カスタマーレビュー

2019年2月26日
「風姿花伝」の名前だけは,社会科の教科書で知っていました。向田邦子の短編・エッセイに「男どき女どき」というタイトルの本があります。この男どき女どきというのが,風姿花伝からきていることを知り,さっそく読んでみました。現代語訳もあるので読みやすいです。「前年に芸の花を大いに咲かせて人気を博したならば,今年の芸の花が咲かず,人気も低迷するかもしれないことを認識せよ。短い時間でも運気の上昇期の男時と下降期の女時というのがあるであろう。どのように工夫しても,能の場合でもよい時があれば,必ず悪いこともまたあるものなのだ。これはいかんともしがたい因果なのである」とあります。
そのほかあの有名な「秘すれば花」についても書かれています。最初から通読すると大変ですが,興味のあるところだけ読むのもいいかなと割り切っています。
「男どき女どき」「秘すれば花」というフレーズは,知っているといろいろなスピーチの場でも使えそうです。この本と長く付き合って少しずつ奥義を究めたいと思います。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.3
19 customer ratings
5 star
50%
4 star
35%
3 star
16%
2 star 0% (0%) 0%
1 star 0% (0%) 0%
¥1,012+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料