FF Wars Amazonベビーレジストリ 本を聴くオーディブル psm Amazon MasterCard サマータイヤ TondeSaitama 梅雨対策特集 SpringSummerFashion 【新登場】Fire HD 8 Fire TV グルメギフト 定期おトク便初回分がクーポンでお得 ペプライムペット Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア ナインティナインのバチェラー シーズン3大予想スペシャル!

カスタマーレビュー

ベスト100レビュアー
2018年12月11日
タイトルに惹かれて購入。

債務超過のわずか55人の輸入商社の「奇跡の復活劇」が語られています。

私はこの奇跡の復活劇は「ありえないレベルで人を大切にした」からではなく
「ありえないレベルで人を大切にした、類まれな能力を持った近藤社長」がいたからこそ
成し得た偉業であると思いました。

本書は日本レーザーのどん底状態だった1994年から現在までの軌跡と、
社員一人ひとりの考え方と生き方が、ショートエピソードとして掲載されています。

気に入ったエピソードを本書から紹介します。

"どうして、英語試験で高得点を獲得できたのでしょうか。 彼は、1歳のときに父親を亡くしています。 父親は生前、母親に「これからの時代は、英語が絶対に必要になるから、しっかり勉強させてほしい」と頼んでいたそうです。 そのことを知った彼は、父親の教えを守り、中学への入学を機に、英語の勉強を始めました。しかし、経済的な理由で、塾や英会話学校に通うことはできません。 そこで彼は、中高の6年間、英語の教科書(中1から高3まで計6冊)を暗記するまで音読することにした。そして見事、神戸市外国語大学に入学しました"

Start reading it for free: http://a.co/5qBpyfB

その他「粗利を重視する経営方針」や「成功を引き寄せる4条件」また「遠回りこそ、人生の最短ルートである」
といったフレーズが心に響きました。

同じような規模の中小企業に勤めていますが、理想を持って諦めずに、少しでも日本レーザのような
「小さくてもキラリと光る会社」にしていこうと思いました。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.9
28
¥1,620+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料