Androidアプリストア Amazonファミリー 風間杜夫の朗読でハリー・ポッターシリーズ Amazon Cloud Drive nav_flyout_lp Amazon MasterCard Wintertire さあ、楽器をはじめよう ファッションセール Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick バレンタイン特集 2017 年末年始ダイエット特集 降雪対策グッズ特集 Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア ドキュメンタル

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
12
5つ星のうち4.5
星5つ
7
星4つ
4
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
形式: Kindle版|変更
価格:¥454
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2010年1月2日
図解と説明がわかりやすい。
写真も綺麗で、お肉選びにも参考になると思います。
こんなに種類があったとは!!
「焼肉手帳」と言えば、牛肉メインで、他はせいぜい豚肉くらいかなぁ?
と思いきや、鶏肉、馬肉、合鴨も載っています。
牛肉の「はらみ」ってホルモンだったんだ!!
など、見れば見るほど勉強になります。
目からウロコの小さいけれど、消費者には必要十二分な内容だと思います。
ウンチクにも小ネタにも。
すばらしい出来だとおもいます。
老若男女を問わず、一家に一冊あると良いと思います。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年12月23日
---内容紹介---

牛や豚だけではなく、牛・豚・馬・鶏・合鴨の5種類について扱われています。
本書のメインを構成するのは、焼肉店での品名(例えば、みすじや骨付きカルビ)ごとに分類して写真と説明を載せたページです。それらのページでは、名称ごとに、

・生肉(下ゆでされたものもある)が黒茶色の皿に盛られた色鮮やかな写真
・説明文
・その品が相当する各動物の部位の図示
・別称・値段の目安・希少度(値段と希少度に関しては5つ星のうち星いくつかで表示)

が表示されています。

また、各動物に関して、「牛の基礎知識」や「豚の基礎知識」といった基礎知識の項目があり、大まかな部位の分類、格付け方法、肉用とされる品種などが紹介されています。他には、終わり近くには焼肉店のサブメニュー字典(カタカナで書かれた韓国語メニューの内容を文章で紹介)と撮影協力店の紹介もあります。

---感想---

みすじ、リードヴォー(仔牛の胸腺)など食肉の部位に関して勉強になりました。内容としては、皿に盛りつけられ、あとはただ焼くばかり、という肉の写真が主役のように感じました。

ただ、それぞれの肉がどの部位から取ったものなのかが、いまひとつ分かりにくかったです。牛や豚を側面からみた模式図のようなものがあり、それに色を塗ることで品名と動物の部位との対応が示されており、大まかな位置の見当はつけられます。ですが、図が平面的で内部構造がつかみにくく、解剖学的情報が不足していたように感じました。例えば、リードヴォーの項目では、切り分けられた胸腺が皿に盛られていますが、それでは胸腺全体の形、ほかの臓器に対してどのような位置関係にあるのか、などが分かりません。個人的には焼肉店で皿に盛りつける前に処理される過程での部分部分の写真を掲載するなどしてもっと解剖学的情報を充実させてほしかったです。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年9月3日
肉の部位を確認する書物としての機能はあらかじめ予想していたよりも素晴らしかったのだが、何よりも深い感動は、肉の写真一枚一枚が私の青春時代から現代までの人生の記憶をを上質な彩を加えて蘇らせてくれた事だ。

ギアラ、センマイ、ハツ、ミノ そして、ハラミ。

彼らは、私のモノクロだった人生をセピア色に昇華させてくれた大切な友人たち。
そんな彼たちの仕込みに隠された工夫。
そんなドラマがあったなんて。

今夜は、彼らに会いに行かなくては。
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年1月13日
肉は大好き!けれど焼肉店に入ったことがほとんどない私としては非常にためになる一冊でした。
牛・豚・鳥・鴨・馬と焼肉店や焼鳥店で見かけるメジャーな肉は網羅しており、部位ごとに写真や味の解説など事細かに掲載されています。ページデザインが秀逸なので情報量が多いわりに読みにくくない。焼肉店のメニューを見て「これはどんな肉なんだろう?どんな味なんだろう?」と名前からイメージが湧かず困った時に本書をパラッと開くといいかもしれません。
全ページフルカラーで参考写真は生肉の状態ですが見ているだけで食欲がそそられます。巻末にはカクテキやサムゲタンなど焼肉店のサイドメニューの解説も簡単にされているので焼肉店に行く際には欠かせないアイテムになりそう。稀少度の高いマイナーな肉も載っているので焼肉玄人の方にもおすすめ。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年6月9日
まず、この本はサイズ、質感、そういったものに優れています。
そして、写真と名称がわかりやすく、脳内で簡単にリンクします。

一ページにひとつという構成も、必要最低限のデータも、
こういった切り口があったのか!という感じで、まさに焼肉のための手帳でした。

すし手帳を買って良かったのでこちらも購入しましたが、
このシリーズは非常に良くできていて他も買い揃えようと思っています。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年6月22日
焼き肉屋に持っていきたいけど、実際に持っていったら興ざめは確実。焼き肉屋に常備してくれたらいいのに。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
肉を食うということはどういううことか。
動物の肉体を食うのだということが,よくわかる。
感謝せねば。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月6日
部位についての説明が多く、ちょっと期待はずれでした。
イタリアン手帳が良かっただけに残念
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月2日
まったくかさばりませんし、見た目も遠目には手帳にしか見えません。
店で開いても全く違和感はありません。
写真も綺麗にのっています。ワイワイと楽しめる本、お勧めします。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月18日
どの部位を食べているのかがよくわかる。
牛、豚、鳥と網羅されているので、うんちく好きにもお奨め!
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています


カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック