カスタマーレビュー

2018年5月26日
ジャズの不毛地帯に居住しているためか、初めて知るピアニストだ。だが、タイトルは“The Trio Vol.2”。チョットばかり引っかかる。それを臆面もなく冠する。当然、Vol.1もあったようだ。Vol.3の予定もか?
 とてもきれいな作品だ。そして、すべてがおとなしい作品だ。ノンアルコールビールだ。飲んでも飲んでも酔いがこない。
 何年か組んでいるレギュラー・トリオなのだろう。よく練り上げられている。っていうか、リハし過ぎ。予測の外がない。即興の妙が滲みでてこない。キレイな曲線の、同じ放物線が描かれる。それも、フリーハンドで描いたものではない。すべての曲が同じ型枠で造られたかのように同一性。テンポの変化も似通ってくる。弾けるような発展性やスパークする火花がみえない。
 音は、よく録れている。柔らかライブ感が採りこまれている。ただ、pはもっとワイドにオン(マイク)で、dsのシンバルは厚みも拾い上げてほしかった。
 それから、収録時間がちょうどいい。45分未満。集中して聴ける。いいね!
愛知はいいジャズプレーヤーが多くいるようだ。Dr. Uが育んだのだろうな。
演奏に3.5☆、音に4.5☆、コスパに5☆

追記:Vol.1との分割販売でした。収録から発表まで1年もかけて丁寧に制作されたのかと思いきや、収録時間と販売価格で分けたみたいだ。買う方にしてみれば、結果、コスパもいいのか悪いのか、なんだかなー。
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.0
1
¥1,944+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料