Androidアプリストア Amazonファミリー nav_flyout_bookshonya 9000 Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray SW-AD 2018 ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 母の日特集2018 コンタクトレンズストア 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア・キャンプ用品 ドキュメンタル シーズン5

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
434
蜜蜂と遠雷
形式: 単行本|変更
価格:¥1,944+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料


2018年3月22日
書かれているー言ー言が吟味されていて、ー章毎に読まなければ、心が追い付けない。
それほどに心を揺さぶられる本です。
後半のコンクールの話は、ー章節ごとに、涙が溢れて止まりませんでした。悲しい涙ではなく、生命が揺さぶられるときに出る涙です。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2018年1月24日
音楽に関する美しい描写と、コンクールが進んでいくドキドキ感で、退屈になることなく最後まで一気に読破しました。音楽に触れたくなります!
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2018年1月11日
直木賞を取ってしまったが故に新規読者の「なんでこんな作品が直木賞を?」という声が多いようなので、長年作者の作品を読んできた立場からレビューを書きます。
少女漫画っぽい、リアリティがない、登場人物が天才ばっか、全部その通りです。これが恩田陸の作風なんです。
SF、ファンタジー、ミステリー、いろんな作品を書いている作家ですが、全部にこの作風に統一されています。
思春期の女の子がふわふわした気持ちで世の中を見ているような文章の中にリアリティや毒が隠されているから面白いです。対比として浮かび上がるというか。
しかし今作は、毒は少なめだと思います。あえて言うなら審査員たちの塵に対する葛藤がそうでしょうか、、、

上記の作風さえクリアできれば、演奏の描写が映像が見えるように表現されていて素晴らしく、おすすめです。
今回の作品はピアノコンクールと若者の美しい瞬間を切り取った印象派の絵みたいな感じです。
読んでいるとその曲をききたくなります。CDも出ているみたいですね。
直木賞の受賞理由コメントも読んでみましたが、やはりこの演奏の描写が評価されたみたいです。

後半が冗長なので、それだけが惜しいです。実際のコンクールに合わせたのかもしれませんが、一戦減らしたくらいでちょうど良かったと思います。明らかに息切れしてましたし。
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2018年4月17日
文字が大きく、スマホでいつでもどこでも読めるので、とても嬉しいです。iCloudが同じなら家族中で、ダウンロードできるので、順番待ちが無く、満足です。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2018年4月10日
今は関連CDも出てるので、聴きながら読むというのもひとつの醍醐味では」ないでしょうか。
本当に迫るものがあり、良かったです。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2018年4月1日
図書館で借りて、間をあけて2回読んだのですが
、面白すぎて好きなときに読みたくて購入しました。

これでいつでも好きな時に読めます🎵
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2018年4月18日
久々の読書だったけど、
読み進めて行くのが楽しかった。
曲はさすがに本からは聞こえないので、
音も聞いてみたい。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年8月15日
題名の蜜蜂と遠雷  とても、引き寄せられる題名だと思います。さらに前半部分の場面転換、登場人物のそれぞれの登場の仕方、どんどん物語に引き込まれました。これからどうなるのか、いったい誰がコンクールを勝ち進むのか。  後半になり、ある程度登場人物のイメージが整った後の展開には、ちょっと、クラッシックの曲や偉人の説明、登場人物の演奏とともに美辞麗句が続き、個人的にはついて行くのが大変でした。結果、すべて丸く収まるといった感じも、前半部分の引き込み感とは全く違う印象でした。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2018年1月15日
こんなにも、情景がはっきりと思い描け、スピード感を感じる本に出会ったのは本当に久しぶりだった。
読み進めるほどに、のめり込むようになり、1日で読み終えてしまったのが惜しいくらい。
ほっこりした穏やかな気持ちになったかと思えば、激しい場面もあり、また涙する場面もあり…人間臭さがある場面では、くすりと笑ってしまう場面もあり、とにかく素晴らしかった。
友人にも勧めたい。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年10月28日
友人に勧められて読んでみました。

芸術で食べていくことの大変さもさることながら、裏に、様々な人生があるのだなあと感じました。

ただ、人物紹介が長すぎる上に、どこか痛覚を切ったような苦々しい回想が延々と続くので、疲れますね(現代文学は、そういうものだと言ってしまえばそれまでですが)。

後半は、若干、読み飛ばし気味に進めちゃいました。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

蜜蜂と遠雷 音楽集
¥1,942

カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック