熊田美佐さん 中村佳子さん
「子育てと仕事の間で悩んでいる人たちのお役にたてるのはうれしいことです」
choco*t 代表 熊田美佐さん
Drawer Style 代表 中村佳子さん

専業主婦から起業した経験を伝えたい

 熊田美佐さんは、20代で出産を機に会社勤めを辞め、3人の子どもの成長を見守る幸せを感じていた。一方で、復職したい気持ちも強く持っていたため、企業で働く友人たちの姿を横目にジレンマを感じる日々が続いたという。

 「私の場合は、働きたい意志と、子どもとの時間を大切にしたい気持ちのどちらも我慢しないワークスタイルを模索して、ようやくたどり着いたのが袱紗(ふくさ)の製造・販売という手芸の技術を活かした起業でした」と熊田さん。自分ができる範囲で起業をすれば、家事や育児とバランスをとりながら仕事ができることを実感していた。また、起業がそれほど難しくないことを、もっと早く知っていればあれほど悩むことはなかった、という思いもあった。そこで熊田さんは、自分のこうした経験を同じ悩みを抱える主婦たちに伝える良い方法はないかと探し始めた。

Kindleと出会い、二人で実現した出版

 2014年の1月、知人からAmazonのKindle ダイレクト・パブリッシングを使えば簡単に出版できると聞き、「これしかない」と思った。熊田さん自身も電子書籍を手にし、忙しい家事の合間にもスマートフォンで気軽に読める便利さを実感した。これなら主婦の人たちにも読んでもらいやすのではないかと考え、自身の体験をKindleで出版することにした。

 早速、熊田さんは、出版の相棒として同じ主婦であり、起業家でもある中村佳子さんに声をかけた。二人は、熊田さんの起業経験談と、中村さんがライフオーガナイザーとして熊田家の納戸をオフィスに変身させた片づけ術の実例を1冊にまとめることを決め、子どもたちが寝静まった後に執筆するという日々を開始した。

 「相手に迷惑をかけるわけにはいかないと思って、頑張れた」と二人は笑う。書き上げた原稿を友人たちに読んでもらっては意見を聞き、数えきれないほど書き直したそうだ。

 そして、構想から約半年後の2014年7月。熊田さんと中村さんの共著『ママの「働きたい」をかなえる通勤0分おうちオフィス』がKindleで出版されると、二人の予想を超えた反響が届き、Amazon Kindleストアのベストセラー上位にランクインした。

もっと社会とのつながりを広げたい

 「発売後すぐにカスタマーレビューや感想をたくさんいただき、反響の大きさに驚きました。これから1歩踏み出してみますと決意を伝えてくださった方もいて、共感していただけたと感じました」と熊田さん。中村さんは「多くの方が新たな選択肢を探しているのだと思いました。同じ主婦として、子育てと仕事の間で悩んでいる人たちのお役にたてるのは、うれしいことです」と微笑んだ。

 熊田さんと中村さんは、著書が注目されたことで、ラジオパーソナリティや起業に関する講演の依頼も受けるなど、活動の幅を広げている。そしてこれからも悩みを持つ主婦の役に立てる活動をしていくという。

 出版したことで自らも成長し、もっと社会とのつながりを持ちたくなったという二人。自信を手にした彼女たちの笑顔は、これからも輝きを増していくだろう。

熊田さんのオフィス
中村さんが改装した熊田家のオフィス
choco*tで販売している袱紗(ふくさ)
熊田さんが販売している袱紗(ふくさ)
そのほかのストーリー
多治見市図書館 熊谷雅子さん
子どもたちに幸せな本との出会いを
ストーリーを読む
まめまめハウスカフェの素
Amazonで販売し広がった夫婦の夢
ストーリーを読む
記伊孝
自分で出版できる自由こそが原動力
ストーリーを読む
クラウドワークス
クリエイターを応援する夢を実現
ストーリーを読む
ブックスドリーム
アイデア発揮の場を求めて
ストーリーを読む

TRANSFORMATIONS

transformation

Amazonをご利用いただき、活躍されているお客様のストーリーを、世界8カ国から集め1冊にまとめました。Kindleで無料ダウンロードすることができます。
日本の4つのストーリーは、日本語と英語でお読みいただけます。そのほかのストーリーは、英語または、英語および各国の言語で併記されています。ぜひご覧ください。

無料ダウンロードはこちらから