カスタマーレビュー

2016年9月12日
これと「パソコンゲーマーは眠らない」と「安全太郎の夜」が、初期3部作だと思ってます。
某国内最大手自動車会社に喧嘩売ったり、意外や昔は阪神ファンだったり、ミュージシャンの子供がどうなるのか憂いたり(ヘヴィメタ近辺をおちょくっているが、これDQN論の嚆矢でなかったかと、個人的には思っている。)、この頃の御大の雑文は本当に、再録できんのか怪しいくらい面白い。
とは言え、それこそ全集だし御大ももう長くないんだろうから、当時の連載で文庫ボツったやつとか版権ガン無視で火事場泥棒的に全乗っけしていって欲しい。文化人なんだからもうそんな感じにやっちゃっても大丈夫だろう。

そう、いつの間にか朝日文化人の残念な爺さんになっちゃってるので想像もつかんかもだけど、この頃の小田嶋の青臭い感傷は、黎明期のパソゲー雑誌に載ってたことをも更に考慮するとなかなかに感慨深い。
恐らくこの芸風をパソコン雑誌でこの方向にやったのはたぶん小田嶋がオリジナルとか思ってたりします。裏取ってないけど。
当時のひねたガキであるわたくしは、一発でノックアウトされたのでした。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
5
¥300