Androidアプリストア Amazonベビーレジストリ 本を聴くオーディブル psm Amazon MasterCard サマータイヤ nav_flyout_videogame 梅雨対策特集 SpringSummerFashion 【新登場】Fire 7 キッズモデル Fire TV グルメギフト 暑さ対策セールクーポン利用でお得 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle  Amazon Music Unlimited - 4か月99円で音楽聴き放題 アウトドア 60日間無料キャンペーン

カスタマーレビュー

2005年2月22日
ゴーンの登場は約6800億円の赤字を抱えていた日産を過去最高の約3300億円の黒字へと導いた。彼は何者なのか。そして、なぜそのような改革を行うことができたのか。何をしたのか。その答えがこの一冊に示されている。
組織経営にとって忘れてはならない原則をゴーンは重視していることがわかる。例えば、物事に優先順位をつけること。自ら目標設定して、問題を隠さず、透明にすること。現場経験を大切にすることなどがあげられる。
従来の日産に欠けていたのは、従業員とマネジメントとのあいだに双方向コミュニケーションがなかったとゴーンは言う。なぜその間にコミュニケーションが必要かというと社長はあらゆる物事を知っていなければならない。知っていて初めて、会社が持つ潜在能力を開発し、それを引き出す方策を見出すことができる。その結果、ゴーンは会社が持つ潜在能力を引き出したのだ。
日産改革は北川正恭が行った三重県改革にも一部導入されている。この三重県改革を出発点として各々の自治体改革が進んだ。また、民主党党首の岡田克也もゴーンの戦略を選挙戦や政治の場において活用しているとTVで述べている。このことから、ゴーンの日産改革は日産だけではなく、日本のあらゆる箇所に大きな影響を及ぼしていることがわかる。
ゴーンは26歳で工場長、30歳でミシュラン・ブラジルのCOOの経歴を持つ。彼の堅実さに加え、難しい判断を下さねばならない地位を潜り抜けてきた。その経験が現場主義の重要性を認識させ、今日のゴーン氏のリーダーシップを構築していると考えられる。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.6
50
¥1,177+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料