カスタマーレビュー

2019年1月26日
面白い本。「最低賃金」を社会政策から経済政策の手段とすることを訴える興味深い内容。「最低賃金」効果の検証がイギリスだけで、必要な引き上げ率を示しつつも、その頻度やスピード感は示しておらず、格差社会や少子化など多くの課題解決につながるとするが説得力不足。ただ、日本の経営者能力が低いこと、中小企業が多すぎることなどを指摘し、日本人としてなかなか言えないことをはっきりと言ってくれて気持ちがよかった
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

評価の数 148カスタマーレビューの数 145
5つ星のうち4.3
¥1,650+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料