Androidアプリストア Amazonファミリー nav_flyout_bookshonya psm Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 父の日特集2018 年末年始ダイエット特集 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 ドキュメンタル シーズン5

サプライ・チェーン基準

Amazonでは、合法的かつ倫理的な方法で事業を行うことに熱心に取り組んでおり、同じ原則に取り組むサプライヤーと取引をすることもその一環です。Amazonは、Amazonの製造・供給チェーンに属するサプライヤーが、以下に詳述するAmazonのサプライヤー行動規範*(以下「本サプライヤー規範」といいます)を遵守することを求めます。また、Amazonでは、サプライヤーが自身の仕入先および下請業者にも本サプライヤー規範の基準および実務を守らせることを期待します。Amazonの商品は、本サプライヤー規範に反映されている、Amazonおよびその顧客の期待を満たす、または期待を上回る方法にて製造される必要があります。

Amazonが重視する主要分野は以下のとおりです。

  • 生産エリアおよび居住空間における安全衛生
  • 合法的な賃金手当を受ける権利
  • 適切な労働時間と時間外労働手当
  • 児童就労・強制労働の禁止
  • 差別の禁止を含む、公平で倫理的な待遇

Amazonの監査手順および基準が、最上級の実務を組み入れたものであることを確保するために、Amazonでは、小売業およびエレクトロニクス産業において世界的に認められた国際基準および他の企業と比較して、Amazonの評価基準の検討のため、産業界の専門家とともに正式評価を行います。Amazonの監査プログラムの策定、運用および継続的な改善のため、一流の外部専門家と密接に協力します。Amazonのマネージャーも、多数の現場監査に直接参加します。監査報告および認定項目は、適切な事業部の上級経営陣によって定期的に審査され、必要に応じて是正行動計画が実施されます。

Amazonでは、労働条件の継続的な改善を推進するために、サプライヤーと密接に協力します。また、本サプライヤー規範により要求される基準および行動につき、サプライヤーの教育を行います。労働者との非公開面接によるものを含めて、外部監査人を使用してサプライヤーを監査し、遵守を確認します。Amazonでは、継続的な遵守および改善を監視するため、少なくとも年に1回はすべてのサプライヤーを監査します。特別な認定項目を指摘するためのフォローアップ監査を含めて、多くの現場では年に複数回の監査を行います。Amazonは、サプライヤーが本サプライヤー規範に違反した場合や、Amazonの監査人に協力しない場合には、サプライヤーとの取引を解消することができます。

各現場監査には、以下を含みます。

  • 現場のすべてのエリアおよび居住空間の検査
  • 現場管理者の立会い無しで行われる、労働者との非公開面接
  • 労働者の年齢、契約、報酬、労働時間および労働環境条件を評価するための現場の文書の検討および分析
  • 現行の許認可および過去の遵守問題に関する監査および検討
  • 改善すべきエリアの特定および是正計画の策定

監査の完了時に、サプライヤーは特定された各問題につき、詳細な是正計画を速やかに提出しなければなりません。Amazonでは、是正を緊密に追跡し、重大な問題についてはフォローアップ監査を実施します。各監査の間には、Amazonの従業員が、未解決の問題および是正の進捗につき協議するため、サプライヤーのマネージャーと現地にて頻繁に会議します。

サプライヤー行動規範

指針原則:Amazonのサプライヤーの事業および労働慣行は、適用あるすべての法律を遵守し、また本サプライヤー規範の要件および原則を満たすものでなければなりません。サプライヤーは、本サプライヤー規範が適用ある法律の要件よりも厳しいものであったとしても、本サプライヤー規範の基準を満たすことが必要です。

児童労働:Amazonは児童の労働力を使用することを認めません。Amazonのサプライヤーが雇用する労働者は、(i) 15歳、(ii) 義務教育修了年齢、または(iii) 労働する国の労働最低年齢のうち、最も高い年齢以上である必要があります。さらに、18歳未満の労働者は、有害な労働に従事してはなりません。Amazonは、適用ある法律および本サプライヤー規範を遵守するものである、適法な職場実習制度の発展を支援します。

強制労働、人身売買および奴隷:サプライヤーは、奴隷、囚人、年季奉公、束縛その他の強制労働を使用してはなりません。サプライヤーは、脅迫、強制、威圧、誘拐または詐欺などを通じた、労働者の人身売買やその他の方法での労働力の調達をしてはなりません。就労は労働者の任意によるものとし、労働者は合理的な通知に基づき自由に退職できなければなりません。サプライヤーは、過剰な募集や雇用による一切の費用、または労働者に対して請求されるその他の料金が生じた場合には、それらを負担し、または労働者に弁済しなければならず、労働者に対して請求される一切の料金および経費は、事前にAmazonおよび労働者に対し開示しなければなりません。サプライヤーは、労働者に対し就労の条件として政府発行の身分証明書、パスポート、労働許可証などを引き渡すことを要求してはならず、これらの文書は、合法的な事務処理および入国管理手続を完了するために合理的に必要な限りにおいて、一時的に預かることだけが可能です。労働者には、労働者が理解できる言語による、その雇用の条件に関する明確で理解可能な契約書を提供しなければなりません。サプライヤーは、各人事担当者または募集代理店が、本サプライヤー規範、および労働が行われる国および労働者の母国の、より厳格な適用法を遵守することを確認しなければなりません。

安全衛生:Amazonのサプライヤーは、労働者に安全で衛生的な職場環境を提供しなければならず、少なくとも、労働条件に関し適用ある法律および以下の基準を遵守するものとします。

  • 労働安全:サプライヤーは、安全手順につき労働者を教育しなければならず、また、物理的な安全対策、防壁、および/または工学上、経営上の管理措置を実施することにより、労働者の身体的安全性が危険にさらされることのないよう管理しなければなりません。労働者が有害または危険な状況で労働する場合や、有害または危険物を取り扱う場合(その他、それらに接触する場合)には、そのことを事前に労働者に通知し、適切な研修を受けられるようにしなければなりません。また、労働者には適切な身体保護用具が与えられ、その正しい使用法につき教育および研修が行われるものとします。サプライヤーには、業務上の負傷や疾病を管理し、追跡し、報告する義務があります。
  • 肉体的な負担の大きい労働:サプライヤーは、労働者の安全衛生を脅かすことのないように、肉体的に負荷の大きい仕事を常に特定し、評価し、管理しなければなりません。
  • 緊急時の備えおよび対応:サプライヤーは、緊急事態を特定し、行動計画を作成し、対応システムを実施し、労働者を訓練するものとし、これらには緊急事態報告、警報システム、労働者への通知および避難手順、労働者の研修および訓練、応急手当備品、火災報知および防火設備、妨害のない非常口の設置等を含みます。
  • 機械設備の安全対策:サプライヤーは、定期的な機械のメンテナンスプログラムを実施しなければなりません。生産設備およびその他の機械設備は、その安全上の問題につき、定期的な評価を行わなければなりません。
  • 衛生および住居:労働者には、清潔なトイレ施設および飲用に適した水が合理的に提供されなければなりません。サプライヤーが社員食堂やその他の食事の便宜を提供する場合は、清潔な調理、保存および飲食設備を条件とします。サプライヤーが労働者のために住居施設を提供する場合は、清潔で安全な施設を提供しなければなりません。かかる住居施設では、労働者は、非常口、合理的な安全が確保された個人スペース、出入りの権利、入浴のための温水への合理的なアクセス、適切な暖房および空調、ならびに(徒歩にて合理的にアクセス可能でない場合は)労働施設との間の合理的な移動手段を提供するものとします。

賃金および手当:Amazonのサプライヤーは、最低でも、適用ある法律を満たすものである報酬を(時間外手当を含めて)労働者に対し適時に支払います。サプライヤーは、労働者の報酬の根拠を、給与明細その他の文書証拠により、適時に労働者に提供するものとします。懲戒的措置として賃金を適用法令の範囲を超えて減額することは禁止されます。

労働時間:異常事態や緊急事態の場合を除いて、(i) サプライヤーは、時間外勤務を含めて週60時間を超える労働を労働者に要求してはならず、(ii) 各労働者は、7日間の労働期間のうち少なくとも1日の休日を得る権利があるものとします。いかなる状況においても、労働時間は法律で許可される最大時間を超えてはいけません。

差別の禁止:労働条件は、個人の特徴や信条ではなく、仕事をする個人の能力に基づき定めるべきものです。Amazonのサプライヤーは、求職、昇進、配属、研修、賃金、手当および解雇などの採用と労働実務に関して、人種、肌の色、国籍、性別、性的嗜好、宗教、障がい、年齢、政治的意見、妊娠、婚姻、家族状況その他の同様の要因に基づく差別をしてはいけません。サプライヤーは、差別的に用いられる可能性のある健康診断を労働者や求職者に対し強要してはいけません。

公平な待遇:すべての労働者の人格および人権を尊重して取り扱わねばなりません。Amazonのサプライヤーは、暴力、性的嫌がらせ労働および居住の施設への出入りの不合理な禁止を含めて、身体的、言葉による、または精神的な虐待や強要をしたり、またはかかる行為を容認してはなりません。労働者は、サプライヤーによる報復を恐れることなく、Amazonまたはその監査人に対し気になることを自由に発言できなければならず、Amazonの監査手続に参加することを認められるものとします。

移民法遵守:Amazonのサプライヤーは、合法的な就労権利を有する労働者のみを雇用します。サプライヤーが外国人労働者または移民労働者を雇用する場合、かかる労働者の雇用は受入国の移民および労働に関する法律を遵守しなければなりません。

結社の自由:Amazonのサプライヤーは、労働者自身が選択するとおり、合法組織を設立し参加する従業員の権利を尊重しなければなりません。労働者は、かかる合法組織への参加または不参加の権利を違反なく行使することに対し、処罰されたり嫌がらせや脅迫を受けることがあってはなりません。

倫理行動

  • 賄賂の禁止:Amazonのサプライヤーは、政府または民間取引のいずれを問わず、いかなる理由であれ、贈収賄や、その他不当または不正な利益の授受の手段に関与してはなりません。Amazonのサプライヤーは、Amazonの従業員に、Amazonの「Corporate Governance(事業行為と倫理の規範)」(http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=97664&p=irol-govConduct)に違反させるような勧誘をしてはいけません。
  • 腐敗防止:サプライヤーは、米国のForeign Corrupt Practices(海外腐敗行為防止法)および英国のBribery Act(賄賂防止法)を含め、適用ある腐敗防止法を遵守しなければならず、取引を獲得または維持するために、直接または間接を問わず、政府役人に対し有価物を提供してはいけません。サプライヤーは、自身で、または第三者を通じて、政府役人への違法な支払をしてはいけません。いずれの国の政府役人と取引をするサプライヤーも、政府役人に対する支払および贈与を禁止する法律に基づく、Amazonのガイドラインに従わねばなりません。
  • 内部通報者の保護:サプライヤーは、労働者である内部通報者の秘密を保護し、職場の苦情を報告する労働者に対する報復を禁じるものとします。サプライヤーは、労働者が匿名で苦情を申し立てることのできる制度を設定しなければなりません。

管理システム:サプライヤーは、適用ある法律および本サプライヤー規範の遵守を確保し、継続的な改善の便宜を図るための管理システムを採用するものとします。

  • 管理責任者およびその責任:サプライヤーは、適用ある法律および本サプライヤー規範の遵守を監督するものである、管理システムおよびプログラムの実施につき責任を負う担当者を指定します。上級経営陣は、管理システムおよびプログラムの品質および効率性を定期的に審査し評価しなければなりません。また、Amazonでは、サプライヤーが自身の仕入先および下請業者にも本サプライヤー規範の基準および実務を守らせることを期待します。
  • リスク管理:サプライヤーは、運営実務および労働実務に伴う環境、衛生および安全上のリスク、ならびに倫理に関するリスクを特定する手順を設定しなければなりません。さらに、経営者は特定されたリスクを管理し、規制遵守を確保するための適切な手順を策定します。
  • 研修:経営者は、管理職および労働者が本サプライヤー規範の基準を実行し、適用ある法律要件を遵守するよう、適切な研修プログラムを維持しなければなりません。
  • コミュニケーションおよび労働者のフィードバック:サプライヤーは、Amazonの方針、実務および期待につき、明確かつ正確に労働者に伝達し、労働者を教育します。Amazonは、労働者がアクセスできる場所に本サプライヤー規範(適切な現地語に翻訳したもの)を掲示することをサプライヤーに要求します。さらに、Amazonは、サプライヤーがAmazonと協力して本サプライヤー規範の基準および実務につき、労働者の理解を評価するプロセスを実施することを奨励します。
  • 文書および記録:サプライヤーは、適用ある法律要件を完全に遵守して、かつプライバシー保護のための適切な秘密保持義務に従い、事業の記録を作成し、保存し、処分します。

環境:Amazonのサプライヤーは、適用ある環境法を遵守します。Amazonは、サプライヤーが、サプライチェーン・システム、生産工程および製品そのものによる環境への影響を軽減するよう策定されたシステムを実施することを奨励します。

  • 環境上の許可および記録:サプライヤーは、必要なすべての環境上の許可、承認および登録を取得し、維持更新し、適用ある運用要件および報告要件に従うものとします。
  • 有害物質の効率的な管理および処分:サプライヤーは、有害物質の安全な取扱いおよび処分につき、労働者に適切な研修を行うことを含めて、環境への脅威となる化学物質およびその他の物質を特定し、その安全な取扱い、移動、保管および処分を効率的に管理しなければなりません。さらに、サプライヤーは、業務上で生じた排水および廃棄物を、適用ある法律に従い処分するまで監視し管理しなければなりません。また、サプライヤーは、規制対象の排気を適用ある法律に従い排出する前に特定し、監視し、規制し、処理しなければなりません。
  • 継続的改善:Amazonは、サプライヤーが継続的改善を行い廃棄物を減少させることを奨励します。Amazonは、Amazon自身の運営およびプロセスの改善のため、サプライヤーからの提案およびフィードバックを歓迎します。

紛争鉱物:Amazonは、コンゴ民主共和国および近隣国における対立を刺激している鉱物の使用を回避することを約束しています。Amazonは、商品に使用されている指定鉱物の原産地を特定するためのAmazonの努力をサプライヤーが支援することを期待します。

是正措置:サプライヤーによる本サプライヤー規範の遵守は、Amazonによる審査の対象であり、これにはサプライヤーの労働および居住の施設の第三者による監査および労働者との非公開の面接の実施が含まれます。サプライヤーは、監査の間は、その施設および労働者への速やかなアクセスを提供しなければなりません。Amazonは、本サプライヤー規範からの逸脱があった場合には、詳細な是正計画を速やかに提出し是正措置をとるようサプライヤーに要求し、またサプライヤーによる是正努力を追跡します。Amazonは、Amazonの監査人に対し速やかにアクセスを提供することを拒否した場合を含めて、本サプライヤー規範に違反していることが判明したサプライヤーとの関係を(何らの責任も負うことなく)解消することができます。

本サプライヤー規範最終更新日:2014年11月24日

Amazonの製造・供給チェーンを管理するAmazonの従業員は、本サプライヤー規範および監査要件に関する研修を受けています。また、Amazonでは、本サプライヤー規範およびサプライ・チェーン基準に関する製造者向けの研修プログラムも用意しています。Amazonの外部第三者監査人は、予告の有無にかかわらず、製造者の現場監査を定期的に行います。Amazonは、商品の注文を開始する前に、製造者の監査を行うことを希望し、サプライヤーのすべてが、Amazonとの継続的取引の条件として、本サプライヤー規範の基準を満たすことを求めます。Amazonの製造・購入契約は、サプライヤーがサプライ・チェーン基準を遵守すること、とりわけ、奴隷および人身売買に関する法律を遵守することを要求します。Amazonの従業員は社内の説明責任基準の対象であり、これには、監査に関するAmazonの要件に従わない場合の解雇を含む、懲戒処分が含まれます。

*旧称は「サプライヤーの行動規範と責任」

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をお寄せいただきありがとうございます。

ご意見をお寄せいただきありがとうございます。サービス改善のため、以下から当てはまるものを選択してください:

ご意見をお送りいただき、ありがとうございました。お客様のご意見をもとにサービス向上に努めさせていただきます。なお、お送りいただいたご意見への返答は行っておりませんので、ご了承ください。