Android Amazonベビーレジストリ 本を聴くオーディブル Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_videogame SpringSummerFashion 【新登場】Fire 7 キッズモデル Fire TV グルメギフト 実質無料サンプルストア ペプライムペット Echo Kindle  Amazon Music Unlimited - 4か月99円で音楽聴き放題 アウトドア Amazonビデオナイト  レンタル100円

カスタマーレビュー

2017年5月14日
人造人間が主人公ですので、特殊な話のような気がしますが、彼の生きにくさ、は、普通の人でも似たような経験があると思いながら、見ていました。

未完成の人造人間のエドワードは、城に一人で住んでいたので無口で、手がハサミなので意図しないで人を傷つけてしまいます。誤解されても、弁解する図々しさも器用さも持っていません。普通の人でも、未熟な10代の時期や、大人でも慣れない環境で仕事や生活をしたときに、誤解を受けても、みんな理解してくれないだろうと弁解をあきらめたりすることってありますよね?そんなこととも重ね合わせて「あ~、なんかわかる~、ある~」と思いながら見ていました。

城から街に出て、見慣れない町に興味津々のエドワード。見世物的な扱いを受けながらも、ご近所の植木の手入れをしたり、人や犬の髪を切ったり、人が喜ぶことを進んで行ってきた彼が、様々な誤解を受けて、町から追い出されることになるのですが、そのひたむきに純粋無垢な姿が、痛々しく、ひどく切ない。その姿に心打たれます。

ウィノナライダーの金髪には違和感がありますが(黒髪のほうが素敵!)、、、エドワードの姿やそのキャラクターを体現している俳優に対して、評価が高い作品なのだと思います。

「フランケンシュタインの恋」を見ていて、こちらの作品を思い出し、中学生の時以来、見直しました。こういうストーリーだったかなと忘れていたところが多く、新鮮な気持ちで見れました。
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.0
255
¥2,980+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料