ジョージ朝倉氏インタビュー

大塚英志を「編集者」に迎えて一挙300ページを描き下ろした『ハッピーエンド』が話題になった、ジョージ朝倉。独自の視点から描かれる中高生を主人公にした恋愛漫画も好調。男女を問わずファン層を広げている朝倉氏にインタビューした。(文中敬称略)


Amazon.co.jp: 今年は全部で5冊と、たくさん単行本を出していらっしゃいますね。お忙しい日々だったのでは。

ジョージ朝倉: たぶんこれが普通なんだと思うんですけど、いままでが描かなすぎたので…なかなか慣れないですね。気力がもたないんです(笑)。

Amazon.co.jp: 今年は「ジョージ朝倉イヤーだ」と言われたり、書店にもジョージさんのコーナーができていることが多いですね。

ジョージ: 実は、本屋さんめぐりをしたんです。去年『恋文日和』が出るときと、今年『ハッピーエンド』が出るときに。編集担当の方と一緒に、本屋さんをめぐって「置いてください」とお願いして。 最初に出た『カラオケバカ一代』が一度絶版になったので、『恋文日和』が出るときも慎重になってたんです。いざ出て、また売れなかったら大変じゃないですか。それで編集さんがすごく考えてくれて。「本屋さん、まわってみない?」って言われて「行きたい!」とか言って。

今、たくさん単行本がでて、わーいとか喜んだりしてますけど、一緒に本屋をまわってくれた編集さんとか、よくしてくれた本屋さんとか、私、周りの人に助けられて生きてるんです! もう、ほんとにそうで。今も家でアシスタントさんが待ってくれてるし(笑)。

Amazon.co.jp: 4月に出た『ハッピーエンド』は描きおろしで、しかも大塚英志さんが「ネーム」をチェックしたり「編集者」のような形で関わっていらっしゃるんですよね。どちらも漫画では珍しい形態だと思うのですが、どういった経緯だったのでしょうか。

ジョージ: はじめは、原作つきで漫画を描かないか、というお話で。私は原作つきというのはちょっと無理かも…というふうに言ったらじゃあ「編集者」として人がつくならどう、と言われて。そのときはよく意味がわからなかったんですけれども。わたしは無名ですから、はじめは表紙に「ジョージ朝倉」じゃなくて「大塚英志」って大きく出す、ともいわれたんですけどね(笑)。

講談社・太田: 僕はジョージさんと、ずっと一緒に仕事がしたくて、今回の『ハッピーエンド』は6年越しくらいで実現したんです。大塚英志さんには、彼女の当時絶版になっていた漫画を読んでもらったんですが、ぜひ組んでやりたい、と言ってくださって。

ただし僕のいた部署には雑誌がなかったので、描き下ろしになりました。描き下ろしの大変さを、当時誰もわかってなかった(笑)。でも、意欲はあるんだけれどもまだそんなに忙しくない、というあの時期だったからこそ、できた作品だと思います。

Amazon.co.jp: これまで出されてきたものとは版型もかわって、内容も恋愛ではないですし。男女とか年齢を超えて読者層が広がったと思うのですが。

ジョージ: 漫画ってライブとかやるわけじゃないから、ほんとにファンの方がどんな人かってわからないんですよね。だからもしそうだとしたら、すごくうれしいです。

Amazon.co.jp: この作品もタイトルどおりハッピーエンドですが、ほかの作品も、基本的にハッピーエンドですよね。そういうふうに終わらせたい、というお気持ちはあるんでしょうか。

ジョージ: あ、それはすごくあります。しかも、できれば物語がわーっときた後、「それはないだろ」っていう反則技でハッピーエンドになる、っていうのが大好きなんです。

Amazon.co.jp: 新刊の『少年少女ロマンス』も…。

ジョージ: ある意味そうですよね。最後、急に樹海へ行く。「なんで樹海なんだよ!」って。

Amazon.co.jp: 主人公の女の子はとても力強い、生命力のある子が多いですね。

ジョージ: 生きていることに疑問を持たないくらい、一生懸命な人が好きというか…。世の中では大変なことがいっぱい起きているんだけれど、自分の目の前のこと…恋愛とか男とかで、なんか手いっぱいの感じがする人が、好きなんです。

Amazon.co.jp: 高校生など、思春期の恋愛を題材にした作品が多いですが、この世代のお話を描いていきたいというお気持ちがあるのでしょうか。

ジョージ: あります。正直、雑誌のニーズにあわせて、というのが大きいですが、単純に若い女の子ってかわいいから描きたいっていうのもあります。ちょっと太めが好きです(笑)。しかしもっともっと若さゆえのアホさ、むごたらしさ、美しさ、がちゃんと描ければいいな、と思います。

Amazon.co.jp: いわゆる「きゅん」となる甘酸っぱい恋愛のストーリーのなかに、オリジナルの表現が必ず入っていますよね。『ハートを打ちのめせ』では、中学生の女の子が、好きな気持ちがセックスでは伝わらない、だから「殴り合おう」って言ったり。

太田: いわゆる少女漫画の「文法」には全然よりかかっていないですよね。少女漫画だとだいたい点描がちらしてあって、「…好き。」っていうのがあればなんとなくそれっぽくなるんですが。

ジョージ: 知らなかった(笑)。

Amazon.co.jp: 描くスピードは遅い、ということですね。

ジョージ: まず漫画ってどうやって描くんだっけ? からはじまって。たぶん頭でぐりぐり考えてる時間がすごく長いんだと思います。紙におこしていっても、どうせ下書きのときにまた変えちゃうんですよ。…何やっても自信がないんですよね。

絵もヘタなんです。こんな絵が描きたいって頭で思っても、イメージどおりに紙に描けないので何度もやり直していくうちにだんだん単純な構図になってきて…。いったんそれにはまると、1日中ひとコマをずーっと、とかいうこともあります。

Amazon.co.jp: お読みになるのは、どんな漫画ですか?

ジョージ: とりあえず、今ぱっと思いつくのは…『AKIRA』とか『狂四郎2030』とか…。あ、大島弓子さんが大好きなんです。大島さんの描く漫画に出てくる女の子が「少女」としてすごく魅力的だと思います。多田由美さんの絵とお話も大好き。あとは「昭和の絵師」っていわれていた上村一夫さん。絵にすごく色気があって好きです。

Amazon.co.jp: 今後お描きになりたいものはありますか?

ジョージ: バカ売れするものが描いてみたいです。何描けばいいか、わかんないけど(笑)。長編も描いてみたいです。ネタがないんですけど(笑)。

Amazon.co.jp: 青年誌向けの作品も、ぜひ読んでみたいです。

ジョージ: デビューしたころは青年誌で描いてみたいってずっと思ってたんですよ。なんか少女漫画って大変、って思って。青年誌も大変に決まってるのに。当時はアホで…いや今もアホなんですけど、ほんとにアホで。

まあ人間というのは慣れるもので、少女漫画を描くのが楽しい、と思うようになりました。だから今は逆に、青年誌で描く自信はあまりないんですが…お話もいただいたりしているので、今後やれたらうれしいです。

太田: いろんな雑誌で描いても、変わるようで変わらないと思いますしね。「別冊フレンド」と青年誌両方で描いている人なんてあまりいないから、おもしろいと思いますよ。

Amazon.co.jp: そうですね。男の子にも読んでほしいですし。

ジョージ: はい。男の子にも「きゅん」としてほしいです(笑)。よろしくお願いします。

ジョージ朝倉の本

ハッピーエンド (KCデラックス)

32点の新品/中古品を見る: ¥ 1より


ハートを打ちのめせ! 1 (Feelコミックス)
価格:
¥ 1,008
ポイント:  32pt (3%)

59点の新品/中古品を見る: ¥ 1より


少年少女ロマンス (講談社コミックス別冊フレンド)

42点の新品/中古品を見る: ¥ 1より


カラオケバカ一代 (Feelコミックス)
価格:
¥ 1,008
ポイント:  11pt (1%)

71点の新品/中古品を見る: ¥ 1より


水蜜桃の夜 (講談社コミックス別冊フレンド)
価格:
¥ 421
ポイント:  13pt (3%)

37点の新品/中古品を見る: ¥ 1より


恋文日和 (1) (講談社コミックスフレンドB)
価格:
¥ 463
ポイント:  4pt (1%)

63点の新品/中古品を見る: ¥ 1より


恋文日和(2) (講談社コミックスフレンドB (1230))
価格:
¥ 463
ポイント:  4pt (1%)

51点の新品/中古品を見る: ¥ 1より