カスタマーレビュー

2016年5月1日
悲しみとか怒りとか色んな感情が混ざった「私たちは、悔しいんです」という現地の人達の言葉。その言葉に込められた意味が、長い時間311と向き合ってきた監督だからこそ紡ぐことのできた、現地の人達の想いや生き方から描かれていました。

そして、「僕たちは、他人の出来事を自分事として感じる能力は備わっていない 。あたかも自分事のように想いを馳せ 、近付けることができるだけだ」というフレーズに、5年間の震災と向き合った苦悩と、監督の強さと弱さがすごく出ていると思いました。

想いに触れて近づいて、読み終わった時には色んな感情が形を変えて、大切な人を守りたいという自分事に変わっているはずです。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.9
23
¥1,534+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料