Androidアプリストア Amazonファミリー 風間杜夫の朗読でハリー・ポッターシリーズ Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Bargain 2016winter ファッションセール Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick バレンタイン特集 2017 年末年始ダイエット特集 大型家具・家電おまかせサービス Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア ドキュメンタル

お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2012年5月19日
掲載誌であった「スーパージャンプ」の廃刊に伴い、連載作品の多くが打ち切り終了となった中で、掲載雑誌を移籍しての続編刊行となった。

その煽りで物語上、フリーの仕立て屋であった悠がマルコとセルジュの弟子2人を加えて工房を立ち上げて独立。
一国一城の主感が強くなってきました。

さらに物語に華を添えるのがジラソーレ社の面々。
この作品、初期のハードボイルド的な雰囲気から、ジラソーレ社の女性陣が多数登場するようになってから面白くなって長期連載に繋がった。

特にラウラの登場時のクールキャラ→いじられキャラへのチェンジはお見事!
悠との恋に目覚める・・・・のか?今後に期待!
0コメント| 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年5月20日
服装に興味は無いくせに、ずいぶん昔から楽しんでました。

この漫画、服飾の薀蓄が素材ですが、面白さは其処ではなく、
主人公織部悠の顧客の人生に対する洞察と、
その洞察から引き出される最善解を薀蓄と技術で実現して顧客に提供し、
顧客の人生を輝かせる部分にあると思ってます。

今回の見所は、引退したパイロットへの服の贈り物のお話。
引退で気落ちしたお客さんの意欲を、架空の注文でっち上げてまで引き出すくだりは必見です。
こういう、人を幸せにする嘘は見ていて気持ちいい。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月11日
ご存知の方も多いと思いますが、服(召し物)をテーマに置いた漫画です。
ナポリをメインにいろんな場所で仕立て服で解決していくという専門職漫画です。
前作は20巻前後読見ました。
話のテンポも面白いしウンチクも楽しいのですが、正直主人公のスーパーマンぶりの流れが
少し肩が凝り、途中で読むのをやめました。

タイトルも変わり、期間限定無料で読みましたが面白かったです。
キレイな服じゃないといけないというわけではないのですが、たまのオシャレもいいと思いますよw
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年5月30日
当然ながら前作を読んでいればなお楽しいのですが、まずはこちらの一巻だけ、という方にも楽しめる一冊です。

簡単に背景を説明すると下記。服に興味がなくても読み物としても十分面白いです。(まあ大人向けでしょうね・・・)
・イタリアのナポリ流紳士服の名職人に弟子入り、独立した日本人仕立て屋のお話し
・服に関するうんちく豊富
・男の生き様に関する内容豊富
・雑学ネタ豊富
・海外(特にイタリア)の文化がよくわかる
・うんちく(知識)とストーリーを絡めて面白い読み物にする絶妙の作風(ホントに面白いです)

読み進めていけば(前シリーズもですが)服に対する見方が変わります。自分で服も仕立てたいなんて要求も出てきます。
ただおっさんネタや独特のノリがあるので、それを楽しめるかどうかでちょっと評価は変わるかも?(自分は大スキ)

これを読んで気に入ったら旧シリーズ(王様の仕立て屋 サルト・フィニート 全32巻)も是非。
ちなみに旧シリーズの一巻は別のマンガかと思うくらい主人公(織部さん)がカッコイイです。途中からかなり丸くなってますw
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年11月25日
いつの間にか新装していたこのシリーズ。
スーツに少しばかりの興味はあるが、そうは言ってもオーダーでなく、
既製服で済ましている自分。

今回の客である日本人サラリーマンもそういった服に無頓着
(昔のオーダ服をそのまま来ている)なわけで、
そこをちょっとだけ自分に重ねて読むことができた。
(この客のようにエリート商社マンでもなければ左遷されたわけでもないけど)
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年6月17日
 織部悠、ついに自分の店舗開店です。
 
 勤務先で、就職活動を始める3,4年生のリクルートファッションが、年々紳士服とはとても呼べないような代物を着てくるのを見てきたので、この作品を読んで目から鱗が落ちるような気持ちです。

 いつも訳あり、一癖あるお客を相手に、服以上の満足を届ける悠の炯眼。訪ねてきた客が着ている服や鞄を見ただけで、その客が本当に求めているのは何かを見抜き、仕立てた服で客に心地よさを与えるストーリーを、これだけ続けられる大河原先生に脱帽です。

 前作を呼んでなくても楽しめる新作ですし、大河原先生がつけるサブタイトルは、童話や映画、アニメや落語、文学や歴史の名場面など、わかる人にだけわかるタイトルをつけるセンスも気に入っています。

 『王様の仕立て屋』を読んで、ストーリーと絡めて紳士服の奥深さが旨く表現されていて、周囲の男性のスーツ姿をついチェックしてしまいます。パターンオーダーのスーツすら着ている人がほとんどいないのには驚きます。

 不況のせいか、婦人服のスーツは、売っている店は少なくなるは、生地は悪いは、仕立ては悪いは、着心地は悪いはが年々ひどくなっています。

 この本を読んで、男性がもっと紳士服に気を遣うようになってくれれば、婦人物もいい生地・いい仕立ての商品に関心が戻るでしょう。

 『王様の仕立て屋』を楽しむ人がもっと増えて、いい仕立ての服の良さを求める人が増えて欲しいです。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
絵柄もノリもライトコメディなので、そのつもりで購入するのが良いと思います。スーツの話も順次出てきますが、これも職人気質な堅い話でなく、軽く当たる感じ。登場人物のボケや突っ込みはややギャグ漫画よりですので、あまり感情移入して読むタイプではありません。ナポリが舞台で、そうした地元の話も出てきますが、人がやはりギャグ調で動くので、あんまりナポリという感じもありません。絵柄はやや線太で大味、雰囲気は悪くないし、読みやすいです。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年9月22日
王様の仕立屋がついに店を構えて物語がスタート。前回の王様の仕立屋を第一章とすると第二章的な感じでしょうか?話が大幅に変わるわけではなくいつもの調子で話が進むので安心の安定感
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)