Android Amazonベビーレジストリ 本を聴くオーディブル Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_videogame SpringSummerFashion 【新登場】Fire 7 キッズモデル Fire TV グルメギフト 実質無料サンプルストア 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア 言の葉の庭

カスタマーレビュー

2019年2月6日
知人に薦められて読んだ。結論から言うとヤベェもん読まされてしまった。

1章
要旨:このままだと日本は破綻する。増税でサラリーマンは大損だ。法人化で節税しよう

ここはまあ、ある程度正しい。但し国債やインフレ否定に関しては既に嘘や不確かな情報が見られる。
いずれにしても「このままじゃマズイ」と思わせることが狙いであろう。

2章
要旨:節税とクワドラントの話

ロバート・キヨサキの焼き直し。ここは日本人のマインドで弱い部分なので賛同はできる。
焼き直しだけど。

3章 このあたりからだんだん怪しくなってきます。
要旨:「他人がやらないことをやれ」まあそれはその通り。
で、じゃあどのような方法論を?
「お金のことを教えてくれる師匠を信じろ」
「周りの常識的な人間が止めてきても信じて飛び込め」
「今の人間関係が壊れても、新しい人間関係を信じろ」

あのー、どこのマルチか宗教の勧誘ですか?
ここで具体的に判断する為の基準や学び方が書いてあるならいいが
「上位1%は仲間同士でうまくやってる」「信じた人が救われた」レベルの話が流れてくるだけ。
ア〇ウェイじゃないんだから……。

4章
要旨
 3章の続きで延々、既存を疑い俺たちを信じろという説得が続く。

色々経験しろだとか、失敗に価値があるとか、試行回数を増やす価値とか
ところどころ正しいことも書いてある。
但し、投資やセミナー出席の試行回数はナンパや営業と違って
お金がかかるので有限回しか試せないよね。
ケツの毛まで毟り取られたら次の挑戦なんて無理だよね……。
そういう都合の悪い部分は全く触れてない。

5章
要旨
 勇気を持って飛び込め。めっちゃ成功できる

え、終わり?
具体的にどのような技術が武器になるといったような
HOW TOも無ければ
3章4章で推奨してきた行為が合理的かのロジカルな説明も無し?

仮に100万歩譲って、著者が善意のセミナーやってたとしても
こんな考え無しのマインドだけその気にさせる本書いたら
悪いセミナーに引っかかるでしょ。そうしたことを考えてないあたり
読者に本当に投資で成功してほしいと思ってるとは、とても信じられない。

全否定⇒おいしい話を説く⇒今の人間関係を改めさせる
⇒信じてついてこい。中途半端だと失敗すると説く

どこかで見た手口のような……
50人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.4
82
¥1,334