カスタマーレビュー

2019年7月12日
メディアから見える姿は「俺感」が強く近寄りがたいな…と、どことなく遠ざけてましたが気になって読んでみました。

本書の終盤が胸に刺さる。

『僕はいまだに、今日より明日のほうが少しでも改善できているように、毎日毎日努力し続けている…ここは、結構泥臭い部分だ。』

堀江さんのような方ですらこうなのか。。と思っていたら〝努力=しんどい〟ではなかった。

・努力をしているときは苦しいわけではない
・本当の努力は楽しいもの
・楽しくない努力をしているようだとまだまだ甘い
・いま努力がつらくても焦らなくて大丈夫
・努力が楽しくなるのは少し自分が得意になってから
・楽しくなるまで一回努力をしてみよう
・本気で努力する人は意外と少ない
・努力はコスパがいい

『だから、まずはガムシャラに徹底的に、とことんやり切って、自分のレベルを上げてみることだ。』

この〝努力の型〟を堀江さんは持っているという。

ハッタリを支えている裏には「楽しい努力」があるということを気づかせてくれました。本書の始めから読むと最後の着地がより深まります。
48人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

評価の数 60カスタマーレビューの数 49
5つ星のうち4.1
¥1,540+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料