Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Importsale ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 出前半額キャンペーン 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
139
5つ星のうち4.6
形式: LP Record|変更
価格:¥3,480+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年3月17日
購入を検討されている方へ。

私がこのアルバムを聴いたとき、"恒久"とか"普遍"という言葉を思いました。
それはこれは"David Bowie"のニューアルバムだと感じたからです。
今、ロックの殿堂入りしたアーティストのリバイバルは多いですが、
同窓会色が強かったり、現代的を意識過ぎて若づくりなものが多かったりしますが、
このアルバムは、David bowieが作った斬新なニューアルバムです。

そして、歌詞も非常に奥行きの深いものです。
アイロニックで叙情的な歌詞と生気あふれる曲調。
David bowie オフィシャルHPには
「デヴィッドは自分がやりたい時にやりたいように曲を書き、
 デフォーマンスするアーティストであり、売りたいものがある時ではなく、
 伝えたいことがある時に活動します。
 今日の彼には、間違いなく伝えたいことがあるのです。」
と記載されていました。彼は一体何を伝えたかったのか。
そんなことを考えることのできる奥行きの深いアルバムです。

なので、ちなみに、このアルバムの購入をするならば、
和訳歌詞がついていて、日本限定ボーナストラックがついている国内盤をお勧めします。

特にこの原盤は、非常に音質も良いです(Blue-Spec 2という技術が使われているそうです)。
ロックアルバムの中には、ガチャガチャしたものが多いので、
あまり高音質を求める必要がないものもありますが、
このアルバムは、シンセやピアノなど非常に多彩な音が使用されており、
できれば高音質で聴くほうが音の深さが生まれ、更に楽しめるのではないかと思います。

発売前のプロモーションが上手だったので、期待値が高くなっており、
正直、期待はずれも覚悟で購入しましたが、大満足の逸品でした。
もしこれがロック史に残る一枚になるのだとしたら、
ナウオンタイムで味わえていることを非常に光栄に感じる一枚です。

皆さまも是非どうぞ。
0コメント| 76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月10日
新作出てたの知らなかった!!
評判良さそうなので早速購入。
気持ちいいアルバムじゃないですか!!
全時代の美味しい所をてんこ盛りして、
ザラザラしたギターでコーティングした
感じ。どこから聴いてもボウイ!!中毒性
のあるアルバムですね。まだカッコいい
のに、わざとルックスの劣化を前面にだした
ようなPVだけが気に入らない。それも含め
ボウイらしいのかな?とにかくいいアルバム、
毎日毎日聴いて気持ちよくなってます。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月24日
以前には借りて聴いていましたが、家でもゆっくりと聞きたいと思い、ステレオを新しく変えたのをきっかけに購入しました。1曲目のThe Next Dayではパンチがあり、Valentine's Dayではタイトルとは違い宗教的な観点から作った作品だとの評価があり、次には教師やサッカー選手が標的だ、というような歌詞が出てきます。MVを見るとめぢからがすごく、身につまされる気がしました。もっともっと彼が年齢を重ねていったその時の曲を聴きたいとつくづく思いました。本当に残念です。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年3月28日
ロックがどうだの過去の偉業がどうだの以前に、
ただただ聞いていて心地よい素晴らしい楽曲の数々。
とても66歳を迎えた人間が響かせているとは思えない。

そこには過去の人として忘れ去られることに対する恐れや、
過去の業績に対するプレッシャーや気負いなど微塵も感じられない。

今作のジャケットデザインを手掛けたジョナサン・バーンブルックは、
アルバムのコンセプトについてインタビューの中でこう語っている。

「新しいことをしようにも、他人からは常に自分の過去の業績と比較されて評価を下されてしまう」
「だが自分の過去を完全に葬り去るのも、また不可能なことだ」

過去の栄光やファンの抱く虚像によってダメになってしまうアーティストは数知れないが
ボウイは最早そんな次元を通り越した先にいるのだなと感じさせる。
過去を振り返らず、過去を葬ることもしない。ただ今現在あるがままの自分を語っている。
そんな彼が奏でる音楽はなんとも若々しく瑞々しい。
無理に取り繕うまでもなく、この人の心は若さを保っているんだろうなと思う。

収録されているボーナストラックも文句なしの名曲揃い。
なので購入するなら国内の限定版を強くお勧めします。
0コメント| 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月6日
亡くなってしまった、からだろうか、
こんなにもデヴィッド・ボウイの諸作品を繰り返し聴く日々がやってくるなんて。

遺作となった『 Blackstar 』 そして、この三年前のアルバム 『 The Next Day 』。

この二作において、
彼が若かった時の作品と比べて、どうこうということではなく、
今という時代においてしか、彼のこの年齢においてしか、
表し得ない音楽の深み、ことばの深みがあるということを感じる。

「 Where Are We Now? 」 のメロディーの底に流れる感情そのものの味わい深さ。
こちら聴き手次第で、どこまでもこころの深みに拡がっていき、沈んでいく、その味わい深さ。

ロックという音楽のもつ芸術性と大衆性が、
このアルバムに収められている多くの曲に見事に湛えられている。

この作品は、若さの盛りを遥かに過ぎてしまっても、
人は神から与えられた創造力を花開かせることができるということの証明である。

アナログ盤とCDとで聴き比べてみると、
どちらもデジタル録音であるだろうに、
やはりアナログ盤から立ち上がってくる音像の豊かさ、ふくよかさ、しなやかさは素晴らしい。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2013年3月13日
驚愕を持って新作を聞いた。

デラックス盤の18曲という
恐るべきボリュームもさることながら、
1曲1曲のクオリティが非常に高い。
遊び心に溢れ、
バラエティに富んでもおり、
この天才が10年間沈黙している間も、
常に天才であったことをまざまざと見せ付けてくれる。

ボウイ、ヴィスコンティ共に老いることを知らないのか。

飄々と力強いロックナンバーの「The Next Day」から始まり、
「Dirty Boys」でいきなり意表をつき、
先に公開されたPVも秀逸な「The Stars」へと流れ込む。
その後も緩急自在で揺さぶりをかけながらも、
1曲が3分台の短めの曲が多いため、
あっちこっちに振り回されながらも、
ボリュームを感じさせずにあっという間に終盤へ。
「You feel so lonely you could die」のイントロで、
ジギー時代の「5年間」のドラムが出てきてドキッとさせられる。

本当に、久しぶりに夢中になって聴いたCDだ。

待ちかねただけに多少贔屓目に見えてしまうところもあるだろうが、
それでも十分に期待にこたえてくれる作品だ。
まだまだ聴き込めば好きになる曲が増えそうだし、
見えてくる景色もあると思うが、
まずは感想を誰かに聞いて欲しかったので悪しからず。

話題のアートワークも、
実際にモノを手にしてみるとかなりカッコいい!

日本盤の解説も、1曲1曲丁寧で好感が持てた。
0コメント| 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年4月19日
びっくりです。素晴らしい。奇を衒ったといわれて仕方ないジャケットが、全くこけおどしに見えない。

冒頭、70年代のボウイ節全快のすっとんきょうなイントロで幕開け、すっかりあっけにとられる。しかし力強い声でじわじわと盛り上がり、「Here I am」でトリハダ。「Here I am! Not quiet dying!」 って!!

詞と曲の、和ではなく積により、その詞の意味が真逆になったり、一層強調されたりするのが歌の力である。その意味で、彼ほど歌の力を漲らせる歌い手はいない。

ボウイを聞き始めて二十年、実にその半分に当たるここ十年の沈黙であった。だが依然、ボウイの歌は力を失わない。

ちなみに、日本版を購入したが、差額分の価値は十二分にある。解説も極めて的確と感じるし、英語力に自信のある方はともかく、この詞と曲の掛け算を堪能できないのではあまりにもったいない。そして、日本盤ボーナストラックであるGod Bless The Girlが聞きものなのだ(Black Tie White NoiseとかOutsideのボーナスは酷かったけど)。Panic in Detroitのようなイントロから、young americanを思わせる、ゴスペルに転じていくソウルフルな作品で、歌詞がまたたまらない。私の解釈は解説のそれとは全く違っているが、皆様どのように感じるだろうか。「彼女の仕事」、明白だと思うのだが。そして「時は過ぎ行く、神よご加護を!」。切なく、清々しい無力感、ポジティブでパワフルなメロディ。涙が出る。

でもそういえば、マイクガーソンがいなかったな?残念。
0コメント| 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月29日
ボウイの美しい写真の顔が、すっぱり切り取られている。
中身をめくると現在のボウイ。
白い枠の反対側は黒のつるつる枠。つるつるにジャケットを手にしている自分が映る?仕組み??
かつてのボウイは年を取ったが、かつてのあなたも変化したよね?って言ってるの??
そんな意図のジャケットなのだろうか。

★が遺作となったが、YouTubeでVIDEOを見ているうちに何曲か耳に残りすぎて苦しくなってこちらも買うしかなくなってしまった。
YouTubeで聞いてなかった曲も入っているが何回か聞いているうちに気に入ってくる。

ジャケットのせいで曲もさらに意味深な気がしてくる。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年4月24日
この10年、もう終りかと思っていた。
この復活、どんなに嬉しいことか!
1年経ったけど、まだ嬉しい気持ちが続いている。
きっと、同じ気持ちになっているファンの人、多いんじゃないかな。
みんな、応援しています!
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年11月30日
数年前に中古屋で「'hours...'」を買って以来で、これはたまたま聴きたいCDがなかったから買ったまでで、それほどの印象も残っていないし、僕の中ではデヴィッド・ボウイはやっぱりとっくに終わっていた。
1978年の日本公演を高校生の時にNHKで観て、やたらカッコイイと感動し、それから昔に遡ってレンタル屋でレコードを借りたり、中古品を買ったりした。
レコード、CD合わせても8枚と少ないが、それこそ2枚目に当たる1969年の「Space Oddity 」から1984年の「Tonight」までは一応聴いてきたつもりだ。
しかし1979年の発売と同時に買った「Lodger」以降、いつも期待を裏切るような出来で、やっぱりデヴィッド・ボウイは1977年の「"Heroes"」で終わったものだと勝手に解釈して「Tonight」以降は聴かなくなっていた。
ではなぜ今回の新譜を買ったかというと、評判がやたら良かったのと、ネットで視聴しても出来がいいと感じたからだ。
実際間違いのない傑作だ断言できる。
やっぱりロックっていうのはカッコよくないとダメで、そのかっこよさを説明するのは難しいので省くが、要はアドレナリンが全開してやたら興奮状態にさせてくれるのだ。
リズムがびしっと決まって、ギンギンのロックだね、これは。
強いてあげるなら「"Heroes"」と「Stage」に近いサウンドかな。
今年66才にもなった男の作るサウンドとはとても信じがたい。
大学時代にクラブの女の子でデヴィッド・ボウイが好きな女の子が何人かいた。
そんな女の子と話をすると僕は決まってボウイは終わったよって悲しいかな言っていたが、もしもう一度話ができたとすれば、ボウイが完全復活したと一緒に喜びたい気分だ。
0コメント| 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥1,050
¥2,854

カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック