プレスリリース
    2019
    2018
    2017
    2016
    2015
    2014
    2013
    2012
    2011
    2010
    2009
    2008
    2007
    2006
    2005
    2004
    2003
    2002
    2001
    2000
pr-logo-alt
Amazon.co.jp、プリント・オン・デマンド(POD)プログラムを開始


~プリント・オン・デマンド(POD)の導入により、対象書籍は常時「在庫あり」の表示になり、さらに豊富な品揃えを提供。出版社はリスクを抑えた販売拡大が可能に~

Amazon.co.jpは本日より、プリント・オン・デマンド(以下POD)プログラムを正式に開始しました。当プログラムの導入により、Amazon.co.jpでは書籍の品揃えが大幅に拡大され、出版社は流通コストを抑えた費用対効果のよい方法であらゆる作品を販売できるようになります。

Amazon.co.jpは、オンデマンド印刷技術により、お客様の注文に応じて1冊からでも迅速に印刷し、出荷いたします。また、このプログラムが適用された書籍は常に出荷可能な「在庫あり」の状態であることから、お客様は「Amazonプライム」や「お急ぎ便」を利用でき、一方で出版社や著者は、在庫状況の改善により収益の拡大を期待できます。現時点で、日本では60万冊以上の書籍が対象です。

当プログラムにより、出版社は、絶版本や希少本、特注本、外国語や大活字版など、従来は比較的コストがかかっていた商品でも、国内のお客様に低コストで提供できるようになります。さらにPODを利用することで、出版社は大量の部数を印刷するリスクと、在庫を保管する費用が不要になるという利点があります。また、海外の出版社におかれましては、日本への発送や日本国内における在庫を抱える費用やリスクが削減されることから、日本での販売を目指す海外の出版社にも役立ちます。

Amazon.co.jpにおけるPODには、現在、ケンブリッジ大学出版局、Taylor & Francis、British Library、Macmillan、シュプリンガー社を始めとする世界各国の大手出版社が参加しています。なお、同プログラムの対象書籍は、開始当初は洋書から取り扱い、順次和書にも拡大してまいります。

アマゾン ジャパン株式会社のバイスプレジデント兼メディア事業本部長、渡部一文は次のように述べています。「当プログラムの導入により、Amazon.co.jpでは、これまで提供できなかった多くの書籍をお客様に提供できるようになります。特に、日本において洋書は日本語の書籍に比べ需要が低くリードタイムが長いため、十分な在庫を確保することは難しい状況でしたが、PODの導入によって、出版社はあらゆる作品をAmazon.co.jpのお客様に販売できるようになります。出版業界やお客様にとっても、PODは画期的な新しいソリューションになり得るでしょう。」

また、Macmillan社のサプライチェーン兼セールスオペレーション担当バイスプレジデント、トム・スタウラス(Tom Stouras)氏は、「当社が米国でPOD向けに提供している作品を、今回の画期的なプログラムに加えることができ、非常に喜ばしく思っています。CreateSpace(※1)のプラットフォームを通じて日本国内で印刷できることにより、当社の作品をお客様にさらに迅速に提供できるだけでなく、Macmillanの環境への取り組みに対する支援にもつながります」と述べています。

シュプリンガー・ジャパン株式会社代表取締役の深田良治氏は「Amazon.co.jpでもPODによってシュプリンガーの専門学術書が提供開始されたことを大変嬉しく思います」と述べています。「現在、シュプリンガー社では毎年4,000点以上の新刊を発行しています。それらの多くは、読者にとって最新かつ重要な情報が含まれており、いち早くお届けすることが極めて重要です。この新しい販売方法により、私たちの書籍がお客様にさらに迅速に届けられることを期待しています。」

Amazon.co.jpでは、出版社に提供いただくPOD用PDFファイルを一定期間無料でセットアップします。また、印刷やスキャニング費など出版社に負担いただくコストをなるべく低く抑え、提供してまいります。出版社の方によるPODの料金その他の詳細についてのお問い合わせは、podjp@amazon.comにて承ります。

なお、Amazon.co.jpでは、Amazon.co.jpが販売・発送する商品の無料配送サービスをはじめ、当日お急ぎ便、お急ぎ便、お届け日時指定便、定期おトク便など、お客様のご要望にお応えし、様々な配送サービスを提供しています。今後も、より利便性の高い迅速な配送サービスの向上に努めてまいります。

(※1) CreateSpaceは、Amazonの関連会社です。詳しくは、こちらをご参照ください。

※POD対象書籍について
対象の書籍は、以下にてご参照いただけます。
URL: http://www.amazon.co.jp/pod


Amazon.co.jpについて www.amazon.co.jp

2000年11月1日に営業を開始したAmazon.co.jpは、お客様がオンラインで求めるあらゆるものを検索、発見できる、世界で最も顧客重視のストアであることを目指します。現在Amazon.co.jpは、2,000万種類を超える和書、洋書、CD、DVD、ソフトウェア、ゲーム、家電&カメラ、ホーム&キッチン、おもちゃ&ホビー、スポーツ&アウトドア、ヘルス&ビューティー、コスメ、時計、ベビー&マタニティ、アパレル&ファッション雑貨、食品&飲料、ジュエリー、文房具・オフィス関連商品、DIY・工具、カー&バイク用品、楽器、ペット用品を取り扱っています。また、Amazonモバイルのモバイル市場向けプラットフォームを通じ、Amazon.co.jpはiモード、EZweb、Yahoo!ケータイ、ウィルコムからのアクセスも可能です。Amazon.co.jpは、業界最先端のオンラインショッピング・テクノロジーにより、信頼のおけるクレジットカード決済、代金引換による支払い、コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払い(先払い)、おすすめ商品機能、そして便利な1-Click オーダーなどのサービスをお客様に提供します。Amazon.co.jpでは、Amazon.co.jpが販売・発送する商品の無料配送サービスをはじめ、当日お急ぎ便、お急ぎ便、お届け日時指定便、定期おトク便など、お客様のご要望にお応えし、様々な配送サービスを提供しています。Amazon.co.jpは、米国ワシントン州シアトルを本拠地とするFortune 500企業であるAmazon.com, Inc.(NASDAQ: AMZN)の関連会社が運営するインターナショナル・サイトの1つです。Amazon.com, Inc.と関連会社は、www.amazon.com, www.amazon.co.uk, www.amazon.de, www.amazon.co.jp, www.amazon.fr, www.amazon.ca, www.amazon.cn, www,amazon.it 等のウェブサイトを運営しています。


将来予想に関する記述 (Forward-Looking Statements)

本リリースは、米国1933年証券法第27条Aおよび米国1934年証券取引法第21条Eに規定される意味においての「将来予想に関する記述(Forward-Looking Statements)」に該当する記述が含まれています。実際の業績は経営予想と大きく異なる可能性があります。これら将来予想に関する記述は様々なリスクおよび不確定要因により実績と異なる可能性があり、それらリスクおよび不確定要因には、競争、成長の管理、新たな商品、サービスおよび技術、営業結果の変動可能性、国際的拡大、訴訟および申し立ての結果、配送センターの最適化、季節的要因、取引契約、買収および戦略的提携、外国為替相場、システム中断、在庫、政府規制と課税、支払いならびに不正行為などが含まれます。その他Amazon.com, Inc.の業績に影響する可能性のある事項については、最新のForm 10-Kのアニュアルレポートなど、同社が米国証券取引委員会(SEC)に提出している文書にも記述されています。