Androidアプリストア Amazonファミリー 新生活におすすめの本 Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard nav_flyout_biss CPplus2017 ファッション Fire HD 8 Fire TV stick ホワイトデーギフト特集 2017 年末年始ダイエット特集 猫の日ウィーク猫用品タイムセール Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア バチェラー・ジャパン

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
35
5つ星のうち4.3
形式: LP Record|変更
価格:¥3,445+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

ベスト500レビュアー2015年1月13日
イギリス出身のDJ・ライター・プロデューサーとして幅広く活躍するマーク・ロンソンの4作目。
私は恥ずかしながら ''Uptown funk''(UK,USチャート1位)で初めて彼を知りました。フィーチャーしているブルーノ・マーズとバンドの魅力が素晴らしいトラックなので、他の曲はどうなんだろう?と聴いてました。
アマゾンのトラックリストはフィーチャーアーティストの記載がないので、改めて書いておきます。

01 Uptown's First Finale featuring Stevie Wonder & Andrew Wyatt
02 Summer Breaking featuring Kevin Parker
03 Feel Right featuring Mystikal
04 Uptown Funk featuring Bruno Mars
05 I Can't Lose featuring Keyone Starr
06 Daffodils featuring Kevin Parker
07 Crack in the Pearl featuring Andrew Wyatt
08 In Case of Fire featuring Jeff Bhasker
09 Leaving Los Feliz featuring Kevin Parker
10 Heavy and Rolling featuring Andrew Wyatt
11 Crack in the Pearl, Pt. II featuring Stevie Wonder & Jeff Bhasker

#3のミスティカルがここまで歌えるラッパーだとは知らず驚き。3曲でフィーチャーされたオーストラリア出身のミュージシャン ケヴィン・パーカーは柔らかく浮遊感のあるボーカルが印象的で、エレクトロの中にギターサウンドが光る#6もおすすめです。
ファンク、ソウル、エレクトロなど多くのジャンルが融合し、ラストまでさまざまな味が楽しめる作品です。
2コメント2件| 126人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月21日
エイミー・ワインハウス " Back To Black " でのレトロ・ソウル 、ザ・ライク " Release Me "
で60'sポップ、そして自らの前作 " Record Collection " ではボーイ・ジョージまで引っぱり
出しての80‘sポップ讃歌と、変幻自在の「オレ流トレンド」で意表をついてくるロンソン兄!

膨大な音楽知識と審美眼で「今の気分」を掘り出してくるそのやり口は、まさにトップDJ
ならではですが、今回のテーマは70-80'sソウル!

" Up Town Funk " でのミネアポリス・ファンクに始まり、Mystikal の " Feel Right " は
もろにジェームス・ブラウン!ロンソンが「若き日のチャカ・カーン」と評する新進シンガー、
キヨン・スターの " I Can't Lose " はルーファス? 
" Crack In The Pearl " は、スティーヴィー3部作の曲って言われても信じちゃいそう!

ロンソン兄いわく「サンプリングとはパクリではない。曲の中に身を置き、自らその物語の
続きを語ることだ」(カッコいい!)

当代きっての音楽狂が、全ての音楽ファンに向けて語る「終わらない物語」。 最高です。
0コメント| 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月18日
前回のアルバムもそうでしたが、バラエティーに富んでいます。この辺は、本人が演奏やボーカルをとらないコラボアルバムならではですね。聴き込む程に良さが伝わってきます。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月25日
4曲目が、
フィギュアスケートの曲にあったものだと思い購入してみました。
独特なリズムの曲ばかりでしたが全体的に楽しめました。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月20日
FMラジオから流れてきたUPTOWN FUNKを聞いて、このアルバムを即予約しました。
他の方のレビューにもあるようにこの曲が突出しているように感じますが、マークロンソンの才能がちりばめられたアルバムです。

輸入盤のため、日本語の解説・訳詞などはありません。
iTunesやXアプリへの取り込みは問題なくスムーズでした。

『杉山清隆とオメガトライブ』『安室奈美恵とスーパーモンキーズ』は最初に出てきた名前の方がボーカルですが
『マークロンソン フィーチャリング ブルーノマーズ』というと
ブルーノマーズが歌っていてマークロンソンが制作側です。
 ってみんな知ってますよね…

UPTOWN FUNKのミュージックビデオもチョーCOOLですが、CDで聞くと細かい音作りがしてあって新たな楽しみができます。
0コメント| 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月31日
Uptown Funk が聴きたくて買ったけど他も良かった。
久しぶりにアルバム買ったw
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月19日
何はともあれUptown Funk。
この曲のデキが抜きんでてます。他の曲との差がありすぎてちと残念。でも、この曲ホントに最高!ビデオやパフォーマンス動画も含めて何度も何度も聞いてしまう。子供の頃に憧れたアメリカはこんな感じ...それをマーク・ロンソンやブルーノ・マーズが作ってるのも凄く感動的。彼らが好きだったアメリカなんでしょうね。
ダフト・パンクも憧れだらけの気合の入った曲出してて、あれも凄く好きだったけど、こっちの方がビジュアル面も含めてバッチリ!ブルーノと取り巻き達が80年代のアメリカ映画から飛び出してきたみたいでかっこいい。
アルバムとしてはFeel RightとLeaving Los Felizが良かったです。後半徐々にアダルティーになっていくのが好みの分かれるところですかね。
0コメント| 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年1月8日
皆さんが仰っているように、"Uptown Funk"の出来が頭一つ抜きん出ているのは否めません。

でもアルバム全体として、テーマである70~80年代のファンクを徹底的に追及しているのは非常に好感が持てます。

まさかMystikalの声がここまでJBに聞こえるとは思いもしませんでした。"Shake It Fast"の時はガナリ声に聞こえてましたが、こうもファンキーになるとは。これは嬉しい誤算でした。

それと、皆さん触れられてないので書いておきますが"I Can't Lose"のメロ、どっかで聴いたことあるなーと思ったら、Snoop Doggの"Ain't No Fun"のあのメロでした。Taxidoといいこの曲といい、やっぱあのNate Doggのメロディーの良さが際立ちます。

Daft Punkもこのアルバムも、表面的なサウンドは違えど70~80年代を絶妙に今様にアップデートするセンスの良さに脱帽です。

第二の"Uptown Funk"は期待せず、白人が作った黒い音を純粋に楽しんでみてはどうでしょうか。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月26日
テレビの番組で、大竹しのぶさんのお気に入りと言うことで流されていたのを即チェックして購入しました。いいですねぇ!!
気分が上がります(^^)v
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年12月3日
懐かしいテンポで、私たちの年代の方には、楽しんで頂ける曲で、
とても気にいってます。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥1,536
¥1,338
¥2,980

カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック