カスタマーレビュー

2013年7月10日
原発事故後、手探りが続く中で、物理保健学会のページに助けられた人も多いだろう。科学者、専門家は何が出来るかという実践の証でもあり、市民はこんなことを知りたかったという貴重な記録でもある。本になってみると、その分厚さに圧倒される。

保険物理学会に対してはいろいろな誹謗中傷も続いていて、陰謀論的デマで煽りたい側には不都合なサイトであったことが見て取れる。

出版に際しては全部再編集されたそうで、格段に読みやすくもなっている。心の中の一抹の不安と対峙したい、まあ大丈夫かぐらいの認識だけど、確信を得たい方にはとにかくおすすめ。

専門の書き手はもちろんブロガーなども情報発信者として原発事故について語るときに必携の一冊だろう。
27人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち5.0
2 customer ratings
5 star
100%
4 star 0% (0%) 0%
3 star 0% (0%) 0%
2 star 0% (0%) 0%
1 star 0% (0%) 0%
¥3,080+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料