【The Walker's X Amazon.co.jp 連動企画】I am Jazz! (ジャズ・スーパー列伝)

ジャズの発展に貢献し、その歴史に名を刻んだ名プレイヤーたち。その人生は、楽器が異なる如く千差万別。このコーナーでは、 そんな個性的なジャズマンたちの功績を称え、生き様を紹介することで、より多くの人々にジャズの素晴らしさを伝えていきたい。
Text : The Walker's 加瀬正之


Donald Byrd【ドナルド・バード】~"Professor Byrd" の別名を持つ人気トランペッター~

ドナルド・バード

Text : The Walker's 加瀬正之

Profile : 本名はDonaldson Toussaint L'Ouverture Byrd II。1932 年12 月9 日米国ミシガン州デトロイトで生まれる。牧師の子と して幼少期よりゴスペルなど黒人音楽に親しむ。高校時代にトランペットをマスターし、卒業後軍隊でも演奏した。除隊後の 54 年にウェイン大学、続いてマンハッタン音楽院で学ぶ。翌55 年にトランジション・レーベルから初リーダー作『バーズ・ ジャズ』を発表。同年ニューヨークに進出し、ジョージ・ウォーリントンのバンドに参加。同年12 月にはケニー・ドーハム の後釜としてアート・ブレイキー&ジャズメッセンジャーズに加入。その後、56 年にマックス・ローチ・グループ、57 年に はジジ・グライスとジャズ・ラボラトリー、続いてバリトンサックスのペッパー・アダムスと双頭コンボを結成。58 年からは ブルーノート・レーベルを中心に数多くのリーダー作を吹き込む。59 年に発表した『フュエゴ』は代表作のひとつとして知 られる。その他、サイドマンとしても多くの名演を残す。60 年代以降も精力的に活動し、ゴスペルやR&B、ポップスに至 るまで多くの作品を発表。72 年にはブラック・ファンク・ブームを呼んだ大ヒット作『ブラック・バード』を発表。93 年には ラッパーとの共演も果たしている。また、自身の音楽活動だけでなく、61 年にパリで作曲法を学び、65 年にスイスに留学。 66 年に帰米後は、コロンビア大学の博士課程に進学し、黒人問題や公民権問題等の研究に従事し、71 年にコロンビア教 育大学で博士号を習得。73 年にはワシントンDC のハワード大学で音楽主任教授となり、他にも、ラトガース大学、ニュ ーヨーク大学、ノースカロライナ大学などでも講師を務めた。ここ最近主だった活動は聞かれないが、今も健在のようだ。



DB's Great Album
他にも、ブルーノート最大のヒットを記録した『ブラック・バード』をはじめ、50 年代 から70 年代を通じて数多くの名盤を残しているが、とてもこの場では紹介し切れない。


ドナルドがサヴォイに残した希少な単独リーダー作!
asin 『バーズ・ワード』: 録音は1955 年9 月。この1ヶ月前にトランジションで1st リーダー作『Byrd Jazz』を録音しているドナルドにとっては2 枚目のリ ーダー作となるが、本作はサヴォイに残した唯一のリーダ ー作となる。同郷デトロイト出身の盟友ハンク・ジョーンズとポ ール・チェンバース、出身地こそ異なるがデトロイトで名を馳せた フランク・フォスターとケニー・クラークを従え、若干22 歳の若さ 溢れるドナルドの個性が光り輝く! 本作はドナルドのオリジナル・ ブルース「ロング・グリーン」を含む5 曲を収録。尚、ジャケ ット写真にドナルドと共に登場しているポール・チェンバース だが、契約上の問題か単なるミスかは不明だが、原 盤のクレジットでは何故か"Dave Chambers - bass" と記載されている…。




ドナルドがストリングスと共演した隠れ名盤!
asin 『WITH STRINGS』: まずジャケット写真のデザインが 渋い! 前半12 曲はドナルドが唯一ストリン グスと共演した1957 年の録音のディスカバリー音源 『September Afternoon』を完全収録したもので、クレア・ フィッシャーのデビュー作でもある。ドナルドのストリングスもの があるとは知らなかった人も多いのでは。これは本当に貴重だ! 後半6 曲は、ドナルドがワン・ホーンで挑んだ1956 年録音の幻 のレーベル=トランジション音源『バード・ブロウズ・オン・ビー コン・ヒル』を完全収録したもの。クインテットやセクステット 編成で演奏することが多かったドナルドが、じっくりとワン・ ホーンで聴かせるこの6 曲も貴重! ベースはダグ・ ワトキンスが起用され、中ジャケットにもダグ の写真が見受けられる。



ドナルドのハード・バップ期の代表作!
asin 『フュエゴ』: ハード・バップ・ジャズ全盛期 の50 年代半ばに、不慮の交通事故でこの 世を去ったクリフォード・ブラウンの後継者の最右翼の ひとりとしてリー・モーガンやフレディ・ハバード等と共に 注目されたドナルドの出世作にして、代表作の一枚! 録音は 1959 年。タイトルの『フュエゴ』はスペイン語で“ 炎” を意味す るが、「バップ・ア・ループ」や「エイメン」におけるセンス抜群 のフレーズに加え、ノリの良さとパッションに満ち溢れ、ドナルド の魅力であるスピード感やドライヴ感も最高! 正しく炎の如き ドナルドの熱い魂が迸る6 曲を収録! ジャッキー・マクリ ーン、デューク・ピアソンの好演も光り輝く。当時の 日本のジャズ喫茶でも絶大な人気を誇ったフ ァンキー・ジャズの決定盤!!




モータウン出身だから?
2009年6月のマイケル・ジャクソン急死のニュースには驚かされ たが、そのマイケルも所属していたレコード会社としても有名 な"Motor Town" を文字って"Motown"、別名"Motor City" の 愛称で親しまれた米国ミシガン州の街デトロイト。今年に入り ゼネラル・モーターズ(GM) の破綻など中心街はゴーストタ ウン化しているなど深刻なニュースばかりが取り沙汰されるが、 嘗ては数多くの偉大なジャズ・ミュージシャンを輩出した街とし ても有名だった。ドナルドもこのモータウン出身だが、そのこと が起因しているからなのだろうか…リーダー作の『オフ・トゥ・ ザ・レイシズ』(1958 年)、『ザ・キャット・ウォーク』(1961 年)、 『ア・ニュー・パースペクティヴ』(1963 年) のジャケットは 渋い名車と一緒に写っており、その他『パリの目抜き通りで~ バード・イン・パリ2』、『モーター・シティ・シーン』、『COMPLETE RECORDINGS』等のジャケットにも車が使われている。



ラッパーとの共演: ストリート・シーンに多大な影響を与えたラップ・グループ「ギャ ング・スター」。プロデューサーのDJ プレミアと共にグループ を率いたMC グールーが1993 年に発表した『ジャズマタズ』に、 ドナルドはブランフォード・マルサリス等とゲスト参加している。



ブルーノートのスカウトマンとして
人気トランペッターとしてジャズ史に輝くドナルドだが、様々な 大学で学んだ"Professor Byrd" としての一面以外に、名門ブ ルーノートのスカウトマンとして大活躍したことは意外に知られ ていない。ポール・チェンバース(b) をはじめ、ウォルター・ デイビス・ジュニア(p)、ハービー・ハンコック(p)、デューク・ ピアソン(p)、マッコイ・タイナー(p) 等も、ドナルドがプロデュー サーのアルフレッド・ライオンに紹介し、一躍脚光を浴びたのだ。

The Walker'sについて

walkers

“Walker”とは、時にジャズの世界でベース弾きのことを指す。“The Walker's”は新旧を問わずジャズの魅力を広く伝える音楽情報マガジン。音楽ライターである加瀬正之が発行人&編集人。

http://www.t-walkers.com

Bone & Bari
Bone & Bari
~ カーティス・フラー

カーティス・フラー Vol.3
カーティス・フラー Vol.3
~ カーティス・フラー

サウス・アメリカン・クッキン
サウス・アメリカン・クッキン
~ カーティス・フラー

Curtis Fuller With Red Garland
Curtis Fuller With Red Garland
~ レッド・ガーランド

UP JUMPDE SPRING
UP JUMPDE SPRING
~ CURTIS FULLER
価格:¥ 1,885

Boss of Soul-Stream Trombone
Boss of Soul-Stream Trombone
~ カーティス・フラー
価格:¥ 1,528