Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Importsale ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 出前半額キャンペーン 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
81
5つ星のうち4.1
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年9月17日
最初のドライブレコーダは中華製の安物でしたが寒さに弱いようで装着したまま寒い車庫の中で去年の11月頃にお亡くなりになりわずか半年間でまさしく典型的な「安物買いの銭失い」でした。
仕様上はフルHDになっているので200万画素相当のはずですが、PCで見ると画像が荒すぎて見かけ上、ピクセルを1080にしている感じでした。

そんな反省を踏まえて今年の春にトランセンドのDrivePro 200 を買ったのですが、後方用も必要になり本商品を選びましたが蓋を開けてビックリです。

他の方がレビューされていますがマグネットで閉まるケースに入っていて高級感出てますしYoutubeにも商品レビューと実際の撮影動画もあります。

日本語翻訳はもう少し改善してもらいたいですが、本体はしっかりと重みのある物ですし、やっぱり目玉はサンディスク ウルトラ microSDHC UHS-I(class10) が付属しているというのは、この価格では考えられないくらいのコスパですよ。

この価格で6枚ガラスレンズ、デジタルズーム付でMicroSD32GBが付属するドライブレコーダは有るのかと思ってしまいますので
中華製の安物を買うくらいだったら、このドライプレコーダにすれば後悔しないと思います。

製造は中国になっていますが、メーカーの住所はカリフォルニアになってます。

☆☆☆ 2015年9月19日追加 ☆☆☆

昨日、アマゾンで注文したエレコムのUSBケーブル Aオスコネクタ-miniBオスコネクタ U2C-JM30BKとU2C-JM50BK(3m,5m)が届き車内への
引き回しが完了したので本日、実際にドライブレコーダを取り付けて走ってきました。

使っているのはこちらです。
ELECOM RoHS指令準拠&環境配慮パッケージ エコUSB2.0ケーブル A-miniBタイプ 3m ブラック U2C-JM30BK

電源接続はシガーライターからの給電ではなく、別途、アマゾンで注文したモバイルバッテリーとの組み合わせによるエンジン停止時でも常時録画するようにしました。

モバイルバッテリーの理由としては3連のシガーライタソケットにレーダーやメモリーナビなどで使っている関係上、どうしてもドライブレコーダが増えるとソケットが不足となるので残りの一個をモバイルバッテリーの充電用にすればソケットはそのまま活かせるので今回はモバイルバッテリー充電用にソケットを使う事にしました。

☆☆☆☆☆ 2015年12月18日追記 ☆☆☆☆☆
モバイルバッテリーはこちらを使っています。
Aukey AIPower 大容量モバイルバッテリー スマホ充電器 20000mAh 薄型 iPad/iPhone/iPod/Xperia/Galaxy/Nexus等対応 (ホワイト)PB-N15

今はこのUSBシガーソケットを使ってます。
iClever IC-CC06 3ポートUSBカーチャージャー36W 7.2A SmartIDテクノロジー採用 iPhone ; iPad , Air, iPad Mini; Samsung Galaxy Tablets, Galaxy, Galaxy Note ; Androidスマートフォン対応
ケーブルはシガーソケット側がUSB Aオスコネクタでモバイルバッテリー側はMicroUSBオスコネクタが必要なので
ダイソーにあったAndroidスマホ充電専用ケーブルを使ってます。

駐車時はタイムラプスビデオを見ているようで面白いですね。

本製品はズームやマウントがパン(横振り)出来るので前方用に設置しトランセンドは後方用にしました。

帰宅後、PCで動画を確認したときには画像がキレイなのはトランセンドでした。

こちらの商品はオートでも若干、暗く写るような感じなので他の方がレビューされているように気になる方は露出と
ホワイトバランスを調整した方が良いかも知れませんが、ドライブレコーダとしての性質を考えると、
このような調整が出来るのはカメラとしても使って欲しい意図なんでしょうか?。

☆☆☆☆☆ 2015年12月18日追記 ☆☆☆☆☆
全体的に晴れている場合は青空が綺麗に映りますが、進行方向に太陽があり(逆光)雲に隠れた場合などは
逆光補正が効かない場合がありましたのでこの点はファームウェア提供などによる改善を望みたいですね。

モードは動画、写真、再生に切り替えることが出来ますし、動画撮影時にOKボタンを押すことでストップできるのも
ビデオカメラとしての機能そのものです。

駐車時の動体検知するためにバッテリーが内蔵されていますが、突然の出来事が有った場合でもマウントから取り外してライブ感のまま動画撮影する事ができます。

デジタルズームなので4倍にしてしまうと画像が粗くなりすぎるので2倍くらいなら大丈夫な画質だと思います。

トランセンドでは走行中、対向車のナンバープレートをPCで確認するのは厳しい時もありますが、この商品でのズーム2倍ならハッキリと確認出来るときもあったので価格とは正反対でポテンシャルは高いと思います。

システム設定に記録したビデオでナンバープレートを示すことが出来きます。とあるのでこの機能が確認出来たら再レビューの予定です。

全体的には日本品質みたいに、もう少し詰めて貰いたい所は多々ありますが価格を考えても1万円以下で買えて後悔しないアタリな数少ない製品であることには違いありません。

☆☆☆ 2015年10月10日追加 ☆☆☆
取説は単純に日本語表記に翻訳した感は否めませんので補足としてご参考になればと思います。

バッテリー内蔵で簡易的なビデオカメラとしての使い方も出来る為にその機能が付いていますが、ドライブレコーダとして使う前提で補足します。

【PCとの接続】
PCとUSBで接続すると、ディスクとビデオの選択画面が出て来ますのでディスクを選択するとUSBメモリの様に認識されます。

ビデオを選択すると撮影スタンバイ状態となりOKボタンを押すと録画開始となります。

USBから給電されるとドライブレコーダとして自動録画開始で、USBには接続しないで本体の電源スイッチを押すとビデオカメラモードのようです。

【操作キー】
操作用のキースイッチは6個あり以下のようになっています。

[電源スイッチ] [   <    ]
[ メニュー ] [  OK   ]
[ モード   ] [   >    ]

【メニューの切り替え】
USBから給電している場合で左上に赤丸の録画マークが点灯している場合には、OKキーで録画停止となります。
撮影アイコンが青いカメラマークに変れば撮影スタンバイとなるのでメニュー操作に入れます。

メニューキーを押す毎に → ドライブレコーダ設定 → 基本設定 → 動画撮影スタンバイの順に切り替わります。

モードキーを押す毎に → デジカメモード → 再生モード → 動画撮影スタンバイの順に切り替わります。

項目の移動、設定の選択は左右の矢印キー、設定するときはOKキー
設定項目に戻るにはメニューキーで戻れます。

【ドライブレコーダ設定】 カチンコに再生のアイコン 全部で3ページあります。

■■ メニュー1 ■■
解像度     1080FHD 1920×1080/720P 1280×720/WVGA 848×480/ VGA 640×480
ループ録画   オフ/2分/3分/5分  ※ 1ファイルあたりの録画時間設定 2分で約193MB前後です。
WDR      オフ/オン
こン検測     オフ/オン  ※動体検知の有効/無効設定

■■ メニュー2ページ ■■
自動録画    オフ/オン  ※USB給電されたら自動で録画するか/しないかの設定
停電遅延時間 オフ/10秒/20秒/30秒  ※USB給電が切れてから設定時間後に本体電源をOFFにする設定
?機延時     オフ/10秒/20秒/30秒  ※USB給電されてから設定時間後に本体電源をONにする設定
録画な音声   オフ/オン  ※録画時のマイクオン/オフ設定

■■ メニュー3ページ ■■
日付表示    オフ/ オン  ※録画動画に日付入りにするか?しないかの設定
GSENSORSET   オフ/低い/ミディアム/高い

【基本設定】  ドライバーとスパナのアンコン  全部で4ページです。

■■ メニュー1ページ ■■
日/時刻
車牌記録 ※ナンバーを記録する機能のようですが不明な機能です。
オートパワーOFF  オフ/3分/5分/10分 ※本体電源スイッチを入れてから設定時間後に本体電源をOFFにする設定。
電子音   高い/ミディアム/低い/オフ

■■ メニュー2ページ ■■
言語      English/Francais/Espanol/Deutsch/italiano/日本語
TVモード   NTSC/PAL
明滅の頻度 50Hz/60Hz  ※LED信号機 周波数帯の設定
スクリーンセーバー  オフ/30秒/60秒  ※ 液晶の消灯時間設定

■■ メニュー3ページ ■■
露出 +2.0~-2.0の範囲で設定
ホワイトバランス オート/晴天/雲天/タングステン/蛍光灯
※ オートだと録画した動画が青みかがっているので露出とホワイトバランスはお好みで設定した方が良いかと思います。
フォーマット SDカード
デフォルト設定 メニュー設定をデフォルトに戻す キャンセル/確認

■■ メニュー4ページ ■■
バージョン AT20150515V1.0

デジカメモードにも同様に設定画面があります。 ※ドライバーとスパナアイコンはドライブレコーダと同じ設定内容です。

【デジカメ設定】 カメラアイコン 全部で2ページあります。

■■ メニュー1ページ ■■
画像解像度  12M 4032×3024/10M 3648×2736/8M 3264×2448/5M 2592×1944/3M 2048×1536
       2MHD 1920×1080/VGA 640×480/1.3M 1280×960
撮影モード  単写/2sタイマー/5sタイマー/10sタイマー
連写     オフ/オン
画質     ファイン/ノーマル/エコノミー

■■ メニュー2ページ ■■
シャープネス   ストロング/ノーマル/ソフト
カラー      ノーマル/ 白黒/ タン
クイックレビュー オフ/ 2秒/ 5秒
日付表示     オフ/ 日時/ 日/時刻

【デジカメとしての使い方】
モードキーにてデジカメモードに切り替え、矢印キーでズーム(デジタル)を×4倍まで使えます。
OKキーがシャッターになっています。

【ドライブレコーダ撮影時】

■■ 緊急時のファイル保存 ■■
ドライブレコーダ時に動画を保護したい場合はメニューキーを押す事で保護されます。

再生モード時にサムネイルが表示されますがファイルにカギマークが付けられています。

PC接続するとフォルダーはCARDV → MOVIE(通常の録画動画) → RO(保存用)となります。

■■ デジタルズーム ■■
動画撮影中に×4倍までのデジタルズームが使えます。
ズーム倍率を上げるには <キー、ズーム倍率を戻すには  >キー
※デジカメのような光学ズームではないので2倍くらいまでが実使用範囲だと思います。
※ズーム倍率は電源を切るとリセットされるので電源を入れた場合にはその都度設定が必要です。

☆☆☆ 2015年12月16日追加 ☆☆☆
1ファイルあたりの時間設定は2分(約193MBくらい)にして使っています。
最初は5分にしていましたが、運転中に残しておきたいのはホンの一瞬だったりするので
2分の設定だとファイルサイズも少ないので丁度良い感じです。

ファイル名は、西暦_日付_24時間表示時間(秒まで)_通し番号というルールです。
2016_0427_162748_296.MOV (2分設定だと約188MBくらい)

太陽光がダッシュボードに反射して映り込むので今はアマゾンにあったMARUMIのステップアップリング39mm→52mmとPLフィルターを付けています。
ステップアップリング
MARUMI ステップアップリング 39mm →52mm 900980

PLフィルター
【STOK SELECT】NEW-VIEW CPLフィルター (52mm)

ステップアップリングの方が若干大きめですが、ドライブレコーダのレンズ部分とステップアップリングの間にゴムシートと1mmプラバンを挟み込んでガタを無くし、ステップアップリングとドライブレコーダ本体をニトムズの両面強力固定テープで巻いて固定しています。(両面強力固定テープの片面にはビニールテープを貼っています。)

ステップアップリングを使う事で一眼レフとかで使う為のフィルターを流用することが出来ます。52mmくらいにするとケラレ(ステップアップリングがカメラに映ってしまう現象)もないので良い感じです。

両方合わせても1,000円未満で出来ますのでダッシュボード等の映り込みが気になる方はチャレンジして見て下さい。

☆☆☆ 2016年1月8日追加 ☆☆☆
先日、ものすごい霧で視界はかなり悪く、スピードも20kmくらいが限界な時がありましたがPCで動画を確認したら意外にもヘッドライト(普通のハロゲン)を照射している範囲がハッキリと撮影されていたのには驚きました。

今年は暖冬の影響で少雪ですが、シーズンに一回くらいは吹雪で視界ゼロのような日もあるのでその時も試したくなりました。

☆☆☆ 2016年4月27日追加 ☆☆☆
アメリカ公式サイトにてGPSモジュール対応ファームウェアが公開されているようで他の方のレピューを参考に
アップデートしてみましたが問題無く完了しバージョンはAT-20151125V1.0になりました。

気になった点と言えば、PC接続するときにドライブレコーダ側の反応が少し遅くなった感じです。
review image review image
0コメント| 97人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月29日
 ※動画は容量の都合上解像度を下げてビットレートも下がっているため画質が低下しています。

これが初めてのドライブレコーダーになります。

【同梱品について】
化粧箱ですがマグネット付きの立派な化粧箱に入っていました。
次に目に付いたのが付属しているmicroSDカードで、SanDisk製Class10の32GBが入ってました。
緊急時の動画を録画するためのSDカードなので信頼性の高いSanDisk製は嬉しいです。

【外観について】
本体表面はツヤのあるプラスチック製のボディです。
強く拭いたりすると傷が付きそうな感じはしますが、そこまで気にする程では無いです。
ただ指紋は付きやすいので、脱着時はメガネ拭きのような布で拭き取ると良いでしょう。
サイズはコンデジよりはちょっと小さめなイメージ。
ボタンの押した感じが若干チープな感じがしますが見た目は普通です。
本体表面についているAVとGPSのポートは現在使い道が無いようです。

【地デジ受信時の電波干渉】
地デジアンテナとの干渉ですがやはりアンテナ付近の設置で受信感度がかなり下がってしまいます。
取り付け位置をフロントウインドウ目いっぱい上の位置からミラー横まで下げて、
更に天井内の配線をアンテナケーブルから避けるようにBピラー付近まで迂回させて、
フェライトコアを幾つか取り付けたところ何とか実用に耐えうる感じになりました。
それでも若干の受信感度低下は否めません。
写真に写っているフェライトコアは自分で用意した物です。

本体そのものからのノイズはあまり無いようです。
天井配線を行わず真っ直ぐ下にUSBケーブルをシガーソケットへ接続した場合地デジの受信に影響はありませんでした。
可能かどうかはわかりませんが、メーカーとしては電源ケーブルのシールドを強化したり、DC/DCコンバータをノイズ発生の少ないもの
に変える等改善をお願いしたいです。

【内臓バッテリー及び駐車場の撮影】
この商品はバッテリー(400mAh)が内蔵されていますので電源未接続でも録画や再生が可能でした。
ただ、駐車時の監視等に使う事はおそらく想定されて無いと思います。
エンジンを切ると自動的に設定時間で本体の電源が落ちてしまうので、駐車監視を行う場合は再びボタンを押して本体を起動する必要があります。

【撮影周り】
映像の映り方については、アップロードした映像を見て判断して下さい。(設定を間違え日付及び時間が合っていません)
私自身としては綺麗に映っていると思います。
ホワイトバランスの設定はオートですが僅かに青味がかってる印象です。
トンネルの入り時ですが、ワイドダイナミックレンジ機能により段階的にですが白飛び、黒潰れが抑えられています。

ナンバープレートの判別は、走行中は数字4桁が限界でしょう。
信号待ち等の停車時でしたら日中は全て読めました。
夜間は感度を上げている為か、ノイズが多くて全ての文字の判別は厳しいです。
そもそもヘッドライトの光の反射で真っ白になってしまいがちですで読みにくいです。

動体検出機能が付いていて、映像に変化が少ないとき(信号待ち等)は記録をしないよう初期設定がされています。
ただ、この場合停車中に追突を受けると映像に残らないのでは?と思い設定を切っています。

映像ファイルの長さは設定により2分、3分、5分、ループ設定なしから選べます。
ループ設定なしは試してないのでわかりませんが恐らく録画開始から終了まで1個のファイルになるのだと思います。
衝撃を受けた場合(この場合は手で小突きました)、そのとき撮影しているファイルに鍵のマークが付き上書きされないようロック(保護)されました。
このロックはボタンを押すことで手動で設定する事も可能です。

【静止画】
うっかり間違えて押してしまった為に保存されていたJPGファイルですが、
映った映像をそのまま画像化しているだけですので特別画質が良いというわけでも無いです。
取り外してデジカメのように・・・と、言った感じに使うのかな?と思いました。
完全にオマケ機能です。

【その他】
気になる機能としては動作中に液晶をOFFにする設定があります。
これはOFFになるまでの時間を30秒、60秒から設定として選ぶことが出来ました。
知り合いが使っているYupiteru製のドライブレコーダーには無い機能でしたので個人的に評価高いです。
(その他のメーカーの製品を比較したわけでは無いので何とも言えませんが)

言語設定は日本語にするといろんな意味で凄いです。日本語になってないところも・・・。
説明書もかなり日本語が苦しく、もう少しちゃんと翻訳した方が良いのでは?と思うほどです。
読めば大体わかるので問題はありませんが、「こン検測」なんて何でこんな翻訳になったのか疑問です。
英語の説明書ではMotion Detectionとなっていました。

不満は電源ノイズ周りぐらいですが金額を考えると仕方ない気もします。
後は耐久性ですが、これについては何か問題が発生した際にここで追記します。
0コメント| 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月2日
取り付けは台座を吸盤で取り付け、先端をボルトを手で締め、レコーダーを取り付けるタイプです。
設置は簡単に行えました。吸盤がしっかりしているので、フロントガラス以外にもダッシュボードにも取り付けられます。
説明書には日本語訳、図がしっかり明記してあります。また、本体内の言語設定にも日本語がありますので
機械に疎い初心者でも熟読すれば使いこなせると思います。

カメラ本体サイズは 縦47mm×横110mm×幅35mm(レンズ出っ張り含む) 重量101g。
小型で軽量で驚きです。持ち運びに最適ですし、取り付けても邪魔になりにくいです。
側面にTV出力用などのHDMI端子等があり、メモリー規格はmicroSDカード。SDHC対応しています。
充電端子はUSBミニBコネクタ。モバイルバッテリーでも充電できました。
本体操作面にはガラケーのようなボタンが付いています。非常に押し易く便利です。

本体は小さいけれど機能もしっかりとしています。
1080P 1280*720 800*480 640*480 の4種の解像度選択があり。
30fpsでの撮影となりますが、比較的滑らかに撮ってくれていました。
動画撮影時間は2分3分5分と制限なしの4種。私は2分間隔に設定し、保存しておきたい動画の取捨選択をしています。

付属品にはサンディスク製のclass10のmicroSDHC32GBが付属していました。
この値段でmicroSDが付いてくるとは思いませんでしたので驚きました。

最後に
安価で一通りの機能は備えていると感じました。小型ながら解像度など力持ち。動画撮影でかなり高画質で撮ってくれます。
デザインもシンプルですので、車内でも違和感がありません。最高のレコーダーだと感じました。

TaoTronics社様提供によるサンプルレビュー
review image review image
0コメント| 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト50レビュアー2015年12月13日
年末のタイムセールに乗っかって、みなさんのレビューで決めました。
懸念していた初期不良は全く問題なくて、完ぺきに設定もうまくいきました。
試験的に2時間ほどのドライブで使ってみましたが、綺麗な画像とファイルのつなぎ目も全く違和感なく撮れています。

夫の車には前後カメラ搭載型なんですが、5万円も出して買ってしまって、私のこの製品を羨ましがっています。
取り付け器具の吸盤は、確実にくっ付いており、ガタガタと揺すっても取れません。
いつも安全運転に心掛けていますが、もし被害者なのに加害者に仕立てられても、これがあれば安心です。

各種機能の設定には、少しカタコトがみえる説明書ですが、十分解ります。
最初に「日本語」設定を探してセットすると、後はほとんど日本語のディスプレイになります。
操作キー(ボタン)は主にメニューとモードキーですので、簡単です。

シガ―ソケットから電源をとれば自動で録画を始め、車外へ取り出すと自動でビデオ&カメラに使えます。
ほんとにきれいに映ってびっくりしています。これで安心してドライブが楽しめます。
このお値段でこの機能、これに決めてよかったです。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月26日
数あるドラレコを見ていた時
ある日、“チェックした関連商品”という案内にこちらのドラレコが紹介されていました。
まず最初にデザインが気に入りました。
皆さんのレビューの評価も良く、
それになんと言っても32ギガclass10のSDカード付きでの低価格、HIDM対応なのがまた嬉しい。
早速購入しました。

安っぽい紙の箱でなく、マグネット付きの片開きの蓋がついた純白の箱で高級感があります。

本体は手のひら半分ほどのサイズでズッシリしてます。

使用前にはレンズに貼ってある青い透明シールは剥ぎます。
液晶の保護フィルムはドラレコ本体の温度で浮いてくるので剥いでしまいました。

日本語取扱説明書が付いてますが、変な日本語で説明している簡素な内容です。

HDMIミニコネクターをホームセンターから購入してTVに接続して再生してみましたが、画像が非常に綺麗で滑らか!素晴らしいです!
対向車のナンバーは勿論のこと歩行者の顔もハッキリです。

映画のDVDのパッケージ等に記載されているように、日本国内の映像機器はNTSC方式なのでドラレコのシステム・セッティング内の「TVモード」でNTSCにしなければテレビで動画を再生する事は出来ません。
ちなみにPALは中国台湾など海外の方式である。

ドラレコ本体で動画を再生すると内臓スピーカーの関係上音声が小さく聞き取れませんが、テレビで再生すると車のエンジン音やら会話などハッキリ聞こえバッチリ録音されています。

取扱説明書が簡素かつ、お粗末なため設定は出来ても使いこなせるまでには大変です。
全てのやり方を解説しているわけでないので困ります。
それに解説している日本語が変なので混乱してしまいます。
何回もボタンを試し押しして取説に無い機能を探るしか無いです。

例えば、、、ビデオ・セッティングで「録画な音声」をonにしておけば[>]ボタンを押すことでON⇔OFFが簡単に出来ると云う事もその一つです。

設定に「こん検測」たる謎のメニューがありますが、これは動く物があれば録画すると云う動体検知機能です。
この機能をONにすると録画スタンバイ状態となり、動く物が無いと停止のままです。
走行していても自動録画はされません。
車の近くで動くものがある時にだけ自動録画します。
動く対象物が無くなるとまた停止します。
よって、防犯用であって普通のドライブ走行時にはOFFにしなければなりません。

「明減の頻度」は電化製品同様に東日本は50HZ、西日本は60HZに設定。
再生動画では信号機やLED照明等は点滅しないで記録されています。

「ループ録画機能」があります。
自分の場合、わざわざ画質を落として記録する必要はないと思い、ビデオ設定は解像度は1080フルHD、ループ録画は3分間、カメラ設定は解像度12M、画質ファイン、シャープネスはノーマル、クイックレビューはオフにしてます。

再生モードにすると記録されたビデオファイルや写真ファイルが一覧出来ます。
標準再生中に[<][>]ボタンを押すごとに×2>×4>×8倍速で早送り/早戻しが出来ます。

商品到着時にモバイルバッテリーを接続してメニューを設定しましたが、やみくもにボタンを押したので再生リストが鍵マークが付いた部屋の写真だらけのファイルになってしまいました。
消去したいと思いましたが、鍵マークが付いて保護しているファイルの消去の仕方が取扱説明書に載っていません。

色々やってメニューの出し方が分かりました。

再生モードにしてファイル一覧を出します。
ファイルを[<][>]ボタンで選択すると画面が再生スタンバイ状態となりOKボタンで再生スタートとなります、OKボタンで一時停止も出来ます。
停止状態でメニューボタンを押すと、消去/保護/スライドショー とメニューが出ます。
保護を選択してOKボタンを押すと変な日本語で、現在を締めなさい/現用の鍵を開けなさい/全コマロック/全コマロック解除 と出ます。
「現在を締めなさい」は、観ている動画/写真をロックすると云う意味で鍵マークが出て保護、「現用の鍵を開けなさい」は動画/写真が保護されている場合にはロック解除となり鍵マークが消えます。
「全コマロック」は全記録ファイルをロック、「全コマロック解除」は全記録ファイルのロック解除であり、全てはOKボタンで実行されます。

何もしないでメニュー画面から戻りたい時はメニューボタンを押すと戻ります。

「スクリーン・セイバー」はオフ設定にすると、電源が入っている間は液晶画面が消灯しないで常時映る。
30秒は電源ON時から30秒後に画面消灯する。
60秒は電源ON時から60秒後に画面消灯する。

画面消灯時に一時的に画面を確認したい時には「OK」ボタンを押すと画面が現れる。
その後、設定した秒数に従い画面が消灯します。

気になる機能を長々と書いてきましたが、詳細にまともな日本語で機能を解説してもらいたいものです。

最後にシステム・セッテングにある「車牌記録」と云う謎の設定がありますが、説明では記録されたビデオで車両ナンバープレートを示す事が出来ます。となってますが設定の仕方が不明で、この機能をどう使うかも不明です。

設定画面は[]が8つあり、それぞれにA~Z、0~9の英数字を打ち込めるようになっています。

気になるので色々調べたら「車牌」とは広東語であり、香港のナンバープレートの事だそうです。

日本では使い物にならない設定項目
のようです。

ドラレコ本体の六個の白いボタンは本体側面ではなく裏面集中配置なので押しやすいです。
ただ、時と共に黄ばんでくると思われるので、グレーや黒などの汚れが目立たない色にした方が良いと感じました。

何はともあれ、ドライブレコーダーとしての機能は全て揃っており、高画質ワイドダイナミックレコーディング(WDR)の優れものです。

他の方も言っているとおり32ギガマイクロSD付きのこの価格で同等の物はAmazonには無いと思います。

とても良い買い物をしました。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月10日
1台目は2日に電源が入らなくなった。
返品して2台目を注文。
試してみると、無音?
ボリュームを目一杯上げると僅かに音がしてるが、録音出来てないに等しいため、これまた返品。
3台目注文。
やっとまともな物が届いたので、生産制度や品質管理に問題があります。

映像的には、フルHDのディスプレイでフル画面でみると若干ノイズっぽいけど、YouTubeにアップするとそれは分からないレベル。
WDR効果か、夜はヘッドライトの明かりだけで非常に明るく映り、事故シーンに遭遇しても十分記録は出来ると思われます。
右左折の時のように画面の流れが早い時は、場合によってはスムーズさに欠ける時もあるけど、気になるほどではない。

音は会話も録音されるぐらい、感度は良好です。

カメラでこの値段からすると、割安感はありますね。

ただ買う時は、不良品を掴まされる可能性があるという覚悟を持っておいた方がいいかもです。

YouTubeにも結構動画がアップされてるので、TaoTronics TT-CD05で検索したらHitします。
review image review image review image review image review image review image review image
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月27日
カメラ好きな私なのでレンズは、前玉は、大きい方がF値が低いと思い購入しました。

開封してレンズ保護シートを取るとレンズコーティングが一部取れたので
返品交換してもらいました。

取り付け位置ですが一度設定すれば自動録画ですから液晶確認やボタンもさわらないで良いので
ルームミラー前にしております。
少し大きいレーダー内蔵ルームミラーですが写真のようにドライブレコーダーが視界の妨げになっていません。

もう数ヶ月使っていますが問題有りません。
いざと言う時には、確実な証拠を残せるので安心です。

なお付属のSanDisk Ultra 32GBは、本物か偽物かわかりませんが
本物だったらお買い得だと思います。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月2日
大変良い商品ですが、日本語の説明書が全く態を成していませんもう少し、詳しく
書いて説明しないとほぼ昔のPCの解読書ぐらいで非常に素人には難しいでしょう
多分取説の問題が有ると思います、McSD付はこの価格で良いですねぇ、昼間は
完璧に良いのですが、夜はまあ、こんな物かと思います1万円以下でこの映像と
音声は国内のDVRの中では迷わづに良いと思いますよ。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月15日
この商品は満点プラス様よりご提供いただいた商品になります

[製品の感想]
充電無しでの運用は約30分程度なので、長時間の録画をする場合
充電できる環境が必要と思います

マニュアル・設定画面に関しても日本語化が出来ますが
わかりにくい訳も多いので、設定自体は余り行いませんでした

私が設定した物
・ループ録画(この設定をするとその時間間隔で録画するので
長時間録画の場合ファイルが多くなりすぎます

・こン検測:エンジンの始動を検出すると自動で録画開始する

これぐらいですが利用者によってはその他の設定も必要かもしれません

画質に関しては問題は有りませんでしたが、1BOXカーのサンバイザー近くに設置する場合
前方車両都の間隔が長いので、1.7から2倍ズーム設定にしておかないと
ナンバープレートの文字が綺麗に録画出来ない可能性が有りますので
もし当て逃げが起こった際に証拠能力が下がってしまう可能性があります
コメント コメント | 固定リンク
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月15日
安い割には画質もよくこれでいいと思ったのですが、メニューに50Hz、60Hzの切り替えがあるものの、実際は信号機が映らない事があり、念のためサポートに連絡してみたのですが、GPSモジュールが壊れているとのことで別途購入したGPSモジュールが送られてきました。
とはいってもそんなものが関係しているはずもなく映らない事があるままでした。
ちなみにサポートは外国の人っぽい日本語でのやり取りでした。
 
と、いきなり不安になるようなこと書きましたが、東日本エリアでしか使用予定がない人には悪くない製品だと思います。
画質は、後にパイオニアのドラレコ買ったのですが、そちらより確実に良かったです。
このドラレコはカメラとしての撮影機能もあるのですが、3Mくらいなので画質はいいと思います。
ただ、別売りのGPSモジュールを付けている時でも静止画に関してはGPS情報は記録されていないようです。
特にこだわったり不便なものでもないのですが気づいた点として書いてみました。

あと、付属のシガーソケットからの電源、カーチャージャーですが、サポート(英語向け、日本語向け両方)にメールして問い合わせた所、24Vも対応とのことでした。
これを読んで、そうはいっても不安なようでしたらサポートに問い合わせれば教えてくれると思います。

その他気づいた点は、モニター画面をオフに出来るのですが、オフにしたままイベント発生時の手動録画ボタン押しても録画されませんでした。
一度何かのボタンを押して画面を表示させてからもう一度録画ボタンを押せば記録されます。

その他の要望として…
他のドラレコメーカーのようにファームウェアの更新で撮影のフレームレートを30以外に出来る用になればいいと思いました。
LED信号が映らないことをメールした時にこの事も一応サポートにもお願いはしてみたのですがそれに関しての返信はなかったです。

その他不安点は、中華っぽいメーカーなので耐久性がどうか?
熱い時、寒い時の動作はどうか?
とはいってもこればかりは使ってみないと分からないので、気づいたことがあったらレビューに追記したいと思っています。

いいこと、悪いこと書きましたが、安価にドラレコを使ってみたい東日本での使用を考えている人にはおすすめです。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)