カスタマーレビュー

2006年6月11日
 こんなことってあるんだろうか?

 初めて井伏鱒二の作品を扱って生徒に説明した時、彼の奥さんが亡くなり、そして今回は監督が亡くなった。

 生徒には「黒い雨」の存在の大切さを知ってほしくて、私なりに色々話はしていたが、やはり監督の死により、連日報道された映画の偉大さの方が印象に残ったらしく、今度の選択授業で「黒い雨」を見ることになった。

 「黒い雨」は、戦後六〇年以上たった今も、私達に伝えることの多い作品というわけである。監督の御冥福を祈りながら、鑑賞したいと思う。
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.3
26 customer ratings