな気はするのですが、手間がかかり、廃液が出るフィルム現像はやはり敷居が高いです。

この本では、レフ機によるRAW撮影と、PC上での現像を基本としています。自分はミラーレス使いな上にjpeg撮って出し派なので、色々と勉強にはなりましたが、今すぐ実戦というわけにはいかない部分も多いです。ミラーレスとレフ機の一番の違いは、絵作りを現場で行うか、家に戻ってから行うかなのかな、と感じました。

最後に。自分はkindle電子版を購入しました。なか見!検索の潰れた画像の電子データだったらどうしよう、と少し不安でしたが、読むには問題ないレベルの十分に精細な画像ファイルでした。紙書籍では、簡易版カラーチャートというものも付いて来るそうですが、電子版には無いようです。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月9日
とても勉強になる本だと思います!!
カラーなのでとても見やすくカメラの勉強にはオススメの一冊だと思います。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月13日
デジタルカメラにとってはすごくいい入門書だと思う!
ある程度詳しくて、読みやすい!!
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月6日
例えば、カメラを全く使ったこともなく、初めて今から触ります!って言う超初心者向けの本な気がします。
私としては、こういう風に撮ったら綺麗に撮れますよとか、こういう構図が基本ですねっていう情報がほしかった為、内容としては残念な結果になりました。
しかし、カメラの歴史もわかり、結果としては良かったと思います。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)