AlexaおよびAlexa対応端末に関するFAQ

最終更新日:2020年12月18日

Alexaに関するFAQ

1. どのようにAlexaを利用するのですか?

Alexaを利用すれば、声をかけるだけで質問をしたり、リクエストをすることができます。例えば、Alexaに「今日の東京の天気は?」といったような質問をしたり、「私の買い物リストに電池を追加して」または「ジャズをかけて」といったようなリクエストをAlexaに伝えてみてください。

なお、お客様の質問またはリクエストならびに音楽プレイリスト、カレンダーの予定欄、接続されたスマートホームデバイスおよびお客様の買い物リストにある商品等、関連する情報は、全てクラウド上で処理されます。

お客様がAlexaに話しかけると、お客様のAlexaへの質問が録音され、Amazonのクラウドに送信されることにより、お客様のリクエストを処理し、これに応じることができます。Alexaへのアクセス方法は、お客様がご利用になる端末の種類によって違います。Amazon Echo等「ハンズフリー」の端末の場合、ウェイクワード(「アレクサ」、「エコー」、「アマゾン」または「コンピュータ」)で話しかけてAlexaにアクセスします。

2. Alexaは私のすべての会話を録音していますか?

いいえ。Echoシリーズ端末はお客様が選択したウェイクワード(「アレクサ」、「アマゾン」、「コンピュータ」または「エコー」)のみを検出するよう設計されています。端末はウェイクワードと一致する音声パターンを特定することによりウェイクワードを検出します。端末がウェイクワードを検出しない限り(またはボタンを押してAlexaが起動されない限り)音声は保存されることもクラウドに送信されることもありません。

3. Alexaに話しかけると何が起こりますか?

Alexaに話しかけると、お客様のAlexaへの質問は録音され、Amazonのクラウドに送信された後、そこでお客様のリクエストおよびその他の情報を処理してお客様に返答します。例えば、「アレクサ、J-ポップをかけて」と言うと、お客様のリクエストの録音とAmazon Musicの情報を利用し、J-ポップの曲を再生します。

4.Alexaはどのようにクラウドに送信するデータ量を最小限にしているのですか?

AlexaおよびEchoシリーズ端末は、最小限の音声のみを録音し、またクラウドに送信する周囲の雑音を最小限に抑えるよう設計されています。Alexa対応端末はウェイクワードを検出した場合(またはAlexaが端末に備え付けられたボタンを押すことで起動された場合)にのみ、音声をクラウドに送信するよう初期設計されています。Alexa対応端末がウェイクワードを検出し、クラウドへの音声の送信が開始される際、Alexaは、当該音声の再確認を行い、当該ウェイクワードの検出を確認するため、クラウド上のより精度の高い解析機能を用いて当該ウェイクワードの検証を行います。クラウド上の検証においてウェイクワードが確認できない場合、Alexaは音声の解析を中止し、音声のクラウドへの送信を停止します。また、Alexaがウェイクワードの発話を検出した場合、Alexaは音声のクラウドへの送信を直ちに終了することができるよう、常にお客様によるリクエストの終了時点を確認しています(確認次第直ちに音声の送信は終了します)。

5. 端末が誤って反応することについて教えてください。

お客様のAlexa対応端末が他の言葉や音をウェイクワードと認識してしまう場合があります(例えば、「アレックス」という名前やラジオやテレビで「アレクサ」という言葉が発せられる場合等)。このような状況を「誤反応」と呼んでいます。Amazonには、世界トップクラスの科学者および技術者から成る専門のチームがウェークワードの検出技術を継続的に改善し、さらに当該FAQの「Alexaはどのようにクラウドに送信するデータ量を最小限にしているのですか?」でも言及されているクラウドにおける検証機能を通じた対応を含む誤反応への防止対策を講じています。

お客様のAlexa対応端末がウェイクワードを検出すると、端末のインジケーターや通知音により、音声をクラウドに送信していることを通知し、お客様はAlexaアプリの「設定」にある「Alexaプライバシー」、またはhttps://www.amazon.co.jp/alexaprivacysettingsからアクセスできる「音声履歴の確認」において、お客様のアカウントに関連した音声録音(誤反応したことにより録音された音声を含みます)を確認し、削除することができます。

6. 録音内容を確認したり、削除することはできますか?

はい。お客様は、Alexaアプリの「設定」にある「Alexaプライバシー」、またはhttps://www.amazon.co.jp/alexaprivacysettingsにおいて、お客様のアカウントに関連する音声録音を確認し、個別に、日付別に、Alexa対応端末別に、または一括で削除することができます。また、上記それぞれのページにおいて、3か月または18か月以上経過した音声録音を自動削除したり、いかなる音声録音も保存しないよう設定することができます。いかなる音声録音も保存しない場合、Amazonはお客様のリクエストを処理した後に音声録音を自動的に削除し、「Alexaプライバシー」内の「音声履歴の確認」ページ上の保存されているすべての音声録音も自動的に削除します。さらに、「コンテンツと端末の管理」ページにおいてお客様のアカウントに登録された各Alexa対応端末及びアプリに関連する全ての音声録音を一度に削除することが可能です。

お客様は、声で音声録音を削除する機能を有効にすることができます。当該機能が一度有効になると、「さっき言ったことを削除して」というだけで直前のリクエストに関する音声録音を削除でき、「今日言ったことを削除して」というだけでお客様のアカウントに紐づけて保存された一日分の音声録音を削除でき、「アレクサ、私の言ったことを全部削除して」というだけでお客様のアカウントに紐づけて保存された全ての音声録音を削除できます。ご家族が音声プロフィールを既に作成している場合、声によるそれらの音声プロフィールに紐づいて保存されている音声録音の削除は自動的に有効化され、声で音声録音の削除をリクエストする際にその声をAlexaは認識することができます。もし、お客様やお客様のご家族が音声プロフィールを作成されていない場合、声による音声録音の削除を有効にするには、Alexaアプリの「設定」にある「Alexaプライバシー」内の「音声履歴の確認」、またはhttps://www.amazon.co.jp/alexaprivacysettingsをご確認ください。また、「Alexaプライバシー」を通じて当該機能が有効になると、お客様のAlexa対応製品をご利用される方ならどなたでもお客様のアカウントから音声録音をAlexaに削除することができます。

音声録音を削除することにより、お客様へのAlexaサービスの品質が低下する場合があります。また、音声録音を保存しない場合、自動音声認識や音声プロフィールが機能しない可能性があります。

7. 音声録音を削除すると何が起こりますか?

「Alexaプライバシー」内の「音声履歴の確認」ページからお客様のアカウントに関連した音声録音を削除する場合、Amazonはお客様が選択した音声録音および当該音声録音を文字化したテキストデータをAmazonのクラウドから削除します。音声録音を保存しない場合、関連する音声録音のテキストデータは30日間保存され後、自動的に削除されます。Amazonは、お客様が「音声履歴の確認」ページ上でAlexaへのリクエストを確認したり、お客様によるAlexaサービスの体験やAlexaサービスを向上するために、これらのテキストデータを一定期間保存します。これらのテキストデータについては、「Alexaプライバシー」内の「音声履歴の確認」ページからいつでも削除することができます。

Amazonは、お客様のリクエストへのAlexaの対応に関する記録を含むお客様とAlexaとのその他のインタラクションの記録を保存する場合があります。例えば、これにより、お客様へのリマインダー、タイマー及びアラームの提供、注文への対応および買い物ややることリストならびにAlexaコミュニケーション機能を通じて送信したメッセージの表示を継続的に行うことを可能にします。お客様のリクエストがAlexaスキルによって解析された場合、音声録音を削除してもそのスキルの開発者によって保有された情報については消去されません(ただし、スキル開発者は音声録音を保有することはありません)。Alexaスキルに関するその他の情報については、当該FAQの「Alexaスキルはどのように機能しますか?」をご参照ください。Alexaコミュニケーション機能を利用して送信したメッセージの削除については、AlexaコミュニケーションFAQの「会話一覧からメッセージを消すには?」をご参照ください。お客様が音声プロフィールを作成する際、Alexaにお客様の声を認識させるために使用した音声録音の削除については、Alexaに関するFAQの「音声プロフィールはどのように作動しますか?」をご参照ください。

8. Alexaの音声記録機能とは何ですか?

音声記録機能とは、お客様がクラウドに送信されたお客様の音声録音を再生したり、Alexaにより認識されたお客様による発話を文字化した複写データおよびAlexaによる応答の確認を可能にする機能です。この機能により、Alexaがどのようにサービスを提供しているのか、Alexaによって何が録音され、また何が録音されていないのかについて、お客様としてより良く理解ができるようになります。また、この機能により、周辺のレストラン等、以前Alexaにより提供された情報をお客様として再度確認することが可能になります。万が一、Alexaが誤った対応を取った場合、この機能を利用してAlexaが特定の言葉やフレーズを誤認識したのかなど、原因となった問題を確認することも可能です。Alexaの音声録音機能には、Alexaアプリの「設定」にある「Alexaプライバシー」内の「音声履歴の確認」、またはhttps://www.amazon.co.jp/alexaprivacysettingsをご確認ください。各音声録音においてお客様よりフィードバックをご提供頂くことで、Amazonは音声サービスの向上に役立てることが可能になります。

9.音声録音はどのように利用されていますか?

Alexaはお客様の音声録音および第三者サービスからの情報を含むその他の情報を利用して、お客様の質問に答えたり、リクエストに応じたり、お客様の体験やAmazonのサービスを改善します。お客様のリクエストはお客様のAmazonアカウントに関連づけられるので、お客様は音声録音を確認したり、他のAmazonサービス(例:AlexaにKindle本を読むようリクエストしたり、Amazon Music Unlimitedで楽曲を再生することができるように)にアクセスすることができ、Amazonはよりお客様仕様の体験を提供することができます。例えば、視聴した曲の履歴を残すことでAlexaはお客様が「アレクサ、音楽をかけて」と言ったときにどの曲を再生すればいいかわかります。場合によってはAlexaがお客様のリクエストに基づいたおすすめをすることができます。例えば、Alexaはお客様が利用するAlexaスキルに基づいて、お客様が好きそうなAlexaスキルをおすすめすることがあります。

10. 音声録音や音声録音のテキストデータでAlexaはどのように改善されますか?

Alexaは毎日賢くなるよう設計されています。例えば、お客様のAlexaへのリクエストは、機械学習を通じた音声認識および自然言語認識機能のトレーニングに利用されます。幅広いお客様からの日常生活を通じたリクエストを用いてAlexaをトレーニングすることは、お客様によって異なる会話のパターン、方言、アクセントや単語およびお客様がAlexaをご利用される際の音響環境に対してAlexaが正確に応答するために必要となります。 Alexaがお客様からのリクエストを正確に解釈し、また適切に回答するために、このトレーニングの一部は、業界にて一般的に用いられるお客様からのリクエストのうち極めて限定的なサンプルのみを人により確認する教師あり機械学習で行われています。例えば、お客様による「お台場」の天気予報のリクエストを人により確認することで、Alexaが「小田原」の天気予報のリクエストと誤認識していたことを特定することが可能になります。Amazonの教師あり機械学習プロセスには、お客様のプライバシーを守るために幾つもの保護措置が講じられています。お客様は、Alexaアプリの「設定」における「Alexaプライバシー」にある「機能向上のためのAlexaデータ管理」から、お客様の音声録音をAmazonのサービスの改善や新たな機能の開発への貢献に使用することについてご自身で管理することができます。

11. Alexa Skillはどのように機能しますか?

Alexa Skills(以下「スキル」)は、音声駆動型の機能です。お客様は、利用可能なスキルを確認し、お客様のAlexaアプリから特定のスキルを有効または無効にしたり、Alexaを起動した後に、スキルを起動する為の「呼び出し名」と呼ばれる特定のフレーズをAlexaに話しかけることにより有効化されたスキルを利用することができます。お客様がスキルを利用する場合、アマゾンは、お客様がクイズ形式のスキルを利用する時のお客様の回答、お客様が天気を尋ねた時の郵便番号またはお客様のリクエストの内容等、関連する情報を当該スキルの開発者と交換することがあります(ただし、お客様の音声録音は含みません)。「呼び出し名」を話しかけずにAlexaに質問等をすると、アマゾンは、その内容に最も適した回答を提供することが可能であると判断したスキルを自動的に有効化し、起動するとともに、その内容を当該スキル開発者に送信する場合があります。お客様のAlexaアプリのスキルセクションには、スキル開発者によって提供され、適用する個人情報の取扱いに関する規約や利用規約等を含む、スキルについての詳細が記載されます。初期設定として、お客様の個人情報がスキル開発者と共有されることはありません。お客様は、Amazonに対して別途追加で情報を特定のスキル開発者に共有することを許可することができます(例えば、出前スキルで出前の予約をする際に名前や住所をスキル開発者に提供する等)。スキル開発者によるお客様の特定の追加情報へのアクセスの許可については、Alexaアプリの「設定」にある「Alexaプライバシー」またはhttps://www.amazon.co.jp/alexaprivacysettingsをご確認ください。

12. 音声ショッピングはどのように作動しますか?

Amazonプライム有料会員は、アマゾンのウェブサイトで販売される対象商品をAlexaに注文または再注文することができます。お客様は、Alexaを利用して対象となっているサービスに申込み、既定のお支払方法および配送の設定を利用してAlexaスキルで商品やサービスを購入することができます。お客様は、これらの購入について、お客様のAlexaアプリまたはalexa.amazon.co.jpにおいて、音声ショッピング機能専用の音声確認コードを設定したり、音声ショッピング機能を無効にしたり、アマゾンで購入した商品および注文内容を見ることができます。アマゾンのウェブサイトからの注文と同様に、Alexaからの注文は、Amazon.co.jp 利用規約およびAmazon.co.jp プライバシー規約に従うものとし、定期購入を利用する場合、適用されるサービスの条件に従うものとします。

一部のAlexaスキルにおいては、スキルの開発者から、Amazon Payを介して既定のお支払方法および配送の設定を利用して、非デジタル商品またはサービスを購入することができます(例えば、レストランのスキルから注文された料理)。お客様のAmazon Pay注文履歴はAmazon Payウェブサイトで確認することができ、その購入についての追加情報を見ることもできます。

その他の一部のAlexaスキルにおいては、スキルの開発者に対してお客様が直接指定した支払方法を利用して、開発者から商品やサービスを購入することができます。その際、お客様の既存の音声ショッピング設定がこれらの購入に適用されない場合があります。

13. 音声ショッピングを無効にすることはできますか?

はい。Alexaは、音声ショッピングの設定があります。アマゾンからの音声ショッピングによる商品の購入を無効にするためには、お客様のAlexaアプリで、「設定」 から「音声ショッピング」を開いてください。お客様は、アマゾンに商品を注文する際にAlexaが音声ショッピング機能専用の音声確認コードを要求するように設定することができます。

14. Alexaを利用して注文した商品およびコンテンツの返品条件を教えてください。

Alexaを利用してアマゾンで購入した非デジタル商品に適用される返品条件の詳細については、返品・交換の条件をご参照ください。また、Alexaを利用して購入した商品は無料返品の対象です。Alexaを利用して購入した商品を返品するためには、返品受付センターにて通常通りお客様の返品を処理してください。アマゾンは、返品に適用される配送料を自動的に返金します。商品の返金を受領してから7日以内に配送料が返金されます。

アマゾンの返品条件は、第三者Alexaスキル(例えば、レストランのスキルから注文された食品)を使って購入された非デジタル商品またはサービスには適用されません。代わりに、該当するスキルの開発者の返品条件が適用されますが、Amazon Payを利用した第三者Alexaスキルからの非デジタル商品の認定された購入はAmazon PayのAmazonマーケットプレイス保証の対象となります。

デジタルコンテンツの購入は確定的であり、返金対象ではありません。Alexaを通じてデジタルコンテンツ、または第三者サービスの定期購入を誤って購入した場合、購入日から7日以内にアマゾンに連絡すれば、返品または返金が可能です。返品や返金の問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。また、第三者サービスの定期購入の自動更新をキャンセルするには、Alexaアプリ上の該当するAlexaスキルの商品詳細ページから定期購入の設定を変更してください。なお、定期購入に関する支払い済みの料金については返金の対象ではありません。アマゾンの定期購入の返金要件については、該当するサービスの利用規約にある返金の対象およびキャンセルに関する条件をご覧ください。

15. 子ども向けスキルとは何ですか。また、どうしたら子ども向けスキルを使用することができますか?

子ども向けスキルは、開発者によって、子供向けであると指定されたスキルです。子ども向けスキルは、初期設定では無効になっています。お客様は、Alexaアプリの「設定」メニューで、すべての子ども向けスキルを有効にすることができます。また、その設定を変更して、いつでも、すべての子ども向けスキルを無効にすることができます。無効にした場合、お客様のアカウントで子ども向けスキルを利用することはできません。それぞれの子ども向けスキルに関する詳細な情報(開発者の定める利用条件を含みます。)は、Alexaアプリ上のそのスキルに関する詳細ページで確認することができます。詳細についてはこちらをご参照ください。

16. Alexaはどのようにスマートホームデバイスと作動しますか?

Alexaは、お客様が、電気、コンセント、カメラ、プリンター、キッチン用品、テレビおよびサーモスタッド等、様々なスマートホームデバイスを音声で操作し、また、状態をチェックすることを可能にします。詳細については、Alexa対応スマートホームデバイスをご参照ください。お客様は、Alexaスマートホーム専用スキルを利用してAlexa対応のスマートホームデバイスを繋げることができます。また、お客様は、Echo Plusなど内蔵型スマートホームハブが搭載されているEchoシリーズ端末に、対応する特定のスマートホームデバイスを直接繋げることができます。アマゾンは、該当する製造業者の代わりに一定の端末のファームウェアを自動的に更新することがあります。

アマゾンは、端末タイプ、名称、特徴、状態および利用履歴等、お客様がAlexaに繋げる第三者スマートホームデバイスに関する情報を受領することがあります。お客様は、この第三者のスマートホームデバイスの状態および利用履歴をAlexaアプリの「設定」にある「Alexaプライバシー」、またはhttps://www.amazon.co.jp/alexaprivacysettingsにて削除することができます。利用履歴を削除することにより、お客様のAlexaサービスの品質や特定の機能が低下する場合があります。ただし、お客様のスマートホームデバイスに関するその他の情報(デバイスの種類や名前など)は削除されません。

17. 音声プロフィールはどのように作動しますか?

お客様が音声プロフィールを作成することで、Alexaはお客様を名前で呼んだり、お客様のお好みにより合った体験を提供することができます。お客様が音声プロフィールを作成する際、Alexaはお客様の録音された声を用いて音声特性の音響モデルを作成し、クラウドに保存します。お客様がAlexaの利用を停止し、Alexaがお客様の声を3年間認識しない場合、お客様の音響モデルは自動的に削除されます。また、お客様がAlexaスキルを利用する際にAlexaがお客様の声を認識すると、当該スキルは数値識別子を取得し、当該お客様と同じAlexa対応端末を利用するその他のお客様とを識別することで、当該お客様のお好みにより合った体験を提供することが可能になります。お客様は、認識された声を基にしたAlexaスキルによる個人用設定機能を無効にしたり、Alexaアプリ内で音声プロフィールを削除することができます。お客様が音声プロフィールを削除する場合、Alexaにお客様の声を認識させるために使用した音声録音も削除されます。

18. Alexaアプリ内で合意したアクセスの許可をどのように利用していますか。

Alexaアプリは、Alexaがお客様のリクエストをより多く理解し、より好みに合った回答を提供し、お客様によるAlexa対応端末の設定や特定のAlexaの機能をサポートするために、携帯端末において様々なアクセスの許可を要求します。下記にはAlexaアプリが要求する特定のアクセス許可およびAlexaによるそれらの利用方法のいくつかが記載されています。お客様は、お持ちの携帯端末の設定において、Alexaアプリに対して許可したアクセスを管理することができます。

位置情報について: お客様の端末を利用し、お客様がAlexaアプリを利用している場所に基づき天気やレストラン情報などの回答を提供し、また、位置情報に基づいたリマインダーや定型アクションなどの特定の機能を可能にしています。一部の携帯端末においては、お客様による特定のAlexa対応端末のセットアップをサポートする際に必要な周辺のBluetoothやWi-Fiネットワークの検索および接続を行うために位置情報への許可が必要となります。

マイクについて: お客様によるAlexaへのリクエストを聞いたり、Alexaコミュニケーション機能を提供するためにお客様の携帯端末にあるマイクを利用します。一部の携帯端末では、お客様のBluetooth接続を必要とするAlexa対応端末を経由した音声を処理する為にマイクへのアクセスの許可が必要となります。

連絡先について: お客様による通話やメッセージなどを通じて友人や家族とつながるサービス利用のためにお客様の携帯端末上の連絡先を利用します。Alexaコミュニケーション機能におけるお客様の連絡先の利用方法については、当該FAQの「AlexaコミュニケーションFAQ」をご参照ください。

ストレージについて: 特定のAlexa機能を提供するために、携帯端末のストレージにデータを保存する必要があります。例えば、Alexaアプリの性能を向上させるためにマップデータ等の特定のデータを携帯端末のストレージに保存する場合があります。

カメラについて: お客様によるビデオ通話や端末の簡単セットアップ(例えば、端末のバーコードをスキャンして端末の初期設定を行うセットアップ方法など)を可能にするためにカメラへのアクセスを必要とします。

通知機能について: お客様が新しいメッセージや通話を受信した際などにアラート通知を送信するために通知機能を利用します。

アプリのバックグラウンドにおける起動的な起動について: Echo Autoなどの特定のアレクサ対応端末やリマインダーおよび定型アクションなどの特定のAlexa機能を利用するために、Alexaアプリは特定の携帯端末では常にバックグラウンドで起動している必要があり、その為の許可を必要とします。

AlexaコミュニケーションFAQ

1. Alexaコミュニケーション機能とは何ですか?

この無料機能はEchoのハンズフリー体験の簡単さ、複数装備されたマイクによる利点及び高音質のスピーカーを、通話機能とメッセージ機能に活かします。Alexaを通じて簡単に家族や友達と通話したり、音声メッセージを送受信することができます。お客様の発話を通じてご利用が可能になります。対象のEchoシリーズ端末を利用して、「Alexa、連絡して」と話しかけてお母さんを指定するだけです。

2. Alexaコミュニケーション対応端末は?

Alexaメッセージの送受信(およびAlexaコールの発着信)は対象のEchoシリーズ端末および対象の携帯電話およびタブレット上でのAlexaアプリ間において可能です。Alexaコミュニケーションは一部の第三者Alexa搭載デバイスでも利用できる場合があります。機能はデバイスにより異なります。

3. Alexaメッセージの使い方は?

対象の Echoシリーズ端末およびAlexaアプリを利用して、Alexaコミュニケーションユーザに音声およびテキストメッセージを送信することができます(例:Echoでは、「アレクサ、お母さんにメッセージを送って」と話しかける、またはAlexaアプリでは、お母さんの連絡先カードのメッセージアイコンをタップ)。メッセージはクラウドで処理され、音声メッセージをテキストに、またテキストを音声メッセージに変換します。対象のEchoシリーズ端末でメッセージを受信すると、通知音が鳴り通知画面が出ます。「アレクサ、メッセージを再生して」と言うと対象のEchoシリーズ端末でメッセージを受けることができます。メッセージを受信すると、Alexaアプリをダウンロードした携帯電話またはタブレットも通知され、Alexaアプリでメッセージを表示して再生することができます。Alexaメッセージでは電話番号とのテキストメッセージ送受信には対応していません。

4. Alexaコールの使い方は?

対象のEchoシリーズ端末およびAlexaアプリを利用して、Alexaコミュニケーション機能に登録した他者とコールすることができます(例:Echoでは、「アレクサ、お母さんに連絡して」と話しかける、またはAlexaアプリでは、お母さんの連絡先カードのコールアイコンをタップ)。対象のEchoシリーズ端末でAlexaコールを着信すると、Alexaはコール着信をお知らせして発信者を特定します。画面がないEchoシリーズ端末では緑色のライトが点灯し、画面付きのEchoシリーズ端末では着信コール画面が表示されます。「アレクサ、応答して」と言うとコールを受けることができます。どちらの通話者も、「アレクサ、終了して」と言ってコールを終了することができます。コールを着信すると、Alexaアプリをダウンロードした携帯電話またはタブレットにも通知され、Alexaアプリでも着信画面が表示されコールを受けることができます。Alexaコールでは電話番号への発着信には対応していません。

5. Alexaコミュニケーションを利用して救急サービスに連絡できますか?

できません。Alexaコミュニケーションでは110番や119番等の救急サービスには連絡できません。お客様は、関連する救急サービス提供者に連絡できる携帯電話、固定電話、その他のサービスを利用できることを確認してください。

6. Alexaコミュニケーション用に連絡先を追加または削除するには?

AlexaアプリでAlexaコミュニケーションに登録すると、お客様の端末から連絡先を取り込むよう求められ、取り込まれた連絡先はAlexaアプリの連絡先として表示されます。Alexaアプリを起動すると、携帯電話またはタブレットから連絡先が自動的に更新されます。お客様は、Alexaアプリから連絡先の自動更新を無効にすることができます。連絡先の自動更新を無効にすると、過去に取り込まれた連絡先は全て削除されます。

お客様は、Alexaアプリに連絡先を手動で追加することができます。また、手動で追加した連絡先は個別に消去することも可能です。

7. 自分がコールもしくはメッセージを受信するために他者への許可は必要ですか?

まずはAlexaコミュニケーションに登録する必要があります。登録が終わると、お客様の連絡先詳細を登録済みの他のAlexaコミュニケーションユーザは、Alexaを通じてお客様に連絡することができます。

8. 自分からのコール・メッセージを受信できるのは誰ですか?

他のAlexaコミュニケーションユーザにコールまたはメッセージした場合、コールまたはメッセージはその連絡先に登録された全ての対象のEchoシリーズ端末およびその連絡先のAlexaアプリにつながります。

9. おやすみモードとは何ですか?

おやすみモードにするとEchoシリーズ端末が消音になり、Alexaを通じてコールまたはメッセージが受けられなくなります。「アレクサ、おやすみモードにして」と言うだけで、またはAlexaアプリの設定でオンにすることができます。コール・メッセージを受けられる状態になったら、「アレクサ、おやすみモードを解除して」と言うことでコール・メッセージを受けられます。

10. 会話一覧からメッセージを消すには?

iOSバージョンのAlexaアプリでは、該当する会話を左にスワイプして「削除」をクリックします。AndroidバージョンのAlexaアプリでは、会話を長押しして選択し、上部のナビゲーションバーのゴミ箱アイコンをタップします。会話一覧から会話を削除しても、連絡先の会話一覧からは削除されないのでご注意ください。送信または受信したメッセージを連絡先の会話一覧から削除することはできません。

11. Alexaコミュニケーションを退会するには?

カスタマーサービス(0120-899-543)にお電話ください。Alexaコミュニケーションの登録解除の方法をご案内します。

12. 呼びかけ機能とは何ですか?

別途設定が必要な呼びかけ機能を使えば、対象のEchoシリーズ端末で仲のいい友達や家族とすぐにつながれます。自分および同居の家族、またはその他の連絡先(およびその連絡先の同居家族)に呼びかけを許可するには、該当する連絡先カードを選択して呼びかけ機能をオンにします。また、「アレクサ、自宅に呼びかけて」と話しかけるだけで、自分(および同居の家族)に呼びかけを許可することもできます。「アレクサ、呼びかけをオフにして」というだけで、同居の家族への呼びかけ機能を無効にすることができます。或いは、「アレクサ、おやすみモードにして」と言うことで呼びかけをブロックできます。Alexaアプリの端末設定から、特定の端末で呼びかけを無効にすることもできます。

13. 誰かが自分の端末に呼びかけをすると、何が聞こえて何が見えますか?

誰かがお客様の対象のEchoシリーズ端末に呼びかけをすると、通知音が鳴り誰かが呼びかけしているというインジケータが表示されます。呼びかけの相手方には自動的にお客様の端末からの音声が聞こえます。「Alexa、切って」と言うと呼びかけを終了することができます。Echoシリーズ端末では、呼びかけの起動中は着信を示す緑のライトが点灯します。

Alexaアプリまたは画面付きEchoシリーズ端末を利用する連絡先がお客様の画面付きEchoシリーズ端末 に呼びかけすると、相手方には曇りガラス越しのお客様の端末のカメラからの映像が表示されます。曇りガラスは短時間で自動的に鮮明な映像に切り替わります。呼びかけ機能の起動中は、お客様には連絡先の映像(同時に小さな自分側の映像)が表示されます。呼びかけ機能を終了するには画面の終了アイコンをタップします。カメラだけを無効化するには音声会話の途中で「Alexa、ビデオを切って」と言うか、画面のビデオオフアイコンをタップします。

14. アクティブインジケータとは何ですか?

呼びかけを許可された同居の家族または連絡先のEcho Show、Echo SpotもしくはAlexaアプリには、お客様の対象のEchoシリーズ端末の近くに誰かがいるかどうかがアクティブインジケータとして表示されます。AlexaとのインタラクションおよびEcho Showのモーションセンサーによって、お客様の端末が最近使用されたかどうかが判断されます。

15. 呼びかけを無効化するには?

同居の家族に呼びかけを許可した場合、「アレクサ、呼びかけをオフにして」と話しかけるか、自分の連絡先カードで無効にすることができます。その他の連絡先に呼びかけを許可した場合、その連絡先のカードで無効にすることができます。また、特定の端末の呼びかけを無効にするにはAlexaアプリの端末設定で無効にすることができます。

16. Alexaコミュニケーションの追加機能について

お客様は、Alexaアプリの「設定」内の「コミュニケーション」における「追加機能」を通じてグループ通話などの追加されたAlexaコミュニケーション機能を有効にすることができます。グループ通話機能などAlexaコミュニケーションの追加機能を有効にすると、それらの機能を提供するために、お客様の音声およびビデオ通話に適用された暗号はクラウド上で解除され、処理され後、再び暗号化されます。アマゾンは、音声通話およびビデオ通話の内容等を保存しません。また、当該追加機能を無効にする場合、お客様と追加機能への参加者は、それらの機能を利用することはできません。

17. Alexaコミュニケーション機能は暗号化技術を使用していますか?

初期設定として、Alexa対応端末同士やAlexaアプリを介した音声およびビデオ通話機能や呼びかけ機能に対してはエンドツーエンド暗号化が適用されます。グループ通話機能などAlexaコミュニケーションの追加機能を有効にすると、お客様の音声通話およびビデオ通話に適用された暗号はクラウド上で解除され、処理され後、再び暗号化されます。アマゾンは、お客様の通話中の音声や画像および通話内容に関する情報を保存しません。

18. アナウンス機能について

アナウンス機能は、同じAlexaアカウントに登録されたAlexa対応端末を通じてインターフォンのようにアナウンスをすることを可能にします。「アレクサ、『ごはんができたよ』ってアナウンスして。」と話しかけるだけで、自分の声で「ごはんができたよ。」と自宅のAlexa対応端末を通じて一斉にいうアナウンスすることができます。「アレクサ、おやすみモードをオンにして。」と話しかけておやすみモードを有効にすることで、端末ごとにアナウンス機能を停止することができます。アナウンス機能は、呼びかけ機能とは異なり、片方向の通話機能です。アナウンス機能に対して返答するには、新たにアナウンスをするか呼びかけ機能を利用して双方向の通話をご利用ください。

19.Alexaを通じて自分の使っている通信サービスを利用した通話したり、テキストメッセージを送信することはできますか?

Echo Autoなどの特定のAlexa対応端末では、Alexaはお客様の携帯電話に接続し、Alexaを通じてお客様が利用している携帯電話の通信サービスや料金プランを使用して通話サービスやテキストメッセージサービスを利用することを可能にします。お客様が、通話したりメッセージを送信するリクエストをAlexaに対して行う場合、Alexaは、可能な限り、Alexaコミュニケーション機能を通じて当該サービスを提供します。しかしながら、お客様が通話やメッセージを送信する相手方がAlexaコミュニケーション機能の利用者ではない場合、またはお客様が特定の電話番号に連絡される場合、Alexaはお客様のご利用されている通信サービスを利用して通話やメッセージサービスを提供します(これらの機能については、製品やOSの種類によって異なる場合があります)。ネットワーク接続等に問題がある場合、Alexaはお客様のリクエストを処理できない可能性があります。Alexaを通じて通話ができない場合、携帯電話から直接通話をするようにしてください。

Alexa対応Echoシリーズ端末に関するFAQ

Echo、 Echo Showおよび Echo Auto等のAlexa対応Echoシリーズ端末は、ハンズフリーのAlexa対応端末です。

1. AmazonのEchoシリーズ端末はどのようにウェイクワードを認識しますか?

Echoシリーズ端末は、お客様が選択したウェイクワード(「アレクサ」、「アマゾン」、「コンピュータ」または「エコー」)のみを検出するように設計されています。端末はウェイクワードと一致する音声パターンを特定することによりウェイクワードを検出します。ウェイクワードが検出されると、端末は音声の録音が開始し、ウェイクワードが発話される数分の一秒前の音声も含む音声録音をクラウドへ送信します。端末がウェイクワードを検出しない限り(または端末のボタンを押してAlexaが起動されない限り)音声は保存されることもクラウドに送信されることもありません。

2. Echoシリーズ端末がいつ音声をクラウドに送信しているか、どのように分かりますか?

Echoシリーズ端末がウェイクワードを検出した時、または一部のEchoシリーズ端末にあるアクションボタンを押してAlexaが起動された際、端末のインジケータが表示され、端末から音声をクラウドに送信していることをお知らせします。例えば、Echoではライトリングが青く光り、Echo Showでは青い線が表示されます。

お客様がウェイクワードを発すると、ウェイクワードが発話される数分の一秒前の音声を含む音声を、Alexaがリクエストを処理するクラウドへと送信を開始し、お客様の質問やリクエストがクラウドにて処理された後に送信を終了します。なお、会話継続モードを有効にすれば、ウェイクワードを繰り返し言わなくてもAlexaが引き続きリクエストに反応します。詳細については、こちらをお読みください。Alexaアプリの設定から、クラウドに音声が送信されるたびに短い通知音を再生するようEchoシリーズ端末を設定することもできます。また、Echo Inputを含む特定のEchoシリーズ端末は、初期設定として短い通知音が再生されるよう設定されています。

3. Echoシリーズ端末のマイクを無効にすることはできますか?

はい。Echoシリーズ端末にはマイクオフボタンが備え付けられています。ボタンを押すと、マイクの電源が切れて、専用の赤いライトが点灯します。マイクの無効中は、たとえウェイクワードを発した場合でもあっても、音声を録音したりクラウドに送信することはできません。

4. Echoシリーズ端末はどのような仕組みで自動的に画面がつくのですか?

画面付きのEchoシリーズ端末は、ウェイクワードを検出するか、カメラに映る範囲に動きがあるか、お客様が端末の画面またはボタンに触れると画面を表示します。

5. カメラ付きEchoシリーズ端末がいつクラウドに画像または映像を送信しているか、どのようにして分かりますか?

カメラ付きEchoシリーズ端末がクラウドに画像または映像を送信しているときは必ず画面上のインジケータが表示されます。例えば、ビデオ通話が起動中の場合、端末の画面にはクラウドに送信されている映像が小さく表示され、または画面の下に緑の「コール中」のライトバーが表示されます。

6. カメラ付きEchoシリーズ端末でカメラを無効化できますか?

はい、可能です。カメラ付きEchoシリーズ端末でカメラを無効化するには、端末のマイク/カメラのオフボタンを押します。マイク/カメラのオフボタンが押されると、マイクとカメラの電源が切れ、専用の赤いライトが点灯します。Echo Show 5など一部のカメラ付きEchoシリーズ端末にはカメラカバーが内蔵されています。内蔵のカメラカバーを閉じるとカメラの電源が切れます。マイク/カメラのオフボタンを押して、または内蔵カメラカバーをスライドして閉じてカメラを無効にすると、端末はカメラに映る範囲における動きにも反応せず、ビデオ通話等、カメラを必要とする機能は使うことができません。

Alexa搭載Fireタブレットに関するFAQ

一部のFireタブレットでは、画面がオンになっているとき、またはタブレットがコンセントに接続されているときはいつでもAlexaハンズフリーが利用できます。また、Showモードでは、音声リクエストに全画面で反応する臨場感のあるAlexaを体験することができます。FireタブレットからAlexaにアクセスする方法はこちらをご参照ください。

1. FireタブレットでAlexaハンズフリーをどのようにオンにしますか?

Alexaハンズフリーをオンにするには、端末の設定(「設定」>「Alexa」)でAlexaおよびハンズフリーモードの設定が両方有効になっていることを確認します。Showモードを使用するには、クイックアクションメニューから下にスワイプしてShowモードに切り替えます。なお、音声によるShowモードへの切り替えは今後提供予定です。

2. FireタブレットでAlexaハンズフリーはどのようにウェイクワードを認識しますか?

Fireタブレットに搭載されたAlexaは、端末がスタンバイモードになっている場合でも、端末のキーワード検出機能を利用してウェイクワードを検出することができます(一部のFireタブレットでは、タブレットがコンセントにつながっていない状態で画面が消えているときはウェイクワードを検出しないことがあります。詳細についてはこちらをご参照ください)。ウェイクワードが検出されると、クラウドへの音声送信(ウェイクワードが発話される数分の一秒前の音声を含む)が開始されます。

3. FireタブレットのAlexaがいつ音声をクラウドに送信しているか、どのように分かりますか?

FireタブレットのAlexaがウェイクワードを検出する、またはお客様がAlexaにアクセスするためにホームボタンを長押しすると、画面の下に青い線が点灯し、Alexaがクラウドに音声を送信していることをお知らせします。お客様がウェイクワードを発すると、ウェイクワードが発話される数分の一秒前の音声を含む音声を、Alexaがリクエストを処理するクラウドへと送信を開始し、お客様の質問やリクエストがクラウドにて処理された後に送信を終了します。ウェイクワードが認識されると通知音が鳴り、端末が音声を送信していることをお知らせします。リクエストが終わるときにも通知音が鳴り、接続が終了し、端末から音声の送信が終了していることをお知らせします。

4. タブレットをパスコードでロックしているとき、FireタブレットでAlexaハンズフリーはどのように作動しますか?

Alexaハンズフリーが起動中にお客様のタブレットがパスコードでロックされているときでも、ウェイクワードを使って一部のAlexaの機能にアクセスすることができます。その他のAlexaの機能にアクセスするには、パスコードを入力する必要があります。Alexaの機能にアクセスするためのパスコードの入力を省略したい場合、端末の設定でご利用されるWi-Fiネットワークを信頼できるネットワークに指定(「設定」>「Alexa」>「信頼できるネットワーク」)し、Fireタブレットを信頼できるネットワークに接続する必要があります。セキュリティ対策として、タブレットがパスコードでロックされている場合、信頼できるネットワークに接続されていてもShowモードを終了するにはパスコードの入力が必要になります。

5. FireタブレットがShowモードになっているとき、どのような仕組みで自動的に画面がつくのですか?

Showモードがオンになっている場合、お客様のタブレットは、ウェイクワードが検出されるか、カメラに映る範囲に動きがあるか、またはお客様が端末の画面またはボタンに触れると画面が表示されます。

6. FireタブレットのAlexaがいつ画像や映像をクラウドに送信しているか、どのように分かりますか?

Alexaが画像または映像をクラウドに送信しているとき、画面上にインジケータが表示されます。例えば、ビデオ通話が起動中の場合、端末の画面上にクラウドに送信されている映像が小さく表示されます。

7. Alexaハンズフリーをどのようにしてオフにしますか?

Alexaハンズフリーをオフにするには次の方法があります。1.クイックアクションメニューから下にスワイプし、Alexaマイク/カメラ‐オン/オフのアイコン(Showモード使用時)もしくはAlexaハンズフリーアイコン(Showモード使用時以外)を選択する、2.端末のボリューム上下ボタンを同時に3秒間長押しする、または3.端末の設定(「設定」>「Alexa」>「ハンズフリーモード」)から別途設定する。Showモード使用時では、赤い線とアイコンが点灯し、お客様のFireタブレットのAlexaハンズフリーがオフになっていることをお知らせします。Showモード使用時以外では、ステータスバーにアイコンが表示されます。お客様のFireタブレットは、Alexaハンズフリーを再度起動しない限り、ウェイクワードには反応したり、Showモード使用時においては、カメラに映る範囲の動きを検出しません。Alexaハンズフリーをオフにした場合でも、タブレットがShowモードになっていなければ、ホームボタンを長押しすることによってAlexaを利用することができます。

Alexa対応Amazon Fire TVシリーズ端末に関するFAQ

日本国内における現行世代のFire TVシリーズ端末はAlexaに対応しています。

1. Fire TVシリーズ端末でAlexaを使うには?

FireTVリモコンアプリまたはAlexa対応音声認識リモコンの音声認識ボタンを長押しすれば、Alexaを利用することが可能です。また、言い終わったら音声認識ボタンを放します。

一部のFire TVシリーズ端末では、搭載されているスピーカーおよびマイクを通じてAlexaハンズフリー機能がサポートされています。Fire TVシリーズ端末を互換性のあるAlexa搭載端末とペアリングし、その端末を通じてAlexaを使用すればFire TVデバイスを操作することも可能です。

互換性のあるAlexa搭載端末を通じてFire TVシリーズ端末の特定の機能を操作する方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

2. Alexaハンズフリー機能対応のFire TVシリーズ端末 はどのようにウェイクワードを認識しますか?

Alexaハンズフリー機能対応のFire TVシリーズ端末は端末のキーワード検出機能を利用してウェイクワードを検出することが可能です。ウェイクワードが検出されると、ウェイクワードが発話される数分の一秒前の音声を含む音声のクラウドへの送信が開始されます。

3. Fire TVシリーズ端末がいつ音声をクラウドに送信しているか、どのようにして分かりますか?

Alexa対応音声認識リモコンまたはFire TVリモコンアプリの音声認識ボタンを押すと、Fire TVシリーズ端末が接続されたテレビ画面に青い線が点灯し、音声を録音してクラウドに送信していることをお知らせします。

また、Alexaハンズフリー機能を対応したFire TVシリーズ端末を通じて使用し、その端末がウェイクワードを検出すると、端末上でインジケーターが点灯し、端末が音声を録音し、クラウドに送信していることをお知らせします。お客様がウェイクワードを発すると、ウェイクワードが発話される数分の一秒前の音声を含む音声を、Alexaがリクエストを処理するクラウドへと送信を開始し、お客様のリクエストがクラウドにて処理された後に送信が終了します。会話継続モードを有効にすれば、ウェイクワードを繰り返し言わなくてもAlexaが引き続きリクエストに反応します。詳細については、こちらをお読みください。また、お客様はAlexaアプリ内のサウンドの設定を通じて、ウェイクワードが認識されると短い通知音が鳴り、端末が音声を送信していることをお知らせするリクエスト開始音を有効にすることができます。

4.Alexaハンズフリー機能対応のFire TVシリーズ端末のマイクを無効にすることはできますか?

はい。Amazonハンズフリー機能対応のFire TVシリーズ端末はマイクオフボタンが搭載されています。マイクオフボタンが押されると、マイクへの電源が切断され、専用の赤色ライトが点灯します。マイクが無効になっている場合、ウェイクワードを発したとしても端末は音声を録音してクラウドに送信することはできません。端末のマイクが無効になっている場合でも、Alexa音声認識リモコンを通じたリクエストには応答します。

5.テレビが消えていてもFire TVシリーズ端末を通じてAlexaを利用することはできますか?

はい。Alexaはテレビが消えていてもリクエストに応答します。リクエストの内容によっては(例えば「Netflixを開いて」や「コメディ番組を探して」等)、Alexaはリクエストに応えるためにテレビをつける場合があります。

Alexa、Echoシリーズ端末及びプライバシーに関するよくある質問については、Alexaプライバシーポータルをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をお寄せいただきありがとうございます。

ご意見をお寄せいただきありがとうございます。サービス改善のため、以下から当てはまるものを選択してください:

ご意見をお送りいただき、ありがとうございました。お客様のご意見をもとにサービス向上に努めさせていただきます。なお、お送りいただいたご意見への返答は行っておりませんので、ご了承ください。