Androidアプリストア Amazonファミリー 本を聴くオーディブル Amazon Cloud Drive 8000 Amazon MasterCard 洗車グッズ特集 DVD ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV stick 敬老の日2017  Summer Sale 第2弾 家電 Kindle Amazon MP3 アウトドア HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン3

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
78
5つ星のうち4.7
形式: LP Record|変更
価格:¥2,789+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年3月12日
ここのレビューを最初みて、なんかうざいなー、そんなの大袈裟じゃないの?とか思ってたが、、、
聴いてみて考えは一新
Hip-Hopにはまるきっかけになった、常に2枚目のillmaticを探してる感じ。
まずはHipHopに対する先入観を捨て心を落ち着けて聴いてみること
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年9月14日
Hip-hopをまともに聴き始めて一年ほど、ずっと聴かなきゃと思いつつやっと手にとったこのCD。

世間の評価がやたら高いためホントかよとか思ってましたけどこれはすごい!

あっという間にお気に入りに追加となりました。

個々の楽曲もアルバム全体の流れもいちいち完璧で、文句のつけようが無いです。

ジャズの要素が色濃く垣間見えてくるのですが、決して上辺だけ取り繕うのではなく、

楽曲の根本でhip-hopとジャズが結びついているのがすぐ分かります。

A Tribe Called Questの全盛期の作品と通ずるものがあるなぁと思っていたら、Q-Tipも関わっているみたいですね。

若輩者ながら、Dopeとはこういう音楽のことを言うのかと思いました。

Nasのラップは流れるようにスムーズで押し付けがましくなく、重厚なトラックでありながら耳馴染みは非常に良いです。

ボーナス・トラックのリミックス群も現代的ではありますが決して売れ線という印象ではなく、

良い意味でオリジナルより軽くゆるい音を聴かせてくれてなかなか好きですね。

俺のように20歳そこらだと、hip-hop好きでも実は聴いたこと無い人もいるかと思います。

Nasの作品はなかなか良作が揃っているとは思いますが、このデビュー・アルバムは絶対に聴くだけの価値があります。

もしかしたら初めはつまらないと感じる人もいるかもしれません。そうしたら良さが分かるまで聴き込んでみて下さい。

そう言えてしまうほどの名盤です。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2005年11月15日
まあ全体的なレビューは出尽くされてますが、

僕はDJプレミア・プロデュースのNASの代名詞『N.Y. State Of Mind』と、後半のフリースタイル?がやばい『Represent』の2曲が一番好きですね。あとはこれぞラップというようなNASがビートに乗りまくって踏みまくる『Harftime』ですか。

まあこのアルバムは異様なほどくそ真面目でストイックなつくりになっています。その辺が受け入れられない人もいるかもしれませんね。確かにヒップホップってやっぱりクラブで楽しく踊ってこそってのはあるし。

でも大物プロデューサーの大胆なネタ使い、その上に乗っかるNASのかすれた声から放たれるライムはとにかくくそかっこいいです。

「Check me out yo」、「ヤノマスティーロ?」、「ブラっブラっブラっ」などヒップホップ用語もいっぱい言ってくれますし、ヒップホップが好きならこれを聴かなきゃ損します。って聴いてないやつなんかいるわけないですね。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2004年5月12日
もはや説明不要のクラシック。
「聴いたことない奴はモグリ」みたいな言い方をするのは嫌ですが、
そう言ってしまうのもしょーがない程の素晴らしさです。
少しでも興味があるなら聴いておくべきブツだと思います。
既に聴いたことがある人にとって、
気になるのはリマスターの効果などについてだと思いますが、
個人的にはありでした。元のアルバムよりも、やはり今風の音
になっていて、一音一音がわりとハッキリと鳴り、ややクリアな感じ
になっています。それでも、十分ロウでラフではありますが・・・・、
最近ヒップホップを聴き始めたリスナーにとっては、
元のアルバムよりは馴染み易い音と言えるのではないでしょうか。
また、普通に音量が上がっているのは嬉しい限りです。
対訳を読むためにも日本盤がオススメでしょう。
ボーナストラックの対訳もついています。マーリーマールプロデュースの「ON THE REAL」は必聴です。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
いわゆるヒップホップを、ファッションその他カルチャーとは切り離し、ひとつのブラックミュージックの進化系として、純粋にサウンドを尾ひれなく、後追いで聴いてきたが、熱量、クオリティからして申し分なしの名盤。

元々、90年代に発表されたマスターピースであり、
真のヒップホップリスナーにとっては「何を今さら」と言われても仕方ないが、これまでデラソウル、ア トライブ・コールド・クエスト、ジャングルブラザーズといった周辺を聴いてきた当方の耳には、逆に新鮮に届いた。

メジャーシーンで、傑作と賞賛されまくっているため、敬遠してたのかもしれない。

実際、聴いてみると、ソウル、ファンクといった生音に近いフックを入れつつ、全体的にはジャジーなテイスト、ミディアムテンポの曲群が収録されてるが、けして、聴き流すことの出来ない緊張感がアルバム全体を覆っている。(生音、ジャジーな感じはルーツに近い)

ダークだとか、踊れないとか、暗いという声もあるが、丁寧に創り込まれた名盤であり、当時ひとつの金字塔を打ち立てたというのも、十分うなづける。
ヒップホップというジャンルに囚われないで、より多くの人々の手に取られるべき不朽の作品。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月31日
ニューヨークという街は、ショービジネスや金融ビジネスの中心地という華やかな側面と、一方で貧困や犯罪といった暗い側面のある街だという漠然としたイメージを共有できる人は少なくないと思うが、このアルバムはその憂鬱な雰囲気をまさに音楽にしたようなアルバムといえる。時代は違えど、マーティン・スコセッシ監督の「タクシードライバー」にも通ずるものがあるように思う。(かなり大雑把な関連付けだが。)

このアルバムがリリースされた1994年は、その後ニューヨークの犯罪率を大きく低下させたというルドルフ・ジュリアーニ氏が市長に就任した年であり、今では当時の雰囲気を感じることは無理とは言わずとも、難しいと思う。そういった観点で、このアルバムは(少し大げさかもしれないが)歴史的な資料としての価値のあるものだと思う。これをリアルと言わずとして何をリアルと言おう。

まじめに聴けば暗い気分になるのだが、中毒性のある美しさがある、そんなアルバムだ。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月19日
こりゃ、すげえ!!!
1から始まって2.3.4の流れが最高だ。
もちろんその他も最高のトラックに最高のリリック
ここまで完璧なアルバムは他にない
たまに他のアルバムのレビューで「Nasのillmatic並だ!」とか「Nasのillmatic以上だ!」ってレビューみるけど、それはない
1人の意見で、そうはならんよ
あえて言うならそれは自分の中だけだ
illmaticは名盤だし、持ってる人は多い
比例して合わない人や好きになれない人はいると思うけど、だからと言ってコレを傑作のポジションから引きずり下ろすのは無理、絶対無理
illmaticはベストアルバムにあげる人が数多くいるんだ
Nasはスキル、声質、リリックセンス全てを持ち合わせプロデューサーはヒップホップの黄金期90sのビートメーカー達
そりゃヤバイっしょ?
最近のお気に入りは7.9.10だ!
良くチェックするが吉メーン^^
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年10月28日
クラシック!これがもう14年前かぁ、俺も年とったな。

今はもう三十路突破した者だが、当時高校生で90年代のヒップホップの中でも特に黄金期と言える93〜95をリアルタイムで経験できたのはでかかったと思う。

この頃からヒップホップ聞くやつやたら増えたような?あと「スキル」という概念植え付けたのもこの頃からか?

そんな中で最もはまって、すげぇと唸って、よりヒップホップにはまる原因の一つになったのが本作品。

94年はマジで熱すぎる作品多かった。Jeru The Damaja「The Sun Rises In The East」、OC「Word Life」と共に94を代表する一枚。
特に2のプリモ作がヤバすぎる。個人的にプリモ作の中でもベスト3に入る出来映え。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月19日
ヒップホップとは何か?って疑問を抱いている人に
「ヒップホップとはこういうもんです。」と渡すべきアルバムというか。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年8月26日
完成度の高いシンプルなトラックにスキルフルなNASのラップをのせ、派手さはないものの聞けばクセになる名作と思います。
「おいしい水」「おいしい空気」といった形容に近い、「上質かつコアなヒップホップ」という感じでしょうか?

不朽のクラシックと評判の本作ですが、BGMに流して作業がはかどるとか、スポーツ中のBGMにして気分良くプレイできるとか、そういうタイプの音楽ではありません。
トラックは非の打ち所のない完成度ではありますが、単調なリズムの繰り返しが多く音的にもクラシカルかつシンプルで、一聴した感じは地味な印象です。
よって、短時間の試聴で思わず買いたくなるような華やかな音楽では決してなく、発売当初はセールス的に今ひとつだったのも納得してしまうわけですが…(笑)

余計な装飾をそぎ落としたシンプルでクラシカルなトラックも聞き込めばその高い完成度も自ずと分かり、そのシンプルさもスキルフルかつリズミカルなNASのライムを引き立てるためだと分かります。
購入して聞き込めばその良さが分かりクセになる、ふとした時に無性に聞きたくなる、噛めば噛むほどに味が出る飽きのこない定番です!
0コメント| 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥1,007
¥982
¥999

カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック