星のドラゴンクエスト Amazonベビーレジストリ nav_flyout_akuta Amazon MasterCard Wintertire nav_flyout_videogame WinterSale 【新登場】Fire HD 8 Fire TV バレンタインギフト特集2019 定期おトク便の初回発送分がお得に DIY・ガーデニング 降雪対策グッズ特集 Echo Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツ グランド・ツアー シーズン3

カスタマーレビュー

2018年11月23日
「おはなし」そのものとしては、
現在のクリスマスに関連した子供が出会うであろうあれこれに霊的な視点が加わった内容になるかと思われます。
全部で6話で、おはなしの内容も大事ではあるのですが、本書を読書することでの霊的な気づきや読書体験に何か秘められた意図があるように思われます。
1.サンタクロースのおじいさん
2.サンタは本当にいるの?
3.クリスマス
4.クリスマスケーキ
5.高貴な御子(みこ)
6.霊的なクリスマス

個人的な感想ですが、話を進めていくごとに、この世的な感覚から、ひとりひとりに潜む幽体の意識に働きかけているようなテーマの変化があるように思われました。
1〜4話は子供として生きている上でのやるかたない思いやかなしさに霊的な視点や助け手が差し伸べられている話です
2話5話はクリスマスの根本的な意味をわかりやすく霊的に説かれています。目からウロコの落ちる内容だと思いました。
そして、6話ですが、ここがこの書もっとも重要な箇所のように思います。
どう受け取るかは人それぞれで、その人の潜在心それぞれなのでしょうが、いきなりここから読まずに順に読んで6話と向き合った方が良いように思われます。特に1話は大事だと思われます。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち5.0
13
¥950