カスタマーレビュー

2010年3月22日
美しい自然に囲まれた現実世界、
ブルーブラックの夜、そして薄靄の夢の世界。
この映画は、大きく3つの世界で構成されている。

流されるままの日常に意味を見出せない青年は、
毎夜、夢の中で果てしなく続く階段を登って行く。
冷たい雨に打たれ、泥だらけになりながら
理由もない焦燥感に押され、ただひたすらに進む。
それは、孤独に生きる青年の人生そのものだ。

しかし、そこに一人の少女が現れることによって
陰鬱な夢に一筋の光がもたらされる。
儚く物問いたそうな彼女の表情の意味は
はっきりと明かされぬまま、
暗闇から開放された夢の中で、青年と少女の交流が始まる・・。

映画の結末で、青年が導き出した答えは、青空への飛躍。
その傍らで、生きることの意味を「祈り」に見出した少女。
柔らかで繊細な少し哀しいラブストーリーだと私は思います。

もう二度と共に歩むことのない切ない愛を映した
エンディングテーマ、Raiji&chips「アイノカタチ」を
最後にゆっくりと聴いてください。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.9
6 customer ratings
5 star
58%
4 star
21%
3 star 0% (0%) 0%
2 star 0% (0%) 0%
1 star
22%
¥4,180+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料