Androidアプリストア おもちゃ 157回芥川賞直木賞 Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV stick 福島県フェア 暑さ対策アイテム特集 オーダーチェアストア Kindle Amazon MP3 マリンスポーツ フェイス サイバー犯罪特捜班



レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2017年4月16日
高音から低音まで全域でよく鳴ってます。音に厚みがあり買ってよかった。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2017年1月7日
店頭陳列販売では後継機『HA-FW01』に置き換わってしまいましたが、
激しく旧型のこちら『FX1100』をお勧めします。
名機の後継機は、必ずしも名機になる・・・とは限りません。
『FW01』を批判しているわけではありません。
ただ、高く評価されてきた『濃厚なウッドらしさ』が変化しています。

『FX1100』の方がウッドイヤフォン特有の暖かみのある濃厚な音質です。
新型の『FW01』は、旧型のレビューに多かった『低音多め』が減少方向に調整されています。
その分、高域が浮き出てきた感じで上へのクリア感は増していますが、
対照的に評価されてきた中低音域の深みと広がりは減少傾向になっています。

『FX1100』はハウジングやドライバーをはじめ、木製部品がたくさん組み込まれています。
その木製部品により低域に沈み込む自然な深みや音場を再現しています(名機と評される特徴です)
対して『新型のFW01』はハウジングとドライバー以外の木製部品を金属部品に変更したり
振動板の木膜の厚みを薄型化して、低域の深みや量感を抑え、旧型を越える高域を再現しています。

ウッド系の暖かみのある濃厚な音質が評価された『FX1100』より
様々な木製部品を金属化し、ドライバーユニットを薄くして
ウッド系の深みや暖かみを抑えてでも
高域のクリア感や高解像度を優先させた『FW01』は、
個人的に『ウッド系のトップモデル』と冠するには疑問に感じました。
数回の試聴(合計で60分以上)で、熟慮した結果、新型への買い替えをしませんでした。
※決して『FW01』を批判しているわけではありません、
 『FX1100』ウッド特化型の後継機ではない別のハイレゾ機種として考えれば、
  とても素晴らしい音域バランス重視の機種です。

木製部品をたくさん組み込んだこの『HA-FX1100』は、低音の深いウッド系音質の最高位機種です。
安易に新型を購入する前に、この価格で『FX1100』の新品が買える今なら
こちらも検討してみてはいかがでしょうか・・・
いずれ新品が希少となればプレミア価格が付き、新型の価格を越える日が来ると思います。
40種類を越えるイヤフォンを所持している中でもお気に入りトップ3に入る機種です。

【FX1100の音質が特に好きな方へ】
このイヤフォンの音質がお好きな方へお勧めしたいヘッドホンは、同じJVCの【HP-DX1000】です。
イヤフォンとヘッドホンの違いはありますが、音質傾向が似ています。
【FX1100】に似た深い音の広がりと響き、至高のアナログ的音質に魅了されると思います。
0コメント| 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年12月15日
聴くのが楽しくなる、聴いていて心地いいイヤホンです。
手放せなくなります。予備でもう一台購入したい!

追記
しばらくxperiaで聴いていたのですが、xperiaの出すノイズに耐えられなくなり、ウォークマンA30シリーズを購入。相性悪くないです。このイヤホンの素晴らしさがさらに引き出されます。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年7月19日
JVCお得意の超低域はもちろん高域までイヤホンでこういう音が出せるのですね。オーディオシステムを数十万円台から数百万円台までランクアップさせたような感覚です。もっとも近いところでゼンハイザーのHD-800を凌駕するとはいいませんが、すぐ隣まで来ています。極めてスムーズでナチュラルな表現です。
review image review image
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月30日
HA-FX750も持っておりさらにいい音質を求めて購入しました。
まず、全体的に迫力や臨場感というものが比べ物にならないくらい素晴らしかったです

開封直後は低音ぼわつき高音は全然伸びのない音でしたが10時間ほどすると、とてもクリアで素晴らしい音を奏でてくれるようになりました。

目を閉じればまるで本当に眼の前で演奏されているようです
低音が強く高音が聞こえづらい場合はイコライザーなどを使って自分好みの音にすればさらに良いイヤフォンとなります。

WOODシリーズが好きな方はには是非おすすめします。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2017年3月16日
他の方のレビューを見ると、クラシックやジャズに合っていると言うコメントを多く見かけるような気がします。私は、ロックのしかもハードロック/ヘビーメタルを聴くので、このイヤホンの音の特性がこのジャンルに合うのかとても心配でしたが、取り越し苦労でした。まったくもって問題ないです。今までは、SHURE SE215 を使っていたのですが、これよりも音がクリアに聞こえて、尚且つ、低音も高音もよく出ていると思います(イコライザーをかけていますが)。いろいろな楽器がより鮮明に聞こえて、それでいて重厚さが表現されていて、ロックにも十分にマッチしています。SHUREがロック向きなイヤホンを作っている気がするので、メーカーによって得意なジャンルがあるものかと思っていました。クラシックもジャズもロックもいい音で聞けるイヤホンなんて、なかなかないのではないでしょうか。オールラウンドなイヤホンだと思います。
唯一つ欠点は、僅かに音漏れすることです。遮音性が高ければ、完璧なんですが・・・
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月24日
プレイヤーはAKjr、ケーブルはlabkableのsilver(ブラック)、イヤピはコンプライのtシリーズを使用しています。前に使っていたse215speがイカれたので今度はもっといいものにしようと思い、試聴したうえで一目惚れして購入に至りました。解像度が高く、低音もしっかり出ているにもかかわらず低音の強いイヤホンにありがちな中高音域が埋もれることなくどの音域の音も綺麗に聞こえます。jvcの最上位機種でありながらお手頃な価格で手に入るのも魅力の一つです。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年5月27日
約50時間ほどエージングしました。
エージング前とは明らかに変わりますので、最初の状態の音でガッカリしないでください。
このイヤホンで聴くアコースティックギターの音が特に好きです。
大きく重くて落ちそうというレビューもありますが、イヤーピースをジャストフィットするものにすれば解消されるかと思います。
個人的に新型のデザイン(ゴールド部分にメーカーロゴあり)が好みではないので、こちらにしました。
3万円以下で耳が幸せになります。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年2月7日
購入後、3か月ほど経ったので、個人的な感想を・・・

SONY XBA-A3を使っていましたが、クラシックを聴くために購入。

素材が木である為か、音が生々しい。
ウォークマンA10シリーズの直挿しですが、イコライザーを切っていても、
十分な低音が響き、XBA-A3よりも奥行きがある。

クラシック以外にもヘヴィーメタルなんかも聴きますが、違和感なく聞けます。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月19日
長文、お許し下さい。

商用で大阪に行った折、帰りの新幹線まで時間があり、日本橋にある
某有名専門店へイヤピースを購入する為、立ち寄りました。目的の品
も入手出来、S社製のハイブリットや、A・T社製ツインドライバー等
試聴させてもらい、商品の存在は知っているものの、興味の無かった
HA-FX1100を試させて戴きました。暫しの間、試聴し、もう、見事に
一目惚れ。価格が価格だけに、一ケ月の間、苦悶・自答の日々を越え
アマゾンさんにて、購入に至りました。

運用時間が200時間を超え、安定してきましたので、レビューさせて
頂きます。お伝えしたい事は、以下の3点。
  1.イヤホンの概念が破壊される、”音場”の広さ。
    左右・前後・上下に広がる音場は、オーバーヘッド型
    のヘッドホンでは経験がありますが、カナルタイプは
    過去、経験した事の無い、広大さ。見通しの良い音場
    のセンターにキッチリ決まるボーカル、楽器の距離感
    が正確・緻密に感じ取れる様子は、イヤホンの概念を
    根底から変えさせられます。
  2.入力された音楽を彩る、”表現力”の豊かさ。
    1.の、音場の広大さがあるがゆえ、高音域・低音域に
    嫌味・雑味を感じさせません。キッチリと”躾”された
    マナーの良い、高音域・低音域が、微細な楽器の音色
    をマスキングすること無く、聞き手に伝えます。
    例えばドラムの”テンション”を想像させたり、シンセ
    の無機質な音に”表情”を与え、アコギの弦・胴の響き
    (倍音)に至るまで、緻密・繊細に表現します。
    よって、ボーカルは”生々しい”という言葉では、到底
    表現できず、ボーカリストの声を発する”技術”さえも
    さらけ出す様に表現します。それはもう「赤裸々」に。
  3.シビアなイヤピースの”好き嫌い”
    私自身は付属品シリコンのMSサイズが適正でしたが
    同Mサイズを選択すると、低音域が強調された音色に
    同Lサイズでは、全音域が”くすんだ”印象になり
    同Sサイズを選ぶと、低音域が10%低下した音色に。
    オーテク社製のER-CK50・Mサイズを装着すると
    低音域が20%アップするも、高音域にニゴリや
    くすみが出て、納得できない音色に。
    様々なイヤピースを付け、確認する作業は、まだ途中
    ですが、今までに使用した、どのイヤホンよりも明確
    に、あからさまに、変化を聞き手に伝えます。

本製品を見た方は、その大きさ・重さから、とても気軽に使用できる
物では無い、と感じられると思いますが、逆に、”音”に、こだわって
仕様を決めたら、図らずも、こうなってしまった・・・他社では商品
企画としてあり得ないのなら、自らの手で・・・という、愚直さを
この商品から感じ取ることが出来ました。そんな心意気に”一目惚れ”
音楽を聴く”お伴”としました。万人に、総じて”お勧め”できる商品
ではありませんが、手にした者のみが味わえる「上質さ」が、この
商品には、息づいています。

読んで下さった方の、御参考になれば、幸いです。
最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました。
4コメント4件| 295人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)