Shimajiro Amazonベビーレジストリ 本を聴くオーディブル psm Amazon MasterCard nav_flyout_biss DragonBallSuper SpringFashion 【新登場】Fire HD 8 タブレット キッズモデル Fire TV グルメギフト 実質無料サンプルストア 新生活ストア2019 Echo Kindle Amazon MP3 自転車 Amazonビデオナイト 期間限定レンタル100円

カスタマーレビュー

2019年2月3日
役職を決める→親とインサイダーだけは答えを知れる→めくっまカードに書かれたワードから次の山札の裏面に書かれた番号を参照にお題を決める→砂時計を裏返す→子はそのお題が何かを当てるために親にはいかいいえで答えられるような質問をするor正解を当てる→誰かが正解したら砂時計を裏返しインサイダーは誰か推理するパートに移る→インサイダーが当てられたらインサイダーの負け
これがおおまかな流れでキーポイントはインサイダーはすぐに正解を出してしまったらバレやすいがその分、砂時計の砂があまり落ちていないので推理パートの時間を短くできる。
しかしギリギリまで隠れていては砂がたくさん落ちるため推理時間が伸びるというジレンマの中、適当なタイミングと誘導で正解を出さないといけないところです。
もちろん最後まで正解が出なければインサイダーも勝てませんのでだんまりはNGです。

と、システムも良く出来ていますし楽しそうですがなぜかいまいち盛り上がりません。
その理由を考えたのですがおそらく勝敗の部分がぼやっとしているせいかと感じました。
インサイダーにははっきりとした目標があり自分の力で勝ちを獲った感覚もあるのですがその他のプレイヤーはあくまでインサイダーの結果にぶら下がって勝敗が降りてくる気分になるのです。
もちろん推理パートでインサイダーを当てれば勝ちなのですがよほど下手なインサイダーでなければ決定打の無い中でなんとなく予想しなんとなく当たった感が強く、あ、はいって空気になりがちです。

良いゲームなのですが本当に惜しい感じがします。
たとえば親に効果的な回答をさせられる質問カードなんかが各プレイヤーに数枚渡されていてそれの使用タイミングなんかで推理要素が増える等あればもっと盛り上がるのではと感じました。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
39