Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 9000 Amazon MasterCard nav_flyout_biss ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV バレンタイン特集2018 コンタクトレンズストア インテリアスタイルガイド Echo Kindle Amazon MP3 ウィンター SING/シング【通常版】(吹替版)

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
19

2016年4月28日
2016年発売のアナログ盤を購入。

前作では内に秘めていた豊穣なロック魂を、一気に外側に展開した、デヴィッド・ボウイならではの音世界が繰り広げられている。

トニー・ヴィスコンティの弾く、重くて弾力のあるベースの響きが素晴らしい。

ここから始まるデヴィッド・ボウイの音創り、曲創りに、とりわけクィーンなどは影響を受けたのではないかと感じる。彼らのファーストアルバムを聴くと、その感が強まる。

繰り返し聴いても飽きない、その内容、そしてアナログ盤の太い音質。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年12月29日
このジャケット。それだけで星三つ。内容で星二つ。カート・コバーンがカバーしてたのは、この曲だったんですね。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年3月10日
1970年リリース。NirvanaがMTVアンプラグドでタイトル曲【8】を取り上げてくれるまでの間、冷遇され続けていた3作目。前作発表後にライヴ専用バンドの結成を思いつき、いくつかのセッションを開いた彼は、そのときに後の自身最初の黄金期を支えることとなる名ギタリスト=ミック・ロンソンと運命的な出会いを果たし、そのミックの友人を中心にThe Hypeを結成。本作はそのバンドと制作した初のアルバムであり、またプロデューサー兼ベーシストとして参加した盟友トニー・ヴィスコンティが当時既にT.Rexとも仕事をしていたことで、【1】【3】等、楽曲の随所にグラム・ロック的な魅力が感じられる。残念ながらセールス的に不発で終わったことでレコード会社から契約を切られるも、「ジギー降臨」のときはこのとき既に目前まで迫っていた。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年4月5日
ミックロンソンが全面参加していることから、
このアルバムから、いわゆるグラムっぽくなってくる。

曲が全体的にヘビーすぎるので、ハンキーでの親しみさやジギー以降の洗練さはない。
いわば原石みたいなアルバムなので、最初はわかりにくいかもしれない。

このアルバムの制作中、ボウイはほとんど何もしなかった。
ミックとトニーがほぼバックトラックを作ったという話がある。
他のアルバムと比べると、このアルバムだけあまりにも音がヘビーすぎることから、
あながち嘘ではないかもしれない。

大曲の1、ニルバーナのカバーで有名になった8、他2・9あたりは地味ながらも名曲♪
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2006年12月8日
ミックロンソンとの出会いによって、サウンドは力溢れ、とにかくいけいけモード。

1のthe width of a circle や9の the supermen 等はなにやら「あたしゃ神様だ!」みたいな全能感に溢れ、勇ましい。

反面、表題曲8や、4after all は内省的でアルバムに独特の陰影を与えている。

ジギーで完璧な架空のペルソナを演じ、寓話的世界を表現する前の段階で、素の自分と架空のペルソナを行ったり来たり。

そういった意味で、気の狂った自分の兄を見舞いにいった時のことをテーマにした 

the man who sold the world は興味深く、正気と狂気のボーダーにいる自分自身を、兄と重ね合わせているような気がする。

内ジャケにあるカートゥーンカバーは、初プレスでアメリカ盤としてリリースされたそうだが、死と暴力、狂気といったイメージが溢れ、不気味。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年4月4日
#3/27(1971/4)UK 26/US 105。Producer : Tony Visconti。Mick Ronson (g)。

印象的に跳ね回るベースラインとハードドライヴィングなギター、そしてそこに乗る狂気の叫び。前作に引き続きプロデューサにTony Viscontiを迎え(bも兼任)、Mick Ronsonも加わって「決して折れない」強力な布陣で1970年代という黄金期の幕を開ける本作。

ポップ・フォーク系だった前二作と較べると圧倒的にロック色が強まっている(というかむしろ、振り切れてハードロックの域に突入する勢い)。ハードな長尺曲で始まるLPでいうところのA面(#1-4)も良いが、気分が悪くなるほど絶望的に暗く重く、そして冷たいB面(#5-9)の出来が素晴らしい。Bowie, Ronson and Viscontiによる作品がこれのみに終わってしまったのは残念だ。

足を高く蹴上げているモノクロver.ジャケに愛着がある(加えて中身を的確に体現しているように思える)のだけれど、ソファに横たわる女装ver.がオリジナルかつ現在の公式版。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2010年11月24日
私的にこの時期のボウイ作品の影の立役者である凄腕ギタリスト、ミックロンソンが参加した作品の中でも本作が最高傑作やと思います。

一発目の「円軌道の幅」から妖気漂うボウイのヴォーカルで始まり、それに呼応してこれぞROCK!と言わんばかりにミックロンソンのギターが突っ走ってます。

轟音でありながらも冷却装置内蔵のクールなギターが最高!
3曲目の「ブラック・カントリー・ロック」などのラウドな感じの曲もカッコイイ!し、ニルバーナがカバーした表題曲もありと楽曲も粒揃い。

この作品の後に大傑作が生まれますが、やはり神秘性と妖艶さが絶妙に絡み合ってアングラ度も高いのが本作の特徴。

またキーフのデザインでも間違いなく上位にくるであろう淡い色調の美しいジャケットも満点ですね。

名プロデューサーであるトニーヴィスコンティーと天才ボウイがジギー誕生前夜に辿り着いてしまったグラムロックの持つ真の芸術性が本作品にはあるように思います。
0コメント| 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
殿堂入り2003年10月19日
クラッシックとも呼べる時期のアルバム。トニービスコンティー+ミックロンソンとのコラボが見事に結晶した傑作。この時期はソングライティングセンスがかなり光っていたし、ボーカルもしなやかで表現力豊かだ。ややロックオリエンテッドなアルバムだが、きちんとアレンジされており=トニーの実力=楽曲の完成度はおのおの高い。ベースをも演奏しているトニーはもともとジャズの人材であり。大胆な試みをこのアルバムで実行している。ボーイの才能がまさに開花していた時期。
ボーイ+トニーのケミストリーが起こった瞬間。10点中9点
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年1月2日
デヴィッド・ボウイは、「ジギー・スターダスト」、「スペース・オディッティ」、「ハンキー・ドリー」等々、どれも素晴らしいのだが。そんな中、一番らしくない、本来シンプルかつ官能的なサウンドを基調とするボウイにあって、全体的に複雑な展開とプログレ・ハードっぽいスリリングな演奏の本作は、もっと評価されてもいいと思う。1曲目 「The Width of a Circle」からすでに大作志向で、プログレ的だが、こんなボウイも面白いと思う。ストレートでソリッドななロックンロール「Black Country Rock」、「Running Gun Blues」も悪くない。「Saviour Machine」、「The Supermen」はHR/HM的とすらいえるヘヴィかつドラマティックな曲だし、ダークで官能的な「The Man Who Sold the World」はまさに代表曲の一つだ。思うに、本来のボウイの特徴的かつ官能的な歌声をメインにすえているのに対して、本作は、演奏の比重も高い。ギターもドラムも大検討している。リフとリズムが素晴らしい。シンプルなのにガツンとくる他の作品とは違った感触だが、クオリティは非常に高い。例えば、「グラムロックなんて軟弱だ」とか思っているヘヴィロックリスナーで、まだボウイを聴いてなければ、本作から聴くと、イメージが変わるのではないか。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
ベスト1000レビュアー2012年1月13日
初期の地味な作品です。後年のボウイらしくない楽曲もありますが、個人的には大好きです。冒頭から引き込まれてしまいました・・・

参加メンバーは・・・

デヴィッド・ボウイ:ギター、ヴォーカル
トニー・ヴィスコンティ:ベース、ピアノ、ギター、製作
ミック・ロンソン:ギター
ミック・ウッドマンゼイ:ドラム
ラルフ・メイス:ムーグ・シンセサイザー

このアルバムの目玉は、虚空に波紋を描くような、神秘的で繊細なボウイのヴォーカルと、やはり・・・「官能美を聴かせるギタリスト」ミック・ロンソンの堅実でヘヴィなギター・プレイでしょう。特にベースのトニー・ヴィスコンティとのうねるような絡みが、「60年代のアンダーグラウンドなサイケ・ロック」の匂いがぷんぷんしていて、たまりません。

「初期のボウイと言えば、ミック・ロンソンのギターだがや」という方には、絶対に外せない作品です。

ニルヴァーナがカバーした楽曲は素晴らしいですよ。また日本の頭脳警察に与えた影響も計り知れない。1曲目は「無冠の帝王」の元歌でしょう。

全般に、まとまっていない分、自由な雰囲気でとても良い。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

世界を売った男
¥1,289

カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック