星のドラゴンクエスト Amazonベビーレジストリ nav_flyout_akuta Amazon MasterCard nav_flyout_biss hanaleybay WinterSale 【新登場】Fire HD 8 Fire TV バレンタインギフト特集2019 定期おトク便の初回発送分がお得に DIY・ガーデニング 降雪対策グッズ特集 Echo Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツ ドキュメンタル シーズン6
Life after redundancy

 2011年秋、コンピューターソフトウェア会社に勤務していた藤井太洋さんは、通勤中の電車内でスマートフォンを使い、人生初の小説を書き始めた。それまで「小説の書き方すら知らなかった」という藤井さんが約6か月をかけて小説を書きあげることになったのは、東日本大震災がきっかけだったという。

 「毎日、原発関連の報道を見ているうちに、これまで一般の人々が科学や自然と向き合う方法について語られてこなかったこと、そしてその方法を真剣に考えなくてはならないことに気づいたのです。その後、サイエンスカフェなどのイベントに参加し、実験と理論の構築を重ねてきたプロフェッショナルが話す言葉に確かさを感じ、その言葉を伝えたいと思いました。ただ、私は科学の専門家ではないのでフィクションをやろうと。1人でも始められるSF(サイエンス・フィクション)の執筆を通して科学と向き合っていく方法を提案していきたいと考えました」

 2012年7月、最初の小説『Gene Mapper -core-』をAmazon.comのKindleダイレクト・パブリッシング(KDP)を含む複数のプラットフォームから電子書籍として同時に発行し、藤井さんは小説家として世界に第一歩を踏み出した。

 「電子書籍のフォーマットになった時に初めて、自分の作品が完成したと感じました。小説をブログなどで発表することもできますが、私の場合は自分から距離を置いて小説を作品として独立させるためにも、販売システムが確立された電子書籍として発表したいと考えていましたから。同年10月に日本でもKindleストアがオープンしたことで、電子書籍に対する関心が高まったことも私にとって良いタイミングだったと思います。『Gene Mapper -core-』の総販売数の中でKindleストアでの販売は75%を占めているんです。それに見慣れたAmazonのプラットフォームに自分の名前があるというのはとてもうれしい、特別な体験ですよ」

 インターネット崩壊後という『Gene Mapper -core-』の新鮮な世界観は人気を集め、Amazon.co.jpの 2012年Kindle本・年間ランキング小説・文芸部門で1位を獲得。有名作品が並み居る中での快挙となった。その後も小説雑誌での短編の発表や、オリジナル版に大幅な加筆・修正を加えた増補改訂版『Gene Mapper -full build-』の文庫本が電子版と同時に発行されるなど、藤井さんは自ら開拓した発表の場で見事にチャンスをつかんだ。そして2013年春、藤井さんは新たな地平を目指してさらに一歩を踏み出すために、サラリーマンを辞め作家として独立することを選ぶ。小説を書くことを思い立ってから約2年。大きな決断だった。

 「まだまだたくさん伝えたい物語がありますから、今は書くしかないという気持ちです。作品を発表できたことは自信につながりましたし、自分の声を作品としてパッケージ化して自分で読者に届けることができるKDPのような場があることで、どこに行っても大丈夫だという気持ちになれました。『科学技術は後戻りしない』というのが私の持論ですが、科学技術と常に向き合っていく方法を今後も作品を通して提案していきたいと思っています。これからKindleストアでも新作発表の予定がありますから、楽しみにしていただければうれしいですね」


「自分の声を作品として読者に届けることができるKDPのような場があることで、どこに行っても大丈夫だという気持ちになれました」
藤井太洋さん

TRANSFORMATIONS

transformation

Amazonをご利用いただき、活躍されているお客様のストーリーを、世界8カ国から集め1冊にまとめました。Kindleで無料ダウンロードすることができます。
日本の4つのストーリーは、日本語と英語でお読みいただけます。そのほかのストーリーは、英語または、英語および各国の言語で併記されています。ぜひご覧ください。

無料ダウンロードはこちらから