FF Wars Amazonベビーレジストリ 本を聴くオーディブル 梅雨対策特集 Amazon MasterCard サマータイヤ nav_flyout_videogame 梅雨対策特集 SpringSummerFashion 【新登場】Fire 7 キッズモデル Fire TV 父の日特集2019 定期おトク便初回分がクーポンでお得 Kitchen-Collection Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア ミッション:インポッシブル フォールアウト

カスタマーレビュー

2011年1月14日
前作「神様のパズル」では量子力学、素粒子学など作者のバックボーンである理論物理学でテーマでしたが、今回は分子生物学。ヒトの全ゲノム情報が解析されたのが丁度2004頃だったと思いますので、タイムリーだったのでしょう。未知なる存在から託された暗号の解読、科学者であればだれでも知りたいという欲望にかられしまう。そして、そのとき倫理という問題はスルーされる。社会倫理というのはかわっていく物ですし、いくらでも跡づけされますから、万難を排して謎解きに挑むロータスの行動はよくわかります。事実、遺伝子操作技術の進歩から、デザイナーズ・チャイルドの作成は可能な段階にあります。(ゲノムレベルで作り替えることはできませんが、複数の遺伝子を置き換えることは可能)しかし、正体もわからない遺伝子を組み込んだ人間を作るというのはさすがに狂気の沙汰ですね。「ローズマリーの赤ちゃん」を思い出しました。体の中にクリーチャーを取り込んで、正気でいられる女性という存在に畏怖を感じます。ただ、作り出したクリーチャーに救済や癒しを求める気持ちは理解できず後半のドタバタは滑稽でしたが、SFエンタメ作品としてよくできた良作だと思います。
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.7
13
¥886+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料