カスタマーレビュー

2012年4月13日に日本でレビュー済み
実は、購入した本屋さんで、わざわざ、真っ白な白紙のブックカバーをかけてくれて、何の本を読んでいるかわからないようにしてくれていたのです。この気遣いには、感激しましたが、この本の中身としては、そこまでこだわる必要性はない様に思いましたね。
もっぱら、一般の、LGBTとはかかわりがない方向けの、比較的差しさわりのない部分を中心にした、解説書のような感じがします。特に、針間克己さんと、平田俊明さんの対談は、現状をよく承知されているお二人ですので、むしろこれを、「総論」として、おいたほうがよかったのじゃないかと思うくらいです。
Story3、大企業で男性として働いてきた課長さんが、女性として働きたいと、会社に申し出るという、場合によっては、解雇覚悟のカミングアウトが、うまく言った例。これは、本人の、根回しの上手さが、功を奏したもので、特別といってよいと思う。Story4、中学生の、性同一性障害の例。Story6、クラインフェルター症候群の例。
いずれも、成功例ばかりで、悲劇的な結末を迎えた例を、一切出さない、特異な編集方針に、NHKらしさを感じて、よい意味でも、悪い意味でも、NHK「くさい」。
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
4 件のグローバル評価
星5つ
61%
星4つ
13%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
26%
星1つ 0% (0%) 0%