Androidアプリストア クリスマスおもちゃ特集 本を聴くオーディブル 9000 Amazon MasterCard nav_flyout_biss ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 あったかアイテム特集 冬物家電セール Echo Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル Documentary of Documental

意外と面倒なのがPCの乗り換え
~データ引っ越しソフトでラクしよう!~

【レビュー製品一覧】
『ファイナルパソコン引越し7Pro 専用USBリンクケーブル付』
『SoftBankSELECTION ウルトラパソコン引越』
『完全パソコン引越8 クロスケーブル付き』
『パソコンスッキリ引越+バックアップ』
『ソースネクスト マカセル引越 Windows 7対応版』


PCの引っ越しはメンドウ

 初心者の人は「え?」と思うかもしれないが、PCにも“寿命”がある。使用頻度によって“寿命”の長さは変わるが、修理やパーツのアップグレードを行っても動作が不安定になり、最悪の場合は起動しなくなる。また、ハード的には壊れていなくても「使いたいアプリケーションがバージョンアップして、古いPCでは使用できない」といった理由で“寿命”と判断することもある。こんなとき、ほとんどの人は新しいPCに乗り換えるだろう。
 しかし、ここで問題になるのがPCのセットアップ作業だ。初めてPCを使う場合だったら初期設定だけで済むからまだいいが、昨日までと同じ環境で作業したい人の場合はとても面倒だ。どれくらい面倒か、PCを大学ノートに例えてみよう。古いノートには必要な情報がビッシリ書き込まれていて、どのページに何が書いてあるかだいたいわかっている。しかし、紙が風化したり水に濡れるなどでボロボロになってしまた。このままでは書いてあることが消えてしまったり、ページが破れてしまうかもしれない。そこで新しいノートを買ってきたが、このままでは真っ白なノートのままだ。古いノートと同様に使うには、古いノートに書いてある内容を丸写ししなければならない。考えただけでもうんざりしてしまうだろう。

 愛用しているPCから別のPCに乗り換える時もこれと同じだ。購入したりダウンロードしてインストールしたアプリケーションは、またインストールしなければならないし、作成したデータも、一旦CD-ROMにバックアップするなどしてから新しいPCにコピーしなければならない。CD-ROMやDVD-R一枚で収まる程度のデータ量ならいいが、動画や音楽データなどを大量にストックしている人の場合、全てのデータを保存する作業だけで数日潰れるかもしれない。
 また、コピーしやすいデータならまだいいが、メールのバックアップに関しては、見つけにくい場所に保存されていることがあり、初心者には探しにくかったり、コピーしたとしても戻し方がわからなかったりと、面倒に加えてトラブルにも見舞われる可能性がある。

 このような作業を嫌い、不安定なPCを騙し騙し使っているうちに、PCが完全に壊れて起動しなくなり、データすら救出できなくなってしまった人を何人か知っている。重要なデータをなんとか取りだそうと、データのサルベージ業者に依頼したら数万円かかると言われ「安くて新しいPCが1台買えたのに」と嘆いても後の祭りだった。そうなる前に、専用のユーティリティソフトを使って手軽に新しいPCに引っ越すか、PCを丸ごとバックアップするのが一番無難で簡単なのだ。


ファイナルパソコン引越7Pro 専用USBリンクケーブル付 (AOSテクノロジーズ)
『ファイナルパソコン引越7Pro 専用USBリンクケーブル付 (AOSテクノロジーズ)』:スッキリしていてわかりやすいインタフェース。ここに至るまでに、さまざまな注意事項が表示されるのでよく読もう。

快適な環境をバックアップしておけば後がラク

 PCを購入するとき、即決できる人はいいが、PCの購入には吟味に吟味を重ねる人や、受注生産のメーカー直売PCの購入を考えている人の場合、引っ越し機能だけでなく、バックアップ機能が充実しているソフトを選ぶといいだろう。
 バックアップ機能はPCの引っ越し以外にも役に立つ。PCを快適に使っている時にバックアップを取っておけば、何かの拍子にPCが不調になったとき「巻き戻し」が可能になるからだ。全てを同じ状態に戻すことまではできないソフトでも、メールデータや設定だけでも保存しておければ面倒な設定を行わずに済む。
 ただし、丸ごとバックアップができるソフトの場合、バックアップを取ったときと全く同じ状態になることがあるので、それ以降に作成したデータなどは別途保存しておく必要があることを覚えておこう。

自分に合った引っ越しソフトを選ぼう

 引っ越しソフトは、基本的な操作方法はほとんど同じと言っても過言ではないが「引っ越しできる内容」に関しては、ソフトによって大きな差がある。大きく分けると「高くて一台しか使えないが、Windowsの設定はもちろん、自分でインストールしたアプリケーションソフトまでほとんどコピーできる」ものと「そこそこの値段で、アプリケーションもそれなりにコピーできる」もの、そして「低価格で「Windowsの基本的な設定と標準的なメールやデータならコピーできるもの」がある。
 容量の大きなPCに、さまざまなアプリケーションをインストールしている人が、同じ環境を新しいPCに構築するにはかなりの時間を要するので、多少高くても環境だけでなくアプリケーションので丸ごと引っ越しできるタイプのほうが圧倒的に便利だろう。しかし、ほとんど買ったままの状態で使っている人にとっては、Windowsの設定とデータの移行だけができるソフトで充分かもしれない。
 ただし、アプリケーションソフトまで難なくコピーできるソフトでも、転送元と転送先のOSによっては効果に差が出るかもしれないので要注意だ。たとえば転送元がWindows XPで転送先がWindows 7の場合、転送元が Windows Vista だったら問題なく移行できるアプリケーションでも、互換性の問題で移行できないかもしれない。現在使用中のソフトがそのまま使えるかどうかは事前に確認しておけば、思い通りに引っ越しできずガッカリしなくてすむのだ。

マカセル引越(ソースネクスト)
マカセル引越(ソースネクスト):引越元にはインストールしなければならないが、引越先の場合は直接起動できることが一目でわかる親切なインタフェース。

引っ越し時の注意点

 引っ越しは専用のケーブルやネットワークを介して行うため、セキュリティ機能が邪魔になることが多い。特にファイアーウォールをオフにしておく必要のあるソフトがほとんどだった。しかし、セキュリティ機能を弱体化させた状態でも、ソフトウエア認証などでインターネットに接続必要があるので、引っ越し終了後はウイルススキャンを行うことをお勧めする。特に社内LANや家庭内LANなど、ネットワーク上に他のユーザーが存在する場合は他PC経由でのウイルス感染の危険性も考慮しておこう。
 もうひとつ必ずやっておきたいのが「電源の管理」だ。通常では電源を入れたままでPCを放置しておくと、自然にスリープ状態になる。これはたとえ内部で引っ越し作業が行われていても起きる。外部からのキー入力やマウスの動作がないと「不在」と認識されてしまうからだ。これは各ソフトのマニュアルなどにも記載されているが、今回の実験で、1度スリープになる時間を「なし」にしておかなかったため、引っ越し作業が中断され、数時間が無駄になってしまった、
 また、Windowsアップデートなどを行うと、自動的に再起動がかかることがある。再起動する時間を設定できるので、引っ越し終了後に再起動するような設定をしておれば問題ないのだが、設定できるのは4時間まで。今回は5時間を超える引っ越しがあったので、「再起動しますか?」というメッセージが表示されるたび、「いいえ」と答えたり、再起動時間を4時間後に変更するなど、気が抜けなかった。アップデートなどを行ってしまった場合は、引っ越し前に再起動を済ませておくと安心だ。


実際に使ってみた

※今回の実験には、以下のマシンを使用。引っ越しの終了ごとに、転送先は初期化。

□転送先
 CPU:インテル Celeron プロセッサー SU2300(1.20GHz/1MB/800MHz)
 OS :Windows 7 Home Premium (32bit)正規版
 RAM:4GB
 HDD:320GB HDD

□転送元
 CPU:インテル Core2 Duo プロセッサ ー 超低電圧★版 U7600(1.20GHz)
 OS :Windows Vista Business with Service Pack 1 正規版
 RAM:2GB
 HDD:120GB

データ引っ越しソフトを徹底レビュー
ファイナルパソコン引越し7Pro 専用USBリンクケーブル付 『ファイナルパソコン引越し7Pro 専用USBリンクケーブル付』
メーカーコメント:わずか10数分の設定をすれば、かなりの手間と膨大な工数の面倒な作業を代わりに やってくれる引越お任せソフトです。
移したいデータの利用情報(一部アプリも含む)も一緒に移るの で、かなりの手間が省かれます。
同じPC間なら何度でもお引越し ができ、しかも大切なデータに関しては移行作業中の上書き事故を防ぐPC引越のプロソフトなので安心してお任せできます。
Amazon.co.jpレビュー: 専用USBリンクケーブルだけでなく、ネットワーク経由・クロスLANケーブル・外部記録メディアなどを使用しても引っ越し可能。また「Windowsアップグレードアシスタント機能」搭載なので、今使っているPCをWindows 7 にアップグレードするなどPC1台で引っ越しを行いたい場合、PC中で内蔵ディスクに引越しデータを保存し、Windows7をインストールした後、必要なデータを再度PC内にデータ移行することが可能。
 今回試したソフトの中では、ダントツで旧PCの環境を再現できた。Windows標準ではないメールソフトを使用しているが、そっくりそのまま利用を続けることができ、再インストールしなければならないと予想していたAdobe Illustratorまで、特に手を加える必要なく再現されるなど、ほとんどのアプリケーションおよびデータが引っ越しできていた。 ただし、その分転送にかかった時間も飛び抜けて高く、今回の場合では5時間10分を要したので、就寝前や外出前に転送を開始するのが一番だろう。間違っても仕事時間には行わないほうがよい。時間はかかるが終了予定時間が表示されるので、その間のスケジュールを立てやすいのも利点だ。また、1台のパソコンを複数ユーザーで共有している場合でも、それぞれのユーザのデータを個別または複数選んで移行できる機能が搭載されているのもありがたい。
 注意点としては、異動元のPCを1度設定してしまったら変更できないので、PCを複数所有している人は、どのPCの中身を新しいPCに移行するか最初にしっかり決めておこう。別のPCを転送元にすればよかった・・・と思っても変更不可で、どうしても変更したい場合は追加料金を支払って、利用台数を増やすしかない。引っ越しを行う際は、双方のPCにインストールを行うので、バックアップソフトとしても利用しようと思っている人以外は、引っ越しが済んだらアンインストールしたほうがいいだろう。
SoftBankSELECTION ウルトラパソコン引越 『SoftBankSELECTION ウルトラパソコン引越』
メーカーコメント:新しいパソコン購入時の面倒なデータ移行や使い慣れたデスクトップ環境再現をわずか3ステップで実現する事が出来ます。
複雑なネットワーク設定知識も不要で画面に沿って作業するだけでOK。
古いパソコンを廃棄時にセットの抹消ソフトを使えば個人情報流出の心配もありません。また光学式ドライブがないPCでも使用出来ます。
引越し可能項目:メール、インターネット設定/アカウント情報、壁紙、デスクトップ設定などのシステム設定/ファイル、フォルダ/アプリケーション設定。
Amazon.co.jpレビュー: 付属のクロスLANケーブルかネットワーク(無線LAN対応)を介し、最短3ステップでデータやく各種設定、アプリケーションソフトの引っ越しができる。アプリケーションも引っ越しできるのに、転送時間が約2時間だったため「早い!」と思ったのだが、今回の実験では旧PCにインストールしてあったアプリケーションの半分弱しか移行されておらず、少々ガッカリした。たとえば同じAdobe社の製品でも、Photoshopは問題なく移行したのに、Illustratorは移行されておらず、転送可能なアプリケーションの一覧にも表示されなかったが、移行可能・不可能の基準はよくわからなかった。比較的単純なはずのメールソフトもダメだったので、メールソフトに関しては、転送が保証されているOutlookやWindows Liveメールなど、マイクロソフト社製以外のものは期待薄なのかもしれない。
 転送中に不便だったのが、終了予定時間がまるで表示されないこと。いつ終わるのか、長くかかるのかすぐ終わるのかがわからないため、ときどき画面を確認しなければならず面倒だった。
 引っ越し先にはインストールが必要だか、引っ越し元はプログラムの起動のみでインストールは不要。引っ越し元のPCが容量不足で新しいアプリケーションをインストールする余裕がない・・・という人にはありがたいソフトと言える。引っ越しが終わった古いパソコンの中身を消去できるユーティリティソフト「ウルトラハードディスク抹消」が付属なのもお得だ。
完全パソコン引越8 クロスケーブル付き 『完全パソコン引越8 クロスケーブル付き』
メーカーコメント:【簡単!】ケーブル1本で新旧パソコン環境の引越を手軽に行えるソフト。
ワンクリックするだけのおまかせ引越に加え、古い環境から引き継ぎたいデータだけを選択して引越することも可能。以前のパソコンも継続的に利用される場合のデータ移行にも便利です。
【安心!】CDから直接起動するので、インストール、インターネットを使ったアクティベーションなど、事前準備が不要。パソコン初心者の方でも、安心してご利用いただけます。
【便利!】個人でお持ちのパソコン間であれば利用台数の制限無し。初心者の方の「簡単に」というニーズから上級者の方の細かいご要望まで広くお応えできるソフトです。「完全パソコン引越8」をぜひご利用下さい。
Amazon.co.jpレビュー: 「完全~」と書いてあるので「アプリケーションも?その割に安い!」と思いがちだが、基本的にはメール(OutlookやWindows Liveメールなどマイクロソフト社製)やインターネット環境・各種データの引っ越しのみなので、アプリケーションの移行が難しいWindows XPからWindows 7への引っ越しや、主に設定やデータの移行を期待している人には問題ないだろう。
 何より操作が簡単なのが利点だ。一枚のディスクを二台で使うソフトが多いが、本ソフトは「元」と「先」で一枚ずつ利用し、CDから直接起動させるだけでインストールもライセンス認証も不要なので、元PCに容量がなかったり、インターネットに接続できない状況でも利用できる。
 おまかせで引っ越しするのであれば、3ステップで転送を開始できるが、必要なデータのみを選んで移行することもできる。引っ越し終了後、アンインストールする必要もないので、初心者にはとても使いやすいだろう。
 実際の転送時間は約1時間半で、転送できたのはWindowsの設定とデータの一部。ユーザーフォルダ内にある、マイドキュメント・マイピクチャ・マイビデオ・マイミュージックのフォルダと中身はおまかせで引っ越しできるが、ユーザフォルダのルートにあるものや、自分で作ったフォルダなどのデータは移行されていなかったので、データまの転送は別途設定して行うか、自分でバックアップを取っておくのが無難だ。転送中の予定時間も出るには出るが、表示時間が長くなったり短くなったり刻々と変化してしまうため、あてにならなかったのが現状だ。
 ちなみに使用する台数制限がなく、何度でも使えるし何台でも引っ越しが行えるのは嬉しい。
パソコンスッキリ引越+バックアップ 『パソコンスッキリ引越+バックアップ』
メーカーコメント:パソコンの買い替え時に、今までの作業環境や大事なデータを簡単に引越できます。 付属のLANケーブルを使えば面倒なネットワーク設定不要で引越が可能です(無線LANや外部メディアを利用しての引越も可)。
Windows7、Office2010、Outlook2010やGoogle Chrome、Thunderbirdなど多くのアプリに対応しており、Officeファイル、動画、デジカメ画像、メールデータ、マイドキュメント、ブックマークなど簡単に引越可能です。
バックアップ機能も搭載し、パスワード保護が出来るので、万が一の時にも安心です。使用回数無制限で引越・バックアップを何度でも行えます。
Amazon.co.jpレビュー: クロスLANケーブルまたは無線LAN、外部記録メディアを使っての引っ越しとバックアップ機能を備えたソフト。転送できるのはWindowsの設定やメール(OutlookやWindows Liveメールなどマイクロソフト社製+Mozilla Thunderbird)ネットの設定、ユーザフォルダ内のピクチャ、ビデオ、ミュージック、共有ドキュメントなど。基本データ以外のデータを引っ越したい場合は付属ケーブルかLAN接続であれば自分で選択して転送可能だ。引っ越しを実行する前に、転送元と転送先両方のPCにインストールを行う必要がある。
 しかし、実行してみたところフォルダを選択しても転送が開始できなかったため、CD-ROM内の電子マニュアルで関連していそうな項目を調べたところ、「読み取り専用」になっているファイルが含まれていると実行できないという一文があった。たくさんのデータを一つ一つ「読み取り専用」ファイルであるか否かをチェックするより、外部メディアにコピーしたほうが圧倒的に楽だったため、そのまま引っ越しを行ったが、一番データ量が多いフォルダが転送できなかったので、転送にかかった時間はほんの20分程度。転送したらデータ登録を行う必要があり、登録に要した5分を加えると、作業時間は約25分だった。Windowsの設定を移行すると、元PCと同じ画面になるため、壁紙も変化するのだが、本ソフトでは新PCの壁紙のままだったので、設定も全て移行されているわけではないらしい。ちなみに、他のソフトでは「読み取り専用」ファイルが含まれているかいないかは問題にならなかった。
 また、クロスLANケーブルでの接続を推奨しているが、何故かうまく接続できず、無線LAN接続を試そうとしたところネットワークに接続していないとのことで、無線LAN接続に必要なIPアドレスが表示されなかった。しかし、すでに接続できているのは確認済みだったため、自分でIPアドレスを調べて入力したところアッサリ接続できた。原因を探そうとサポートサイトにアクセスしてみたが、残念ながら本ソフトの情報はなかったので、トラブルに遭遇した場合のことを考えると初心者にはちょっとお勧めできないが、台数制限がないので、何度でも使えるのは嬉しい。
ソースネクスト マカセル引越 Windows 7対応版 『ソースネクスト マカセル引越 Windows 7対応版』
メーカーコメント:「ソースネクスト マカセル 引越 Windows 7 対応版」は新しいパソコンを購入した際に、これまで利用していたパソコンの環境設定やファイルを新しいパソコンへ簡単に移行することができます。付属のLANケーブルを使えば面倒なネットワークの設定も不要です。設定済みの有線/無線LANを使用した引越にも対応しています。
Amazon.co.jpレビュー: Windowsの設定とメール(OutlookやWindows Liveメールなどマイクロソフト社製+Firefox 3.5)やネットの設定、ファイルのコピーに機能を絞り込み、簡単に操作できる引越ソフト。接続はクロスLANケーブルか設定済みのLAN接続(無線LAN対応)で行い、転送元PCにはインストールが必要だが転送先はCD-ROMで起動する。
 起動したらWindowsの「環境の引越&バックアップ」または「ファイルのコピー」を選択して「実行」をクリックするだけの3ステップで引っ越しでき、初心者でも安心して利用できる。Windows関連の設定と、データファイルを別々に引っ越ししなければならないのはちょっと面倒な気もするが「設定だけコピーしたい」という人にとっては作業が早く済むという利点がある。実際、転送時間は短く、Windowsの基本設定とユーザフォルダの一部の引っ越し時間は約15分と短かった。PC同士の接続も本当に設定不要でケーブルを差し込むだけできちんと認識し、拍子抜けするくらい簡単だった。
 また、USBメモリや外付けHDDを利用すれば、引っ越しだけでなく同期ソフトとしても利用可能なので、日常的に活用できる。、ブラウザのお気に入りやメール、任意のフォルダなどを複数のPCで同期できる。これを使えば「自宅ではデスクトップ、仕事にはノートを持ち歩く」という人など、利用場所によってPCを使い分けている人も、ブラウザのお気に入りやデータフォルダなどを同期できるので、いちいち手動で欠けているデータをコピーする必要がなくなる。
 データ消去ソフト「ドライブクリーナー」が付属しているので、古いPCを廃棄・譲渡する場合も安心だ。
(ライティング/レビュアー: 三井 貴美子)

売れ筋ランキング

1時間ごとに更新
Acronis True
1.
Acronis True Image 2017 - 1 Computer
No Operating System
¥ 2,480
ターミネータ10plus データ完全抹消
2.
ターミネータ10plus データ完全抹消
Windows XP / 2003 Server / Server 2008 / Vista / 7 / 8
¥ 5,122 ¥ 3,789
JUST PDF
3.
JUST PDF 3 [作成・高度編集・データ変換] 通常版
Windows 10
¥ 11,911 ¥ 7,852
VOICEROID 東北きりたん
4.
VOICEROID+ 東北きりたん EX ダウンロード版|ダウンロード版
Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista
¥ 8,618 ¥ 7,755
HD革命CopyDrive Ver7
5.
HD革命/CopyDrive Ver.7 通常版
Windows
¥ 4,860 ¥ 4,387
ファイナルデータ11plus 特別復元版ダウンロード版
6.
ファイナルデータ11plus 特別復元版|ダウンロード版
Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP
¥ 7,970 ¥ 6,980
VOICEROID2 琴葉
7.
VOICEROID2 琴葉 茜・葵 ダウンロード版|ダウンロード版
Windows 10 / 8.1 / 7
¥ 13,824 ¥ 12,562
Acronis True
8.
Acronis True Image 2018 3台版
No Operating System
¥ 8,770 ¥ 7,290
ラジ録11 Windows版
9.
ラジ録11 Windows版
Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista
¥ 2,980 ¥ 2,700
ラジ録11 Mac版
10.
ラジ録11 Mac版
Mac OS X
¥ 2,980 ¥ 2,700

売れ筋ランキング

1時間ごとに更新