Androidアプリストア おもちゃ 157回芥川賞直木賞 Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV stick 出前特集 暑さ対策アイテム特集 ホームギフトストア Kindle Amazon MP3 マリンスポーツ フェイス サイバー犯罪特捜班



レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2017年4月3日
aptX Low Latencyヘッドフォンを探していたのですが、まだあまり選択肢がなく(4万近いハイレゾ機は予算的に除外)
DENON AH-GC20EM辺りかな?でも、通信機能障害と筐体の脆さのレビューが多いし、と決めかねていた所にこれを発見
aptX Low Latency、Class 1対応、オープンマイク機能、NFC、デュアルマイク、長時間再生等、 AH-GC20EMと同等以上の機能てんこ盛りw
ANCはAH-GC20EMのほうが良さそうですが、ANCを重要視していないので、即購入、結果は大満足です。

[音質について]
視聴できる環境が近所に無いので、私にとって2万は結構な賭けでしたが
中高音良いけど低音チープとか、クセが無いナチュラルな音で若干中音域弱い等のレビューを拝見していたので
低音が弱かったり、ボーカルが遠かったりするかと少し覚悟しての購入でした。
現在使用時間50時間程度で、そのほとんどをaptX(LLではない)で接続ですが、その状態では結構な迫力の低音、ボーカルもくっきり
高音もシャリつかない程度に出ています。
解像度もそれなりで、機能分のお値段を差し引いても十分満足です。
私は普段EQで補正して聴くタイプの人間ですが、久しぶりにEQ無しで聴いていて気持ちいいヘッドフォンに出会えました
Amazon MusicをBluetoothでダイレクトに再生する場合などEQのかけようが無い用途で大活躍です。
EQで補正した時の感じは、追従性が良くドンシャリ可も可能でした。

[イヤーパッドについて]
最初に装着した時に内部からパリパリというような異音がしていて不良品かと不安になりましたが、一度
体温で温まってからはモチモチ触感で低反発枕のソフトタイプの様な感じです。

[側圧について]
私にはベストフィットなのですが、重量があるので真下を向くと多少ズレてしまいます。

[Bluetoothについて]
現在多忙の為、映画等で自室使用(aptX-LL)する暇が無く、仕事中にaptXでの使用がほとんどですので、
低遅延のチェックは出来ていませんが、現在所持している他社のaptX機と遜色なく使用できています。
ANC-OFFであれば、曲のフェードアウトや無音部でも気になるレベルのホワイトノイズは無いと思います。
有線からの音質劣化も聴き比べなければ分からないレベルだと思います。
(ノイズや劣化の問題は個人差が激しいので保証はできませんが)
通信距離も4~50m(見通し)&工場1~3階間(鉄筋コンクリート)で途切れない事を確認済みです。
未だ50時間程度ですが、強制切断等の不安定動作はありません。

[コントロールについて]
右側
コントロールリングはJOGダイアルで音量調整(再生側機器の音量設定によっては最小音量でも無音にはなりませんでした)
何も再生していない時に音量調整をするとド、レ、ミの様な一定のトーン音(8段階)でお知らせしてくれるので、無音時に大きく設定
しすぎて再生開始した時に爆音で驚くと言う様な事にならずに済みそうです。(電源OFF後も最後の音量を記憶していました)
真下のボタンでオープンマイク
後方に電源スイッチ(スライドスイッチ)

左側
コントロールリングはバネ復帰型で曲送り/戻し(誤操作防止のためかそこそこ重くストロークも有りますので、ぐっと回した
ときに頭からズレてしまう事がありますw)
サイドの大きなボタンで再生/停止&ボタン付近にNFCアンテナ
真下に3.5mm有線ジャック、マイクロUSBポート
後方にANCスイッチ(スライドスイッチ)

[ANCについて]
ロードノイズやエンジン音等のゴーと言う様な低目の音域はそれなりに消してくれます
大型エアコン等では、サーと言う様な高目の風切り音は聞こえてしまいます。
ヘッドフォンをしたまま歌うと結構気になる自分の声はそれなりに抑えてくれます。
また、ANC-ON時は微細なホワイトノイズが発生し、再生中の曲の音質変化が多めです。
以上の点からANCは無い方が良いとは言いませんが、おまけ程度で、曲の音質変化については好みの問題だと思います。

[その他の機能について]
オープンマイク機能
非常に便利ですが再生中の曲がフェードアウトしてからマイク音声がフェードインしてくるので2,3秒のタイムラグがあります。
マイクは左側にあり、そこで拾った音が両側からモノラルで再生されます。
マイク音量は調整可能ですが、再生中の曲はかなり小さくなり、ヘッドフォン側では調整不可能の様です。
曲とオープンマイクの音を同時に聴こえるレベルに調整したい場合は曲の音量を再生機側で大きく設定しておけば、それなりに
同時に聞くことが出来ました
(上記音量については一部本体音量非連動のandroid機やWin10PC標準スタックでの結果です
iPhoneでの本体音量連動はiPhone系統を一切未所持ですので不明です。)

Smart Sensor機能
左側イヤーカップの中にセンサーあり、ドライバーに一定距離まで生体を近づけると反応するので、静電容量型近接センサーでしょうか
電源ONのまま、むき出しでカバンの中に入れた場合に人体以外の物が近づいても誤動作しにくいようです。
このセンサーを利用した自動再生停止/再開機能を活用するためには再生機器側がソフトを含めAVRCPに対応している必要があります。
スマホやDAPなら大体対応でしょうがPCでAmazon Musicを使用した場合曲送り/戻しは出来ましたが、再生/停止は非対応でした。
(ソフトの問題です)

音声アナウンス
電源ON、OFF、ペアリング(ペアリング結果含む)、電池残量、最大音量、最小音量等々色々な場面でアナウンスがあります。
アナウンスも現在の本体音量に依存しているようですので、あまり大きな音に設定しておかなければうるさいという事はありませんでした
(送信機側の音量が小さく、ヘッドフォン側の音量を大きくせざるおえない場合は少しうるさいかもしれません)

ファームウェアアップデート&カスタマイズ
メーカーサイトよりソフトをダウンロードしてPCにUSB接続でアップデートや一部機能のカスタマイズが出来ます
(音声アナウンスの日本語化もありました)
センサーの有効/無効等の本体だけでは設定できない機能のカスタマイズが可能です。

バッテリー残量
電源ON時に音声アナウンスがありますが、電源スイッチ脇のメッシュの中に4段階表示の青LED+1個の赤LEDがあり、
電源ON時に、一定時間残量を表示してくれます。
充電時は充電進捗状況を表示してくれるようです。

ほんと、至れり尽くせりでこのお値段、メーカーの回し者ではありませんが、ANC目当てでなければ1本持っていても損は無いかとw
残念ながらANCだけなら1万以下でも、もっと効果を実感できる機種もあります。
ただし、それなりの効きの代わりにANC有効時の鼓膜への圧迫感はほとんど感じられませんでした。
以上、長文失礼しました。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年3月24日
電池の持つ、Bluetoothヘッドホンが欲しくて購入。
音質。隔たりのなく、癖のない音質。自分は割と好きですが、つまらないと思う人もいると思います。
装着感。厚みのあるイヤーパットと、オーバーイヤー型ということで、長時間つけていても、疲れない。
ノイズキャンセリング。微妙。全然効いていないという事でもないが、正直おまけ程度だとおもった。
バッテリー。圧倒的なバッテリーもちです。とても満足。
ノイズキャンセリング以外はとても満足のできる仕上がりだったのだが、ノイズキャンセリングは微妙。
ノイズキャンセリング目当てで買うことはお勧めできません。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月9日
ケーブルに縛られない音楽ライフを満喫してみたくなり散々迷った結果、機能重視でAptX対応のLogitec Bluetooth USBアダプタ コンパクト Ver4.0 Class1 LBT-UAN04C1BKと同時に購入しました。

プレイヤーはiPhone6(AAC)か、PC(Win10)でWin MediaPlayerかiTunes、VLC MediaPlayer(AptX)を使用しています。

【 PLANTRONICSのPC用サポートソフト 】
PLANTRONICSのHP →BackBeat PRO →ヘッドホン写真下のサポ-ト →利用可能なソフトウェア 
→MyHeadset Updater(Win/Mac) →Updater your headset →ヘッドホンとPCを付属ケーブルでUSB接続
→BackBeat PROを選択しGet Started →Download 実行 →同意 インストール →ヘッドホンバージョンUpdate

これでPCでのミュート音や通知音声の変更等のカスタムが行えるようになります。
英語が解らないっ!との子供の希望で、通知音声を日本語に変更しました。
しかし、Plantronics HubソフトがインストールされているとBluetooth USBアダプタが認識されなくなり使用できなくなります。
基本的なカスタムの終了後にアンインストールしてみたところ、アダプタは正常に動作するようになりました。
マメに使用する訳でもないため、必要になった時点で再入手する事としました。

【 iPhoneのアプリ 】
App Store →Plantronics Hubを入手 →ヘッドセットを選択 →BackBeat PROをチェック

電源の入っているヘッドホンが行方不明になった場合に、アプリでビ-プ音を鳴らして位置を判断したり使用方法を確認できます。
PLANTRONICS HPからダウンロードしたPDFの取扱説明書並みの内容で、手軽に操作方法等を確認できて便利ですよ。

【 PCソフト 】
プレーヤーとして使用している全て、ヘッドホンでの音楽停止や早送り巻き戻し曲の選択が可能な事が確認出来ました。
VLC MediaPlayerのみ早送り巻き戻し操作でたまに誤動作してしまい、操作を停止しても通常のスピードに戻らない事象が発生しましたが、逆の操作を行う事で回復する事を確認しています。

画面から離れても操作可能ですので大変便利に感じています。

【 ヘッドホン本体 】
外観や肌の触れる部分や操作系統にオモチャ感が無く、少し武骨な外観は大変気に入っている部分です。
操作ボタンの位置も適切で覚えやすい配置であると感じています。
細面な私的にはバンドの締め付けやパッド硬さが適当であり、長時間使用時しても痛みを感じる等の不快感はありません。
ヘッドホンのレビュ-なので、素直で癖のない音と報告させて頂きます。

【 最後に 】
内臓バッテリーとイヤ-パットの取り換えは構造的に不可能との情報を他のサイトで確認しておりますので、大切に扱って長く相棒としてお世話になりたいと考えています。
review image review image
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月4日
簡単多機能ヘッドフォン

イヤホンはSHUREを中心に多数、
ヘッドフォンはbeats studio wirelessとJabra REVOを使っています。
24時間再生可能というこの機種の宣伝文句に魅かれ購入、レビューします。

<良い点1>バッテリーの持ちが桁違いに長い。
SONYからこの機種以上にカタログスペックが高い機種が出ていますが、
他のブランドが大体一桁時間、長くても12時間ほどの再生可能時間に対し、
この機種は24時間。。。購入してから昼夜問わずiphoneとAndloidタブレット、PCなどに繋いでいますがバッテリーの持ちはいいですね!
バッテリー残量を声で教えてくれるのですが充電をを促されたことはなく、思いついたら充電しておくという感じです。
充電切れの心配をしないでとても安心して使えます。
(ちなみに充電が切れても付属のケーブルで有線接続すれば使用できます…その際NC機能は使えません)

<良い点2>すさまじく多機能…しかも操作も直観的ですぐに慣れる。
Bluetooth接続、NFC、マルチポイント、ノイズキャンセリング機能など、主流の機能はもちろんのこと、
ノイズキャンセリングしている時にボタン一つで内蔵マイクを介し周囲の音が聞ける…しかもその感度(音量)を調節できる。
その際、周囲のボリュームと再生中の音楽のボリュームは別扱い。
マイクの感度を最大にしても、マイクを切った際にはもとの音量で音楽が鳴る。
音楽再生中にヘッドフォンを耳から離すと、音楽が一時停止する。
PCで動画を見ている時でも一時停止...再生するプレーヤーによるかも(当方GOM Player)。
なお、センサーは左側のカップについている模様。
右側だけを耳から離しても一時停止しないが、左耳をわずかに離しただけで止まる。
外した状態から再び装着し直すと、フェイドインで音楽が再びなり始めるところもGood。
ちなみに有線接続の場合、メインスイッチを切っていれば耳から話しても音はなり続ける。
メインスイッチを入れていれば、耳から話したら音は鳴らないが一時停止はしない。
音量調節、再生開始や停止、曲送りや頭出し、着信応答などを左右のボタンやダイヤルにうまく組み入れ、直観的に操作できる。
有線接続の場合、コードのスイッチで音量調節、選曲ができる。
その際、左カップの選曲スイッチは電源オンオフに関わらず全て無効になる。
右カップの音量調節は、電源オンの状態に限り有効となる。
通話に関しても問題なし…相手にもはっきりとこちらの声が伝わっているようですし、聞き取りも良好です。
マルチポイントの設定もとても簡単。
一度設定すると電源オンしただけで2台とも勝手に繋がります。
(もちろんデバイス側のBluetoothもONにしてあることが条件ですが…)
マルチポイントの設定も含めて、ペアリングは右側カップを長押し。
一台繋がっている状態でデバイス側のBluetoothをONにして右側を長押しすると二台目を繋ぐ状態になる。
もちろんスマホ、ガラケー、タブレット端末、PCなどBluetooth端末であればどんな組み合わせでもOK。
なお、音楽が鳴っていない状態からヘッドフォンの再生ボタンを押すと、
一台目の端末の音楽が鳴る…二台目を聴きたければデバイス側で操作し、あとはヘッドフォン側から操作できる。
着信はどちらからのであっても平等に受ける…その際、音楽は一時停止する。
とにかくこの価格でこれだけの機能をスマートかつ簡単にこなせる機種はなかなかないですね。

<良い点3>見た目が無骨で格好いい。
ビジュアルに関しては賛否両論あると思います。
着け心地はとてもいいのですが実際、ごついですし若干重い。
色も黒でまとめてあって決しておしゃれではない。
beatsやハーマン、ゼンハイザーなどのようにオシャレアイテムにはなりませんね。
見た目高級感もありますし、私的にはとても気に入っていますが。

<良い点4>付属ケーブルが頑丈で秀逸。
この機種の最大の利点、Bluetooth接続ですが、有線接続での音もとても良いです。
リモコンはiOS専用のようで、Andloidでは使えないようです。
色も渋い紫で格好いいです。

<良い点5>Bluetoothの受信範囲が広い。
Class1対応ということで、やはり他の機種に比べて受信する範囲が広いです。
部屋を出て少し離れたトイレくらいでは途切れません。
(もちろんドデカいお屋敷の端から端じゃ届かないでしょうが…)
選曲の際の音切れもありません…受信状況も安定しています。

<良い点6>コストパフォーマンスがいい。
これだけの機能、ビジュアルで3万円前後…いいんじゃないですか!

<悪い点1>音質がおとなしすぎる。
音質に関しては本当に好みの問題なので一概には言えませんが、
私的にはおとなしすぎる印象です。
中高音域は伸びも広がりもそこそこあり、綺麗に聞こえます。
しかし低音域に関しては残念…中高音域の質感に対してチープな印象です。
こもる、というか、迫力不足、というか。
これはNCをOFFにするといくらかマシになりますし、有線でもかなり良くなります。
しかし音質は慣れですし、多機能さがカバーしてくれていますので今のところは妥協できています。

<悪い点2>中折れタイプではない。
イヤーカップが左右それぞれ内側に90度回転するタイプです。
首にかける際にはとても有効ですが、個人的には中折れタイプの方が好きです。
収納場所も取りませんし、慣れてますので…

<総評>
発売発表の記事を読み、即予約購入。
実際に手にしてみて、予想以上の多機能さ、操作性の簡単さに驚愕。
今じゃとても気に入っています。
音質は…慣れですね…周囲の人に聞いてもらったら「いい音じゃん」とのことでしたので、
これだけは好みの違い、人それぞれですので参考にならないかもしれません。
PCを経由しネットで様々な設定ができるのも魅力です。
機種の様々な現状や状態を音声で知らせてくれるのですが、その言語も選べます。
一度日本語にしましたが、どうも間の抜けた感が否めないので英語(US)にしました。
ちなみにデフォルトは英語(UK)です…こっちのほうが聞き取りやすいかも。

以上、長々と失礼しました。
0コメント| 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年9月16日
今年の1月に購入して、結構機能的には気に入ってたんですが、先日イヤーパッドの接合部から剥がれて中のスポンジが見える状態になりました。
交換のパッドもなく7か月でこれではちょっと残念です。
review image
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月28日
当たり外れが激しい代物です、音は素晴らしいのですが、用語設定を変えようとダウンロードしてる最中に動かなくなり代理店に問い合わせし新品と交換してくれましたが、これがまたハズレでしてノイズキャンセリングのスイッチを入れるとピーピーと雑音が入り音楽も聞けなくなりました。もう二度とこのメーカーは買いません。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月1日
こんにちは。

Back Beat Proを購入して少し時間が経過したので、レビューを書きたいと思います。機能面については他の方も書かれてるので、気に入ってるところ以外は省きます。

音質
プレイヤーがiPhone なので、コーデックはAACです。
クセが無いナチュラルな音です。若干中音域弱いです。私はこれを買うのにかなり迷いましたが、元レコーディングエンジニアの友人がこれを使ってると知り、購入しました。購入後、妻のソニーの普及機帯モデルと比べましたが音はこのモデルの方が全然良いです。でも、逆を言うと聞き比べ無いとわからない音質です。

良いと思います。AptXだったらもう少し良いのでしょうか?AptX Low Latencyについては試して無いのでコメント出来ないです。

ノイズキャンセル
友人のB社のインイヤータイプと比べると弱いです。電車の中で、録音されたアナウンスはB社のはノイズキャンセルを解除しないとアナウンスは聞き取れません。Back Beat Proは聞き取れます。発音が良い状態で録音されているからでしょうか。でも、車掌さんのアナウンスはキャンセラーを解除しないと聞き取れません。B
社の場合は、キャンセルしないと両方ほぼ聞き取れません。何か言ってると気づいて解除しないと遅刻します。ちなみに音質はこちらの方がB社と比べてこちらの方が好きです。

操作
ほぼ全ての操作をiPhoneを触らずに出来るのが良いですね。電話応答。次の曲への先送りとその逆。ボリューム調整。通話時のミュートのオンオフ。ノイズキャンセルのオンオフ。これらが全てヘッドホンでできます。iPhoneを触る必要があるのは、再生されてる曲の戻ると先送りを何秒するかのみです。

便利なシーン
最近は、プライベートのスマホと、会社から持たされているスマホの2台持ちの方が多いと思います。会社スマホに曲入れませんよね?でも仕事中は会社スマホに連絡来ますよね?このモデルは、2つのソースと同時接続できます。つまり、移動中にプライベートスマホで音楽を楽しみつつ、会社スマホに連絡が入ったら、シームレスに切り替えて通話も出来るのが良いと思います。
というか、切り替えるというプロセスありません。両方に繋がっていて自動で切り替えられるので。

Bluetoothの接続について
ここでは、接続を確保した後の音切れについて触れます。駅、モールなどの2.4G無線が飛びまくっている所ではたまに音切れします。これはもう少し実験したいと思います。

参考になれば幸いです。

その後、オンにした直後に電源オフになる現象が発生しました。または起動しないとか。

同時にイヤーパッドが購入してたった6ヶ月で敗れたので星を減点します。

その後、購入後1年以内ということで、交換品が届きました。迅速対応ありがとうございます。星を4に戻します。

一点追加。この会社はヘッドセットも有名なので、通話マイクの会話品質も高いと思います。電話会議もバッチリです。海外との電話会議で、隣で話している同僚の声が時間差で聴こえる事もほぼ無いです。余計な音もあまり拾いません。駅で通話しても、あまり気づかれません。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月21日
非常に高機能でいい意味で価格相応です。

ヘッドホンを外せば自動的に音が止んだり、ボタン一つで周りの音を聞けたり便利です。
そしてコントローラー付きでiPhoneやandroidでも使用出来ます。
充電しながら使える所もありがたいです。

マグネットケーブルと組み合わせれば怠惰な生活を快適にしてくれます。
review image
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月16日
アメリカのアマゾンのレビューを参考にして試さずに購入しました。ブルートゥースの使い勝手とボリューム、スキップ、電話着信がヘッドフォンから出来るので便利です。音質は良い音質の部類に入るのか思います。BOSEのクワイエットコンフォートも検討しましたが軽くできているせいか安く見えるのでこちらにしました。結果的に購入をして満足です。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年12月29日
音質はノイズキャンセルをONにしたほうが、音の厚みが出て自分の好みでしたが、バランスの取れた偏りのない音質という感想です。
機能面ではスイッチひとつで外部の音を取り入れるモードに切り替えられたり、多機能なワイヤレスNCヘッドフォンという印象。
一方で若干自分は耳が大きいせいもあり、イヤーパッドの厚さが足りず、1時間ほど装着していると耳の端が振動板に当たって痛くなってしまいます。
また、バッテリー自体の持ちはまずまずだと思いますが、気のせいか自然放電が早い気がします。満充電にした状態で数日間放っておくと、電源が入らない状態になっていて、使わなくても定期的な充電が必要です。あと、充電端子の差し込みがキツく、マグネット式の端子を別途装着して工夫して使っています。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)