Androidアプリストア Amazonベビーレジストリ 本を聴くオーディブル psm Amazon MasterCard サマータイヤ nav_flyout_videogame 梅雨対策特集 SpringSummerFashion 【新登場】Fire 7 キッズモデル Fire TV グルメギフト 暑さ対策セールクーポン利用でお得 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア 60日間無料キャンペーン

カスタマーレビュー

2006年2月9日
久しぶりに恋愛小説を読みました。最近はミステリーばかり読んでいた私にとってとても新鮮な作品でした。

『火の粉』や『虚貌』と同じ著者であることから、ちょっと冷たいミステリーなのかと思っていましたが、心が温かくなるような、学生時代を思い出すような。そして、少し涙を流してしまうような結末でした。

著者がこのようなタッチの作品を仕上げるとはちょっと意外でした。

物語のトリックというか、仕掛けというか…。それは、誰しもがすぐに想像できる範囲の事であったと思います。しかし、それでも小学校教師とそれを目指す主人公の気持ちなどは素直に共感できる物でした。

ストーリーとは別に、マンドリンや万年筆の事もとても細かく描いてありました。中でも、万年筆に関してはかなりマニアックな内容になっています。

きっと、この本を読んだ方は文具屋の万年筆売り場へ行かれると思います。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.8
103
¥1,620+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料