Androidアプリストア Amazonベビーレジストリ 本を聴くオーディブル psm Amazon MasterCard サマータイヤ nav_flyout_videogame 梅雨対策特集 SpringSummerFashion 【新登場】Fire HD 8 Fire TV グルメギフト 暑さ対策セールクーポン利用でお得 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア 60日間無料キャンペーン

カスタマーレビュー

2016年2月21日
三冊の既刊本は全てベストセラーとなり、「新・観光立国論」は山本七平賞を受賞。耳に痛くとも言うべきことをしっかりと指摘し、日本にとって有益で不可欠な、具体的提言をし続けるデービッド・アトキンソン氏。

不透明で不可解なイメージのある、文化財行政と日本の伝統文化の世界。本作「国宝消滅」の中では、有形無形の文化財を観光資産として生かす道筋や、伝統の継承の意義などについて、多角的に問題点を取りあげ、メスを入れるように率直に、改善策や打開策を提示しています。

具体的には…文化財の産業化、来場者を惹きつけ満足させるためのサービス創出・創意工夫の必要性や、入場料への考察。また、建築文化や学術専門性偏重の弊害や、文化財行政の歪み、職人文化についてなど…資料やたとえを用いて、現状や問題への氏の見解を詳述していきます。

中国産漆、京漆器の実態、金箔の実状、そして着物。中国産の他国メイドで、伝統を看板にして高値取引のビジネス…という弊害と補助金との絡みのくだりは、早急な改善の必要性を感じさせます。

人口減少と高齢化社会の進む、選択の余地のない日本において、経済面での新たな一手として大きな潜在力をもつ観光業。その観光業の発展のために、旧態依然の仕組みそのものを組み替える抜本的な改造が、文化伝統のエリアで急務なことがよくわかる一冊です。観光立国として成功している、イギリスの取り組みが参考になります。

日本から日本を見ているだけでは得られない見識の宝庫のような書であり、今後の国益につながる正解が予め列挙されている、マジックの種明かしのような凄みさえある本書。国と世論を動かすに足る重要なエッセンスが、氏の洞察を通して、明確に盛り込まれています。必読です。
34人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
15
¥1,166