Androidアプリストア クリスマスプレゼントおもちゃ特集 クリスマス特集 Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard Drive_Recorder DVD Blu-ray Bargain 2016winter アナログレコードストア ファッションセール Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おせち料理特集2017 大掃除特集 大型家具・家電おまかせサービス Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア ドキュメンタル

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.9
15
5つ星のうち4.9
星5つ
13
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
形式: LP Record|変更
価格:¥3,912+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

ベスト1000レビュアー2016年4月25日
69年発表の1st。元スティーヴ・ミラー・バンドということに若干の違和感があるものの、そのグループ脱退後初のアルバム。マッスル・ジョーンズ・スタジオ・ミュージシャンとデュアン・オールマンが参加して製作された。
1.からしてブラスが導入されたスワンプ・ロック。ソウル・フルなバック・コーラスがグイグイと盛り上げる。2.は土臭いソウル・バラードだが、この味わい深さは極上。3.は穏やかな雰囲気のロッカ・バラード。しみじみと聞き入ってしまう佳曲だ。4.はカントリー・ロック。スライドやフィドルが印象的だ。6.もソウル・バラード風だが、ドブロが渋い。7.はヨーデルも導入(w
全編に登場するブラス、ソウルフルなコーラスが素晴しい。スワンプやザザン・ロック、カントリー、そして時にゴスペル的な雰囲気も漂わせたいぶし銀の佳作。彼の当時の年令からは考えられない渋くも良質の楽曲がこれでもか!!と言わんばかりに詰まっているが、意外なほど暑苦しさがなく聞きやすいのも特徴。この手のサウンドが好きな人には絶対に外せない作品だと思う。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年8月24日
 いまはこのアルバムのすばらしさは他のレビューアーの方々の言葉や感想、それ以上に伝えたいという気持ちが各レビューからあふれていますね! ボズのファーストはスウェーデン滞在中にポリドールに吹き込まれたアメリカのフォークルーツをほぼアコギ一本仕上げたものですが、本人のメジャー吹込みとしてはこれが最初の1枚目でしょうか。 中でもやはり ”Loan me a dime" B面の最後を飾る、つまりCD最終曲として12分を越える演奏が収録されています。この曲の中で、日本のタイトルにある、元オールマン ブラザースのギタリスト DUANE ALLMANが素晴らしい演奏をしてのけています。投稿者はBozも Duaneも 大好きなのですが、この曲も含めまして、マッスルショールズのスタジオミュージシャンが大好きです。 Bozはこの曲では、見事な唄いぶりを披露しています。いまもステージでこの曲を演奏しているようですが元々本人がギターを弾くつもりだったのかもしれませんね。そのボーカルの終了間際などで、気持ちが入った時に、思わずオフマイク気味にうなりますがこれが一発録音の面白さを体感させてくれます。それにつられるように、Duaneが、曲イントロに次いで、じわじわとスタジオセッション用の 66年のラージヘッドのFENDER STRATOCASTERを(レイラのクラプトンなどとは反対に、たぶんピックアップをネック側にして)ゆっくりとすすり泣かせます。実はギターのプレイヤーは早弾きや小難しいフレージングが出来ないとだめだと思い込んでいた自分は、Dunae のこの演奏を聴いて腰が抜けるほど驚いた記憶があります。この曲では特にはっきりするのが
Duaneのギタートラックが途中から全面に出る音処理が施された盤とそうでないものがある事です。1970年ごろに一度変更されているようですが、これはどちらを取るかはファン次第ですね。この件では、たまたま最初に聞いた、マッスルショールズのドラマー、ロジャー・ホーキンスの細かく乗せていくドラミングが好きな自分は最初のものも良く聞いていました。ただDuaneのギターの音色では後のものが
優っています。 マッスルショールズ、映画でも有名になりましたが、他にも探せばたくさん面白い小ネタ、ころがっています。
 いまのBozほど洗練された都会的雰囲気はないと思いますが、Boz と Duaneによるアメリカルーツ系ギタープレイ、そして
ルーツ系のスタジオバッキング などなど、、面白みにあふれています。 なんとかボーナス録音とかないのか探してほしいですねえ。

彼は他にも、アルバム前半で、いまでこそわが国でも知られるようになった、レゾネーターギター、たぶんここではウッドボディのドブロだと思いますが、得意のルースでとぼけた味を出しています。
 
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年3月2日
大好きなアルバムです。男のカッコ良さ満載です。私は評論家ではないので詳しくわかりませんが…夜に一人でバーボン飲みたくなります。ボズの作品の中でもずば抜けてるなーと思います。歌から曲からバンドの演奏からその想いが伝わってきて「俺には分かるよ」って思ってしまいます。やっぱりデュアンのギターは凄い。コーラス、ホーン、バンド演奏が素晴らしい。最近のミュージシャンにもこういう本物の音楽を聴いてもらいたいなぁ、なんてね(笑)
0コメント| 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年3月6日
ボズ・スキャグスといえば、「シルク・ディグリーズ」の「ウィー・アー・オール・アローン」等、ダンディ・オヤジの印象しかありませんでしたが、本盤を聴いてびっくり!!マッスル ショールズで本盤をレコーディング、もの凄く泥臭い音楽を演っていたなんて。スカイドックことデュアン・オールマンもドブロやスライドギターをバリバリ披露しています。サザン・ロックやホワイト・ブルース好きには必聴盤かと存じます。

一方の「シルク・ディグリーズ」Silk Degrees (Exp)もAOR(と言っていいのか)の名盤であります。双方ともお勧めです。でも、両盤は誤解を恐れずに言うと、180度違う音楽。どちらかと言えば、まずは、「シルク・ディグリーズ」からかなぁ。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2002年11月2日
60年代末にスティーブ ミラー バンドを抜けてから、アラバマのマッスル ショールズでソロアルバムを制作し、たちまち評判を得た。このアルバムは
その町の一流リズム セクションをフィーチャーしており、これを率いるギターリストのデュアン オールマンが全篇にスライド、ドブロ をプレイして、特に、Loan Me a Dime でのソロは、ボズとデュアンの二人のキャリアの中でも最高の出来に入る。
0コメント| 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年9月30日
ボズはシルクから知ったアーティストなのだが、
当時、ボズのコーナーにAORとはほど遠いジャケットを見て、LP購入。
デュアンとのブルースに泣かされたなあ…
今聴いてみるとこれをグレック(弟の方)が唄ったら、どうだったとか?と憶測の域なのだが
あのオッサンもなかなかワビさびあるし、
あのオッサンよりは十分垢抜けたボズがAOR路線へ転向していった理由がなんとなく分かる気がする。
デュアンとボズって、決してテクニックがどうのこうのではないよな。
デュアンは最初スケール野郎で、つまらんギタリストやったのが、感情むき出しの技法に変貌、
味があるっていうのかなあ…間も彼独特でスリリング、
突っ込み気味なんやけど彼ってすぐ分かるソロなんだよな。
このアルバム、デュアンじゃなかったら、結構つまらんアルバムかも知れん。
だが味わい深い二人三脚の傑作アルバムであることは間違いない。
必聴盤。
星は勿論5つや。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年7月4日
(6)は凄い!!デュアン オールマンのギターは神がかっている。これぞデュアン オールマンという感じ。一聴の価値あり!!!!
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月7日
ボズが、やれば出来る男だということが分かるアルバムです。
このまま行けば良かったのに、と思ってしまいました。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年4月1日
このアルバムでの一番のポイントは、やはりDuan Allmanの
参加です。「Loan Me A Dime」のかっこよさは半端ない!

でもそれを除いてもBozのルーツといえるサウンドがそのまま
現れており、ブルージーな中にもカントリー、ササンロック
のテイストが混ざって肩の凝らないキャッチーなアルバムに
仕上がっています。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年8月13日
アイムイージーから全部名曲名演奏!
「5セントを俺に」なんてタイトルも泣かせるぜ。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥1,348

カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック