ログインとログアウト

このページでは、アカウントサービスのログイン、ログアウトの方法、ならびにセキュリティ対策について説明しています。

ログインが必要な場合

ご本人確認が必要な際、アカウントへのログインを求められます。アカウント情報や注文内容の確認・変更などの際にログインが必要となります。

自動ログインの方法

端末を他の人と共有していない場合に限り、ログインをしたままにするのチェックボックスにチェックを入れることをおすすめします。ご利用の端末でお客様がログインしたままの状態になり、再度ログインする手間を省くことができます。ただし、セキュリティ保護のため、必要に応じて、再度ログインが要求される場合があります。

他の人がお客様のアカウントにアクセスしてしまうことを防ぐため、端末を他の人と共有している場合は、「ログインしたままにする」のチェックボックスにチェックを入れないでください

自動ログインを停止する方法

特定のブラウザで自動ログインを停止したいときは、そのブラウザでログアウトします。もしそのブラウザへアクセスできない状況のときは、パスワードの再設定をすることで、どのブラウザからも自動ログインができなくなります。

ログインができない場合

ログインができない場合は以下をご確認ください:

  • Eメールアドレスが間違っている: Eメールアドレスは、username@domain.jp(または.co.jp、.ac.jp、.comなど)である必要があります。 Eメールアドレスを複数お持ちの場合、アカウントに登録されているEメールアドレスとパスワードであるかご確認ください。 お使いのパソコンでEメールアドレスのオートコンプリート機能を設定されている場合も、正しいEメールアドレスであるかご確認ください。
  • パスワードが間違っている: Eメールアドレスが正しい場合、パスワードが間違っている可能性があります。パスワードの再設定をお試しください。すぐに新しいパスワードが有効になります。

ログアウト

公共のパソコンなど、他人とパソコンを共有している場合は、利用後にログアウトしてください。ログアウトするには、Amazon.co.jpの各ページ右上に表示されるこんにちは、XXさん アカウントサービスの部分にカーソルを合わせると出てくるリストの中のXXさんではありませんか?ログアウトをクリックします。

ログアウトすると、ページ上に名前が表示されなくなり、1-Click設定がブラウザから削除されます。ショッピングカートにある商品の注文やお勧め情報を見るには再度ログインしてください。

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をお寄せいただきありがとうございます。

ご意見をお寄せいただきありがとうございます。サービス改善のため、以下から当てはまるものを選択してください:

ご意見をお送りいただき、ありがとうございました。お客様のご意見をもとにサービス向上に努めさせていただきます。なお、お送りいただいたご意見への返答は行っておりませんので、ご了承ください。